FW

0916Sancho_getty
【写真:Getty Images】

ジェイドン・サンチョ(イングランド代表/背番号7)
生年月日:2000年3月25日(20歳)
19/20リーグ戦成績:32試合出場/17得点16アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サンチョは2シーズン続けて文句の付け所のない活躍を見せた。マンチェスター・ユナイテッドは獲得を熱望していたが、ドルトムントはエースの引き留めと23年までの契約延長に成功している。

 冬に加わったハーランドは同じ2000年生まれで、加入直後から息の合ったコンビネーションを見せている。米国出身のレイナ、同じイングランド出身のベリンガムとは歳も近く、英語で話せることもあり、彼らの成長にも一役買っている。

0916Haaland_getty
【写真:Getty Images】

アーリング・ハーランド(ノルウェー代表/背番号9)
生年月日:2000年7月21日(20歳)
19/20リーグ戦成績:14試合出場/16得点6アシスト(ザルツブルク)、15試合出場/13得点2アシスト(ドルトムント)

 CLでの衝撃的な活躍を見せたハーランドは、冬にドルトムントへの移籍を決断した。新天地でも変わらずにゴールラッシュを見せ、ブンデスリーガでは13得点をマーク。20歳の怪物の活躍は留まることを知らない。

 すでにノルウェー代表でも主力となっているだけに、懸念されるのは連戦を戦う体力だろうか。純粋な9番タイプはハーランド1人という状況なだけに、シーズン通して活躍できるかどうかが、ドルトムントの命運を握っていると言っても過言ではない。

【次ページ】フォーメーション

1 2 3 4 5

新着記事

↑top