ユベントス最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング1~5位。世界中から集まった猛者たち、トップはもちろん…

2021年04月30日(Fri)6時40分配信

シリーズ:21世紀得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

3位:伝統の番号を背負うレフティー

パウロ・ディバラ
【写真:Getty Images】

FW:パウロ・ディバラ(アルゼンチン代表)
在籍期間:2015年夏~現在
クラブ通算成績:228試合95得点
代表通算成績:29試合2得点

 クリスティアーノ・ロナウドと共に現役ユベントス戦士としてランキングのトップ5入りを果たしたのがパウロ・ディバラだ。2015年夏、パレルモからやって来たアルゼンチン代表のレフティーは1年目からセリエAで19得点を叩き出しスクデット獲得に貢献するなど、瞬く間にユベンティーノのアイドルに。ここから、世界トッププレイヤーへの階段を上ることになった。

 ユベントス加入後、ディバラにとって最高のシーズンとなったのはクラブの伝統ある背番号10を受け継いだ2017/18シーズンだろうか。セリエA第2節ジェノア戦でハットトリックを果たすなど好スタートを切ると、第4節サッスオーロ戦でもハットトリック。さらに第31節ベネベント戦でも1試合で3点を決めるなど好調を維持し、最終的にリーグ戦だけで22得点と爆発した。

 不調に喘いだ2018/19シーズンを経て迎えた2019/20シーズンは、振りの速いシュート、アタッキングサードにおける豊富なアイデアを武器に攻撃のグレードをアップ。C・ロナウドにも劣らぬ存在感を放ち、セリエAでは二桁得点&二桁得点アシストを記録して栄えあるリーグの年間最優秀選手に選出されている。クラブがセリエA9連覇を果たす上で、なくてはならない存在だった。

 2019/20シーズン終了時点で公式戦95ゴールを奪っているディバラは、ユベントスに在籍してきた南米出身選手の歴代最多得点者である。そんなレフティーは毎年のように「移籍するのでは?」と言われているが、このままユベントスで歴史を築き続けるのか。少なくとも、ユベンティーノはそれを強く望んでいるはずだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top