クロップ監督就任が分かれ目になったMF

0519Kruska_getty
【写真:Getty Images】

MF:マルク=アンドレ・クルスカ
現所属クラブ:フロリンデ(ドイツ3部)

 12歳のときにボルシア・ドルトムントの下部組織に加わったマルク=アンドレ・クルスカは、その5年後にはトップチームに昇格した。17歳4か月15日でのデビューは当時のクラブ史上2番目の記録に。当時のベルト・ファン・マルワイク監督は、17歳のクルスカを定期的に起用していた。

 2年目までは途中出場が多かったが、3年目の06/07シーズンにレギュラーに定着する。デビューから4年間は順調な成長を見せていたが、08/09シーズンが転機となる。ユルゲン・クロップ監督が就任するとクルスカは出場機会を失い、冬にベルギーのクラブ・ブルージュへと完全移籍している。

 クラブ・ブルージュでのプレーは半年で終わり、その後はドイツでキャリアを続けた。2部や3部を主戦場に9年間を過ごし、18/19シーズンはルクセンブルクでのプレーも経験。19年夏からはFCフロリンデで育成年代の指導者をこなしながら、自身もプレーを続けている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top