名古屋グランパス対ガンバ大阪戦は中止が決定。G大阪の選手ら5名新型コロナ陽性で


ガンバ大阪

 3日夜に開催が予定されていた明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパス対ガンバ大阪戦は中止となることが決定した。G大阪が公式ウェブサイトで発表を行っている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 今季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する両チームの対戦は日程が前倒しされ、3日19時から豊田スタジアムでの開催が予定されていた。だがG大阪の選手およびスタッフ計5名が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受け、開催可否が両クラブおよびJリーグの間で協議されることになった。

 G大阪の発表によれば選手1名は2日に発熱を伴う症状があり、同日に実施された検査で陽性と判定。その結果を受けて他の選手・スタッフもPCR検査を実施し、すでに名古屋へ移動していたメンバーも含めて新たに選手3名およびスタッフ1名の陽性が確認されたとのことだ。また、他に選手1名とスタッフ1名が濃厚接触疑いと判定された。

「同一クラブにおいて複数名の陽性者および濃厚接触疑い者が発生したことから、昨今の社会情勢に鑑み、感染拡大防止の観点から」試合の中止が決定されたとクラブは述べている。代替開催日やチケットの取り扱い、G大阪の今後の試合開催などに関しては改めて発表が行われるとのことだ。

【了】