復活したスピードスター

1222-ジェルヴィーニョ
【写真:Getty Images】



MF:ジェルヴィーニョ(コートジボワール代表/トラブゾンスポル)
生年月日:1987年5月27日
コートジボワール代表:79試合23得点25アシスト

 スピードを武器とするドリブラーには、特に怪我がついて回る。後方からのファウルや横からの激しいタックルを受けるため、負傷離脱を繰り返す選手も少なくない。フランスのリールで頭角し、アーセナルなど様々なクラブで活躍したジェルヴィーニョもそのプレースタイル故に数々の負傷を負ってきた。

 09/10シーズン、リールに所属していたジェルヴィーニョはリーグ戦18試合で11得点5アシストを記録した。好調を維持して結果を残し続けていたが、第25節で内側側副靱帯を損傷。離脱期間は長くなかったが、この負傷で調子を落とし、復帰後10試合で2得点2アシストに止まった。だが、翌シーズンになると復活。15得点12アシストを記録し、リールを57年ぶりのリーグ優勝に導いた。

 その後は軽傷を繰り返しながらも、ジェルヴィーニョはアーセナルやローマで活躍したが、2016年に移籍した中国の河北では左膝十字靭帯を断裂。思うようにピッチに立つことができなかった。だが、2018年に加入したパルマでは1年目から二桁得点を記録。イタリアの地で再び復活を果たした。しかし、今夏にトルコのトラブゾンスポルに移籍すると、11月に再び十字靭帯を断裂。一度欧州を離れて以降、重症に悩まされている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top