怪物ぞろい…! ポルトガル代表、”世界最高クラブ”の5人。デコにフィーゴ、そして…

2020年09月12日(Sat)8時53分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ルイス・フィーゴ

ルイス・フィーゴ
【写真:Getty Images】



FW:ルイス・フィーゴ(バルセロナ→レアル・マドリード/ポルトガル代表)
1972年11月4日生(当時27歳)
99/00シーズン リーグ戦成績:32試合9得点5アシスト(バルセロナ)
00/01シーズン リーグ戦成績:34試合8得点18アシスト(レアル・マドリード)
ポルトガル代表通算127試合32得点
バルセロナでの主な獲得タイトル:ラ・リーガ2回(97/98, 98/99)、コパ・デル・レイ2回(96/97, 97/98)、UEFAカップウィナーズカップ(96/97)
レアル・マドリードでの主な獲得タイトル:ラ・リーガ2回(00/01, 02/03)、UEFAチャンピオンズリーグ(01/02)


【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ルイス・フィーゴ。レアル・マドリード、そしてバルセロナを彩ったポルトガル人選手で言及を避けられない男である。90年代後半のバルセロナでエースとして愛され、バロンドールを獲得しながらも、2000年に最大のライバルであるレアル・マドリードへ“禁断の移籍”を断行した。

 バルセロナとレアル・マドリードというクラブは内戦という歴史的背景から決して相容れない存在であり、それは世界中のどのリーグにも存在しない感情から来るものである。

 しかし、今なお語り継がれるほどに猛烈な反感を買ったのは、ルイス・フィーゴという選手が後にも先にも並ぶものがいないほどに優れた選手だったからでもある。

 フィーゴの最大の武器は「ドリブル」だ。「スピード」と「テクニック」はともに95と世界最高レベルで兼ね備えており、一度乗せたら止めることは不可能というレベルの突破力を誇る。

 さらに「パス」の精度も抜群。右サイドからのチャンスメイクや高精度のクロスでゴールを演出する。もちろん自らの得点力も抜群で毎シーズン2桁得点2桁アシストを期待できる怪物だった。

 バルセロナに数々のタイトルをもたらしバロンドールに輝いた後、レアル・マドリードでもリーグタイトルと欧州王者の称号を手にしてFIFA最優秀選手にも選出されている。

 バルセロナを愛する者にとっては憎むべき強大な存在であり、レアル・マドリードを愛する者、それだけでなくサッカーを愛する者にとっては史上屈指の愛すべきヒーローだった。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top