ACミラン最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング1~5位。世界中から集まった猛者たち、頂点に立ったのは…

2021年05月03日(Mon)9時00分配信

シリーズ:21世紀得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

2位:DF泣かせのラインブレーカー

フィリッポ・インザーギ
【写真:Getty Images】

FW:フィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)
在籍期間:2001年夏~2012年夏
クラブ通算成績:300試合126得点
代表通算成績:57試合25得点

「ピッポ」の愛称で親しまれたフィリッポ・インザーギが2位にランクインした。2001年にユベントスからミランへ加わると、そこから38歳となる2012年まで赤黒のユニフォームを着用。公式戦300試合に出場して126得点という素晴らしい成績を残し、スパイクを脱いだ。

 インザーギはセリエA得点王を1回だけ獲得しているが、それはアタランタ時代のもの。ミランでは一度も獲得したことがなく、一つのシーズンでリーグ戦15得点以上を叩き出したことも1回のみだった。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)を得意としており、ミランの選手として出場した55試合で実に29得点を奪っている。とくに、2006/07シーズンの決勝、リバプール戦での2ゴールを覚えている人は多いだろう。勝利の立役者となり、MOMに選出されていた。

 センターフォワードとしてずば抜けた技術力があったわけでも、圧倒的に強かったわけでもない。しかし、こぼれ球に対する反応が速いなど誰よりも泥臭く、誰よりもゴールへの嗅覚に優れていた。とくに相手ディフェンスラインをぶち破る上手さはピカイチで、オフサイドラインぎりぎりを常に攻めてくる。対峙する選手からしても、相当嫌な存在だったことは確かだ。

 そのインザーギは、現役最後のゲームとなった2011/12シーズンのノバーラ戦で途中出場すると、クラレンス・セードルフの浮き球に抜け出しゴール。喜びを爆発させるなど、多くのサポーターの心を打った。決して華があるFWだったわけではないが、多くの人の記録に残る、名ストライカーだった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top