清水エスパルス、30歳ブラジル人DFウィリアム・マテウスを獲得。「チャンピオンになりたい」


【写真:Getty Images】

 J1の清水エスパルスは4日、ブラジルのコリチーバFCからDFウィリアム・マテウスを完全移籍で獲得することが内定したとして発表を行った。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ウィリアム・マテウスは1990年4月2日生まれの30歳。今後メディカルチェックを経て正式契約を交わす予定だとされている。

「今シーズンより清水エスパルスでプレーするチャンスを得て、とても満足しています。私はチャンピオンになりたいと思っています。エスパルスの全てのファンの皆様、応援よろしくお願いします」とウィリアム・マテウスはクラブを通してコメントしている。

 2008年にフィゲイレンセでデビューした同選手は、ブラジル国内でヴァスコ・ダ・ガマやパルメイラス、フルミネンセなどの名門クラブでもプレー。2014年には欧州へ渡り、トゥールーズで2年間を過ごしてリーグアン24試合に出場した。

 2017年に加入したコリチーバではブラジル全国選手権1部昇格などに貢献。2020シーズンも左サイドバックの不動のレギュラーとして全国選手権1部で24試合に出場していた。

【了】