マンU最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング1~5位。2人の生え抜きMFが登場、ルーニーが残した記録は…

2021年05月04日(Tue)9時00分配信

シリーズ:21世紀得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

1位:悪童から主将へ、唯一無二の万能フットボーラー

0504Rooney_getty
【写真:Getty Images】

FW:ウェイン・ルーニー(元イングランド代表)
在籍期間:2004年夏~17年夏
クラブ通算成績:559試合253得点
代表通算成績:120試合53得点

 1960年代に活躍したデニス・ローが持つ公式戦におけるクラブ通算得点記録を、ウェイン・ルーニーは大幅に更新した。20歳のときにマンチェスター・ユナイテッドに加入したルーニーは、デビュー戦でハットトリックを達成。アレックス・ファーガソン監督の下で数々のタイトルを獲得している。

 ルーニーは8歳か9歳のころにバイシクルシュートを決めていたという。どこからでもゴールを狙うことができるシュート力とボディバランス、そしてスピードとテクニックを兼ね備えていた。飲酒運転や不倫などピッチ外でニュースになることもしばしばあり、2006年のドイツワールドカップでは相手選手に激高して退場処分を受けている。その言動から悪童という名をつけられた。

 ただ、不名誉な異名とは対照的に、ルーニーは身を粉にしてチームのために走った。常に100%の力で戦い、ディフェンスも決して怠らない。最前線、トップ下、サイドハーフ、晩年はセントラルMFとポジションを変えたが、どのポジションでも高い能力を発揮した。14年夏にはキャプテンに就任し、15/16シーズンにはFAカップのタイトルを獲得している。どこのポジションでも違いを生むことができる、唯一無二のフットボーラーだった。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top