Jリーグ

Jリーグの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばJリーグの今がわかります。

[座談会]他クラブ記者が斬る!! FC東京攻略法 青赤のウィークポイントを徹底スカウティング【後編】 2013.08.05

昨季はACLでベスト16になったもののリーグ戦は10位。なかなか中位を脱却できないFC東京には戦術的な弱点があるのではないだろうか。鹿島の番記者・田中滋氏、浦和を精力的に取材する清水英斗氏という他クラブの担当記者が、外からだからこそわかる問題点を指摘する。

松田直樹が松本山雅FCに残したもの 2013.08.04

2011年8月2日、9時58分、梓川ふるさと公園で突然倒れ、そのまま帰らぬ人となった松田直樹。短い期間ではあったが、彼は松本山雅FCに何を残したのだろうか? チームを支える関係者に話を聞いた。

[座談会]他クラブ記者が斬る!! FC東京攻略法 青赤のウィークポイントを徹底スカウティング【前編】 2013.08.03

昨季はACLでベスト16になったもののリーグ戦は10位。なかなか中位を脱却できないFC東京には戦術的な弱点があるのではないだろうか。鹿島の番記者・田中滋氏、浦和を精力的に取材する清水英斗氏という他クラブの担当記者が、外からだからこそわかる問題点を指摘する。

好調を続ける中村憲剛。成長の要因は「90分間頑張らないこと」 2013.07.31

中村憲剛が好調だ。代表から復帰してというもの4試合連続ゴール。疲労がたまっている状態にもかかわらず、良いパフォーマンスを発揮出来ているのはなぜなのか?

ガンバで一時代を築きたい――。捲土重来を期す宇佐美貴史が語ったクラブへの熱き思い 2013.07.24

ドイツからJリーグに戻ってきた宇佐美貴史がガンバ大阪で再デビューを果たした。首位攻防戦となる神戸戦で2得点。誰もが納得するパフォーマンスを発揮した宇佐美だが、自分が育ったクラブのために強い決意を口にする。

圧倒的な得点力を見せる風間フロンターレ。その攻撃力を支える、ダブルボランチの高度な機能性 2013.07.19

J1リーグ再開後の連戦を3勝1敗で乗り切った川崎フロンターレ。圧巻なのはその得点力。敗戦した広島戦でも2得点を奪い、この4連戦で奪った得点は実に13点。大久保、レナト、中村憲剛のアタッカーに注目が集まりがちだが、中村憲剛はボランチがMVPと語る。

【J3構想の実態を探る】Jリーグ理事 大河正明氏に聞く、『J3』のアウトライン(後編) 2013.07.14

Jリーグは早ければ2014年のJ3創設を目指している。これまでJリーグではどのような議論が交わされ、3部リーグ制はどのように進むのか。Jリーグ管理統括本部長の大河正明氏にJ3構想について話を聞いた。

【J3構想の実態を探る】Jリーグ理事 大河正明氏に聞く、『J3』のアウトライン(前編) 2013.07.13

Jリーグは早ければ2014年のJ3創設を目指している。これまでJリーグではどのような議論が交わされ、3部リーグ制はどのように進むのか。Jリーグ管理統括本部長の大河正明氏にJ3構想について話を聞いた。

緊張感足りぬFC東京。万年中位も必然か? 2013.07.11

10日の浦和レッズ戦。FC東京は2点をリードしながら引き分けに持ち込まれた。選手は揃っている。しかし、いつもリーグ戦では中位に終わってしまう。突き抜けられない原因は何があるのか?

サッカーファンの93%が2ステージ制に反対。Jリーグに求められるファンと正面から向き合う姿勢 2013.07.11

Jリーグが進めてきた大会方式に関する改革案。結論を先送りになったが協議は続けるという。一連の案にはファンからの反発も大きかった。果たしてJリーグはファンと正面から向き合っているだろうか。報道を見ていると疑問が湧いてくる。

北嶋秀朗 サポーターと真剣に向き合う男 2013.07.10

サポーターとは何か。ライセンスがあるわけではないし、自称と他称の境界線も曖昧だ。しかし、そんな“概念”に近いサポーターを誰よりも理解し、歩み寄ってきた男がいる。北嶋秀朗。ロアッソ熊本に所属する34歳。サポーターを愛し、サポーターから愛される男に話を聞いた。

大宮が持つ“揺るぎない自信”と“ブレないスタイル”。J1制覇へ向け、好調を維持できるか? 2013.07.09

コンフェデ中断前を首位で折り返した大宮アルディージャ。再開初戦こそ引き分けに終わったが、選手たちの自信は揺らいでいない。これまで残留争いをしてきたチームとは思えないポジティブな空気が流れている。果たしてこのまま好調を維持することができるのか?

難敵・鹿島を下した川崎フロンターレ。快勝の要因はまさかのマンガ!? 2013.07.08

J1再開となった7月6日、川崎フロンターレのホーム、等々力競技場近くでは何とも“川崎らしい”イベントが行われていた。その名も「闘A!まんがまつり」。スタッフも全容を把握しきれないほどの巨大なイベントの実態とは? そして川崎の勝利との関係は?

赤星鷹が川崎へ移籍!? 「オフサイド」「Jドリーム」を手かげた塀内夏子先生インタビュー 2013.07.06

7月6日、J1第14節の川崎フロンターレ対鹿島アントラーズの試合で、「闘A!まんがまつり」が開催される。川崎フロンターレとの関わりも深い塀内夏子先生にインタビューを行った。

京都・久保裕也がラストゲームに懸けた思い「勝ってスイスに行きたかった」 2013.07.01

29日に行われたJ2第21節、栃木SC対京都サンガF.C.の一戦は2-2の引き分けに終わった。スイスのヤングボーイズへ移籍することが決まっている京都の久保裕也にとっては日本でのラストゲームとなった。

新着記事

↑top