連載コラム

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。なぜジエゴ・コスタはスペイン代表を選んだのか 2013.11.10

ブラジル国内でも大きく報じられている、ジエゴ・コスタのスペイン代表への選出。ブラジル出身のジエゴ・コスタは、なぜスペイン代表でプレーすることを選んだのか?

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。本田を絶賛したドゥンガ、代表に必要な強いメンタル 2013.11.04

ドゥンガが招集したセレソンのメンバーは物議をかもした。ロナウジーニョも当時の期待の若手も呼ばれず。ドゥンガが重要視したのは「スピリット=魂」だ。そこには本田圭佑を絶賛したこととも通用するものがある。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。監督ドゥンガはなぜロナウジーニョを外したのか? 2013.10.27

ブラジル代表監督を務めたドゥンガ。実はセレソン以外での監督歴はなかった。ドゥンガはセレソンに変革をもたらしたが、批判もされた。その一つがロナウジーニョをメンバーから外したことだ。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。ドゥンガが支援した貧民街の現実 2013.10.20

日本人にも馴染みの深いブラジル人選手、ドゥンガ。ジュビロ磐田で一時代を築き、ブラジル代表でも活躍した。現役中からドゥンガはチャリティ活動をしてきた。ブラジルの貧民街は日本では想像もつかないほど過酷だ。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。“叩かれやすい男”ドゥンガ「自分の欠点は敵ではなく友達」 2013.10.13

日本人にも馴染みの深いブラジル人選手、ドゥンガ。ジュビロ磐田で一時代を築き、ブラジル代表でも活躍した。偉大なサッカー選手の一人ではあるが、母国ではたびたび批判の対象になってきた。

元Jリーガー・西村卓朗の新たな挑戦 第5回 目指す方向性が一つになった時、チームは劇的に変わっていく 2013.10.13

サッカー批評誌上で2007年から5年間「哲学的思考のフットボーラー 西村卓朗を巡る物語」という連載を行っていた西村卓朗氏。現役引退後、VONDS市原の監督として新たな一歩を踏み出しました。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。なぜレオンは“B代表以下のセレソン”でコンフェデを戦ったのか? 2013.10.06

監督として申し分ない実力を持つエメルソン・レオン。ロビーニョやジエゴを抜擢するなど目も確かだった。しかし、セレソン監督としては結果を残せなかった。彼が臨み、解任のきっかけとなったコンフェデでのセレソンは実に奇妙なメンバー構成だったのだ。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。日本サッカーと関係の深い、エメルソン・レオンの光と影 2013.09.29

95年に清水エスパルス、97年にはヴェルディ川崎の監督を務めた、エメルソン・レオン。ソクラテスが顔をしかめるほど、癖のある性格で知られるレオンだが、彼の本質的な部分はどこにあるのか。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。ジーコに影響を与えた名将テレ・サンターナ 2013.09.22

ブラジルには名監督が数多くいるが、テレ・サンターナもその一人。多くの選手が彼を尊敬の念を込めて呼ぶ。彼はブラジル代表で何をしたのか? そして日本代表監督を務めたジーコに与えた影響とは?

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。ジーコ、そして日本に大きな影響を与えた伝説的フィジカルコーチ 2013.09.15

サッカー王国ブラジルだが、サッカー経験が少なくとも監督として活躍する者もいる。それがフィジカルコーチという存在だ。その元祖とも言うべき男はセレソンをW杯優勝にも導いた。一旦どんな人物なのか?

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。ザガロが背負ったセレソン監督という重圧 2013.09.08

代表監督にかかる重圧は並大抵のものではない。それがブラジル代表ともなればなおさらだ。94年W杯で優勝したブラジルだが、守備的なサッカーが母国で大きく批判されていた。その矢面に立っていたのがマリオ・ザガロだった。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。ロナウジーニョの母国復帰を実現させたトラフィック社 2013.09.01

近年のブラジルサッカーを語る上で、外せない企業がある。スポーツマーケティングに携わるトラフィック社だ。放映権料や代理人業で成功し、クラブや選手の価値を上げるのに一役買っている。そしてあのロナウジーニョの母国復帰にも大きな影響力を持っていた。

元Jリーガー・西村卓朗の新たな挑戦 第4回 波乱続きのリーグ開幕戦 2013.08.25

サッカー批評誌上で2007年から5年間「哲学的思考のフットボーラー 西村卓朗を巡る物語」という連載を行っていた西村卓朗氏。現役引退後、VONDS市原の監督として新たな一歩を踏み出しました。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。“10番”ロナウジーニョの思わぬ高給のからくり 2013.08.24

ブラジルサッカーにおいて「10番」は特別な存在だ。そして、その中でも大きな輝きを見せたロナウジーニョ。欧州のトップレベルで活躍した後、母国へ帰った。ピークを過ぎた彼だったが、欧州と同じような高給が待っていた。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。フレッジとデコの母国復帰が意味するもの 2013.08.19

ヨーロッパのトップクラスで活躍したブラジル人選手が自国に帰ってプレーするケースが増えている。その背景にはブラジルの景気が上向いていることもある。以前よりも高給でプレーできるため、敢えて外へ飛び出す必要がなくなったのだ。

新着記事

↑top