バルセロナ最新ニュース


【写真:Getty Images】



ブスケッツは契約延長が合意せず

 バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは、今季限りでの退団が濃厚となりつつあるようだ。後継者となる新戦力候補として様々な選手が噂され始めている。



【今シーズンのバルセロナは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

 下部組織時代からバルセロナ一筋のキャリアを過ごし、トップチーム昇格から15シーズン目を迎えているブスケッツ。だがスペイン紙『スポルト』など複数メディアが伝えたところによれば、今季終了後に満了となる現在の契約の延長に向けた交渉は難航しているようだ。

 このまま延長の合意に達することがなければ、ブスケッツはバルセロナを去ることが見込まれる。新天地としてはMLS(メジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミが有力候補になり得るとも報じられている。

 後継者候補としては様々な名前が挙げられているが、特にバルセロナが獲得に動く可能性があると盛んに報じられているのはレアル・ソシエダのMFマルティン・スビメンディ。昨年スペイン代表にもデビューした23歳はソシエダで不動のレギュラーとして活躍し評価を高めている。

 だがレアル・ソシエダはスビメンディと2025年までの契約を残しており、売却に応じる可能性は低そうだ。バルセロナが同選手を獲得するためには、6000万ユーロ(約85億7000万円)の契約解除金全額を支払う必要があると見込まれている。

 他に新戦力候補として噂されているのはチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ、ウルヴァーハンプトンのポルトガル代表MFルベン・ネヴェスなど。あるいは現在所属しているMFフレンキー・デ・ヨングや、バレンシアにレンタル中のMFニコ・ゴンサレスなどもブスケッツの後継者になり得る選手として名前が挙げられている。

【了】

新着記事

↑top