Jリーグ

Jリーグの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばJリーグの今がわかります。

戦力ダウンをカバーできない可能性も? 遠藤と今野が離脱するガンバが抱える不安材料

戦力ダウンをカバーできない可能性も? 遠藤と今野が離脱するガンバが抱える不安材料 2013.05.22

一時期の不調を脱却し、本来の力を発揮しつつあるガンバ大阪。だが、6月に向けて不安材料がある。遠藤と今野が代表戦で離脱するからだ。J1と違い、コンフェデ期間も試合のあるJ2。ガンバは苦しい時期を乗り越えることができるか?

20130521_tanaka

ACLラウンド16・2ndレグを優位な状況で迎える柏 ベンチワークのカギを握る“切り札”田中順也 2013.05.21

先週行われたACLラウンド16・1stレグで、柏はアウェーで全北現代と対戦し2-0で勝利した。アウェイゴール2点という大きなアドバンテージを得て迎える2ndレグ、予想される試合展開と柏の対応について分析する。

20130519_urawa1

大量6得点を奪った浦和レッズ。攻撃にアクセントを加えた“右ストッパー”森脇良太 2013.05.19

18日に行われた浦和レッズ対サガン鳥栖の試合は、浦和が6-2で勝利した。後半は押し込まれる時間帯もあったものの、最終的に大量得点を挙げた浦和の攻撃にアクセントをつけた、森脇良太のプレーに迫る。

20130518_sekizuka_yamada

関塚隆の決断 川崎フロンターレとロンドン五輪代表 共通するチーム作りとパーソナリティ 2013.05.19

19日、ジュビロ磐田監督への就任が発表された関塚隆氏。ロンドン五輪終了後にサッカー批評へ掲載された、関塚監督のチーム作りとパーソナリティについて記された原稿を再掲する。

20130519_kakitani

ブレーメン移籍を断った柿谷曜一朗 Jの舞台で見せた欧州レベルの“動きの質” 2013.05.19

18日の試合で柏レイソルを3-1と下したセレッソ大阪。アウェイでの逆転劇の立役者はエースの柿谷曜一朗だ。彼のプレーは何が優れているのか? そして自身が描き出す将来像とは?

20130518_oogane_goto

【FC東京・ビッグクラブへの指標】味スタがカンプ・ノウになる日は来るか?(後編) 2013.05.19

FC東京の昨季の1試合平均観客動員は約2万4000人。Jリーグの中では上位とはいえ、首都・東京のクラブとしては物足りない数字だ。ビッグクラブになるためにクリアすべき課題だが、どのような打開策・ビジョンを持っているのか。社長ほかクラブのキーマンに話を聞いた。

【FC東京・ビッグクラブへの指標】味スタがカンプ・ノウになる日は来るか?(前編)

【FC東京・ビッグクラブへの指標】味スタがカンプ・ノウになる日は来るか?(前編) 2013.05.17

FC東京の昨季の1試合平均観客動員は約2万4000人。Jリーグの中では上位とはいえ、首都・東京のクラブとしては物足りない数字だ。ビッグクラブになるためにクリアすべき課題だが、どのような打開策・ビジョンを持っているのか。社長ほかクラブのキーマンに話を聞いた。

20130517_tos_mkt

昨季の躍進はどこへ? 豊田・水沼らが語るサガン鳥栖が低迷した要因と復活のカギ 2013.05.17

第11節を終えて2勝4分5敗で勝ち点11の15位。初のJ1を戦っていた昨季のような勢いが今季の鳥栖にはない。堅守速攻が売りだったはずの鳥栖だが、現在はリーグワーストの24失点を喫している。単に2年目のジンクスでは済まされない状況だ。今季の鳥栖に何が起きているのかを探った。

20130515_chiba_mtk

激論!! 20年目のサポーター論 ~サッカーにとってサポーターとはどんな存在なのか?~(後編) 2013.05.16

サポーターとは何であろうか。どういう人々なのか、クラブによって違いはあるのか、そもそもサポーターという言葉の意味は? Jリーグ発足から20年が経過し、独自の発展を遂げた“サポーター”について、コールリーダー、海外サポーターに詳しいジャーナリスト、海外で選手歴のある指導者を招き、討論する。

アウェイで貴重な勝利を挙げた柏。苦しい展開でも結果を得た彼らの“したたかさ”とは?

アウェイで貴重な勝利を挙げた柏。苦しい展開でも結果を得た彼らの“したたかさ”とは? 2013.05.16

ACLラウンド16・1stレグ、柏レイソルは全北現代のアウェーに乗り込み、2-0で勝利した。アウェイゴールを2点重ねた価値ある勝利だが、試合内容としては厳しい時間が続いた。その中で結果を残した、柏レイソルのしたたかな戦いに迫る。

パウリーニョの起用でレアンドロが躍動。G大阪・長谷川監督が見せた選手起用の妙

パウリーニョの起用でレアンドロが躍動。G大阪・長谷川監督が見せた選手起用の妙 2013.05.15

J2第13節の神戸戦で今季初黒星を喫したG大阪。続く福岡戦では、攻守に低調な家長に代え、パウリーニョを先発起用。結果的にはこれが当たり、マークが分散してレアンドロが2得点。長谷川監督が考える、メンバー構成とは?

20130515_tokyo_mtk

激論!! 20年目のサポーター論 ~サッカーにとってサポーターとはどんな存在なのか?~(前編) 2013.05.15

サポーターとは何であろうか。どういう人々なのか、クラブによって違いはあるのか、そもそもサポーターという言葉の意味は? Jリーグ発足から20年が経過し、独自の発展を遂げた“サポーター”について、コールリーダー、海外サポーターに詳しいジャーナリスト、海外で選手歴のある指導者を招き、討論する。

柏レイソルがACLラウンド16で対戦する全北現代を、浦和担当記者が徹底分析

柏レイソルがACLラウンド16で対戦する全北現代を、浦和担当記者が徹底分析 2013.05.14

15日、柏レイソルはACLラウンド16で全北現代とアウェイで対戦する。全北はグループリーグで浦和と対戦しており、今回、浦和担当記者に対戦相手を分析してもらった。

なぜ槙野智章は広島に戻らなかったのか? 代理人が語る移籍市場の見方

なぜ槙野智章は広島に戻らなかったのか? 代理人が語る移籍市場の見方 2013.05.14

選手の移籍はチームへの裏切りである。サポーターがそんな印象を持ってしまうのも、その内情があまり知られていないからではないだろうか。『サッカー批評62』では数多くの選手の代理人を務める株式会社ジェブエンターテイメント代表取締役の田邊伸明氏にインタビューし、「移籍事情の正しい読み解き方」を語ってもらった。

20130513_urawa_kudo

誤審に揺れた埼玉スタジアム。Jリーグが立ち戻るべき“原点”とは? 2013.05.13

Jリーグの開幕20周年を記念し「Jリーグ20thアニバーサリーマッチ」と銘打たれ開催された浦和レッズ対鹿島アントラーズ。残念な誤審もあったが、試合内容は白熱したスペクタクルなものとなった。そこで見えた、Jリーグが立ち戻るべき“原点”とは?

新着記事

↑top