日本代表

サッカー日本代表の最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカー日本代表の今がわかります。

停滞した攻撃にリズムをもたらした中村憲剛。ヨルダン戦に向けた貴重なオプションに

停滞した攻撃にリズムをもたらした中村憲剛。ヨルダン戦に向けたオプションになるか? 2013.03.23

22日のカナダ戦、日本は2-1で勝利したが、課題も多く見つかった。トップ下に香川が入った布陣ではあまり攻撃が機能せず、本田不在の影響を色濃く感じさせた。では、一体なぜ香川を活かせなかったのか。現地取材をする記者が徹底分析する。

コンフェデのカギを握る長友と内田の攻撃力

コンフェデのカギを握る長友と内田の攻撃力【ブラジル対イタリアから分析】 2013.03.23

21日に親善試合を行ったブラジルとイタリア。日本代表は両国と6月のコンフェデで対戦することになる。試合のレポートから日本はどう立ち向かうべきなのか、検証したい。

日本対カナダ。本田・長友の穴は埋まったのか【どこよりも早い日本代表採点】

日本対カナダ。本田・長友の穴は埋まったのか【どこよりも早い日本代表採点】 2013.03.23

今回の遠征メンバーには不動のレギュラーである本田圭佑と長友佑都が欠場。まずは彼らの穴をどう埋めるのかがポイントになってくる。2人が抜けてもパフォーマンスを落とさないことが、日本代表の全体的なレベルアップにつながるのは間違いない。

ハーフナー・マイクが語る、代表レギュラー奪取への思い

ハーフナー・マイクが語る、代表レギュラー奪取への思い 2013.03.22

いよいよ今夜、カナダ戦を迎える日本代表。前田とともに1トップを争うのはハーフナー・マイク。フィテッセで好調を維持している彼を直撃し、代表レギュラー奪取への思いを聞いた。

長友の代役候補の駒野と酒井高徳。ハイレベルな競争を制するのは?

長友の代役候補の駒野と酒井高徳。ハイレベルな競争を制するのは? 2013.03.22

22日のカナダ戦、および26日のヨルダン戦に長友佑都はいない。そうなると注目されるのは、誰がその代役を務めることになるのか。現在有力とされる駒野と酒井高徳のプレースタイルの違いから迫ってみたい。

【名波浩が徹底分析】何故、遠藤と長谷部は不動の存在なのか?

【名波浩が徹底分析】何故、遠藤と長谷部は不動の存在なのか?(後編) 2013.03.20

ザックジャパンで不動の存在となっている、遠藤保仁と長谷部誠のボランチコンビ。2010年10月のチーム結成以降、ボランチのポジションは無風状態が続く。彼らが何故不動の存在になっているのか、名波浩が徹底分析する。

【名波浩が徹底分析】何故、遠藤と長谷部は不動の存在なのか?

【名波浩が徹底分析】何故、遠藤と長谷部は不動の存在なのか?(前編) 2013.03.19

ザックジャパンで不動の存在となっている、遠藤保仁と長谷部誠のボランチコンビ。2010年10月のチーム結成以降、ボランチのポジションは無風状態が続く。彼らが何故不動の存在になっているのか、名波浩が徹底分析する。

本田抜きの日本代表。トップ下を務めるのは誰か?

本田抜きの日本代表。トップ下を務めるのは誰か?【ザックジャパンの課題を検証】 2013.03.16

先頃、3月22日のカナダ戦、26日のヨルダン戦に向けた日本代表のメンバーが発表された。大方の予想通り、ケガのため本田圭佑と長友佑都は招集されなかった。これまで日本代表は本田の代役不在という問題を抱えていた。大事な最終予選では誰がその代わりとなるのか。

ブラジルまでの次なる航路 ~日本代表選手の証言から紐解く指標~

ブラジルまでの次なる航路 ~日本代表選手の証言から紐解く指標~ 2013.02.08

昨年10月に行われた欧州遠征。
勝利したフランス戦。敗北したブラジル戦。リベリーやベンゼマ、ネイマール、カカといった欧州屈指の選手と対峙したとき、ピッチ上で戦った選手たちは何を感じていたのか。選手たちの証言をもとに、日本代表の収穫と未来を考える。

快勝したラトビア戦。ザックが試したかったことと、日本代表が得た収穫とは?

快勝したラトビア戦。ザックが試したかったことと、日本代表が得た収穫とは? 2013.02.07

6日のラトビアとの親善試合、日本代表は3-0と快勝した。ザッケローニ監督はこの試合、2つのテストをした。それは何か? またW杯へ向けて得た収穫とは何か? 現地取材した記者が分析する。

岡崎1トップは機能せず。最高点は長友の7.5

岡崎1トップは機能せず。最高点は長友の7.5【どこよりも早い日本代表採点】 2013.02.06

6日に行われた日本対ラトビアの一戦は、3-0で日本代表が勝利した。先発に海外組10人が名を連ねたが、コンフェデ杯、その先のW杯への布石となる試合となっただろうか? 各選手の採点をどこよりも早くお届けする。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第4回) 2013.02.06

第1回、第2回では、3バックを再考するとともに、代表的な「3-4-3」の実例を検証した。最終回となる今回は、「3-4-3」を代表で完成させる難しさと、選手たちに求められる能力について考えていく。

2013年の幕開けとなるラトビア戦。日本代表の予想される布陣は?

2013年の幕開けとなるラトビア戦。日本代表の予想される布陣は? 2013.02.06

6日19時20分にキックオフとなる、キリンチャレンジカップ2013 日本代表対ラトビア代表。日本代表としては2013年初めての試合で、W杯最終予選へ向けた貴重な調整試合となる。練習取材を続ける河治良幸氏に、ラトビア戦の布陣を予想してもらった。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第3回) 2013.02.05

第1回、第2回では、3バックを再考するとともに、代表的な「3-4-3」の実例を検証した。第3回以降では、ザッケローニの「3-4-3」のメカニズムと、ストロングポイントとウィークポイントを、「4-2-3-1」と比較しながら検証していきたい。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第2回) 2013.02.04

ザッケローニは「必要なときまでとっておく」と、「3-4-3」の可能性を捨ててはいない。はたしてこのフォーメーションは日本の武器となり得るのか? フットボールチャンネルでは、「3-4-3」の特性と日本代表における可能性を4回に分けて検証する。今回は、3バックの再考とともに代表的な「3-4-3」の実例を検証していく。

新着記事

↑top