ジュビロ磐田DF高橋祥平が町田ゼルビアへ完全移籍。昨季は東京ヴェルディでプレー


【写真:Getty Images】

 ジュビロ磐田から東京ヴェルディへ期限付き移籍していたDF高橋祥平は、期限付き移籍が満了し、磐田からFC町田ゼルビアへ完全移籍することが決定した。4日に各クラブから発表が行われている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 現在29歳の高橋は今季磐田からの期限付き移籍で東京Vに加入。プロデビューを飾ったクラブに8年ぶりに復帰し、J2でリーグ戦29試合に出場して2得点を記録していた。

「1年間ありがとうございました。やっぱりヴェルディは最高です。再び自分がいなくなることを想像していなかったですが、他のチームに行っても頑張ります」と東京Vは高橋によるコメントを伝えている。

「FC町田ゼルビアに加入できることを光栄に思っています。今までの自分の経験を活かし、チームがJ1に行けるように精一杯頑張ります。よろしくお願いします」と町田は入団に際してのコメントを伝えた。

 高橋は東京V下部組織から2009年にトップチームに昇格し、すぐにレギュラーに定着して4年間プレー。その後は大宮アルディージャ、ヴィッセル神戸、磐田と移籍しつつJ1で7年間プレーし、通算でJ1リーグ戦185試合、J2リーグ戦140試合、公式戦合計388試合に出場している。

【了】