怪物ぞろい…! ポルトガル代表、”世界最高クラブ”の5人。デコにフィーゴ、そして…

2020年09月12日(Sat)8時53分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ネウソン・セメド

ネウソン・セメド
【写真:Getty Images】



DF:ネウソン・セメド(バルセロナ/ポルトガル代表)
1993年11月16日生(当時24歳)
18/19シーズン リーグ戦成績:26試合1得点2アシスト
ポルトガル代表通算14試合0得点
バルセロナでの主な獲得タイトル:ラ・リーガ2回(17/18, 18/19)、コパ・デル・レイ(17/18)


【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ベンフィカで頭角を現し、17/18シーズンにバルセロナへと引き抜かれたネウソン・セメドだが、加入当初は独特なバルセロナのスタイルに適応しきれず苦悩の日々が続いた。それでも着実に出場時間を延ばし、徐々に「バルセロナ型の選手」へと変貌を遂げた。

 セメドの最大の武器は92を記録した「スピード」だ。バルセロナは最終ラインを高い位置に保つため、背後に広大なスペースが生まれてしまうが、優れた走力を活かしたカバーリングでピンチの芽を摘み取ることが可能。走力という点においては現在のバルセロナでもトップクラスの能力を持っているといえるだろう。

 「パス」やクロスの精度に関しては成長の余地を残したが、バルセロナでプレーする中で変貌を遂げた。20/21シーズンからはプレミアリーグのウォルバーハンプトンに移籍したが、この先どのような活躍を見せてくれるか。

【次ページ】ルイス・フィーゴ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top