日本代表、韓国代表と6大会ぶり同組はならず。最終予選組み合わせ決定【W杯アジア最終予選】


【写真提供:JFA】



 2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア最終予選組み合わせ抽選が、1日にクアラルンプールで行われた。日本代表は宿敵・韓国代表と別の組に入った。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 アジア最終予選を戦う12チームは、ランキングに基づいて事前に6つのポットに割り振られ、同じポットのチームとは当たらない。日本代表は同じポット1のイラン代表とは当たらないが、ポット2の韓国代表かオーストラリア代表のどちらかと同じ組になることが決まっていた。

 日本代表は、6大会ぶりに最終予選で韓国代表と同じ組に入る可能性があったが、実現せず。ポット2からオーストラリア代表と当たることが決まっている。そのほかにはサウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと対戦だ。

 W杯出場権を得るのは、各組の上位2チーム。さらに各組3位のチームはプレーオフを戦い、勝った方が大陸間プレーオフに進む。

 アジア最終予選は、9月から来年3月にかけて、ホーム&アウェイ方式で行われる予定。組み合わせは以下のとおり。

●グループA
イラン
韓国
UAE
イラク
シリア
レバノン

●グループB
日本
オーストラリア
サウジアラビア
中国
オマーン
ベトナム

【了】