ジュニサカ

魔法のサッカーコーチング

畑喜美夫×幸野健一 両氏が語る、いまサッカー界の育成に必要なこと -“選手が主役”の指導法「ボトムアップ理論」が子どもの自立を促す! 2013.10.09

体罰や暴力問題のない世界で、子どもたちが主体的になって、「個」と「組織力」を伸ばしていく育成。こういった育成は、子どもたちの“自立”を伸ばすことにつながるといわれる。今回は、それを数十年前から提唱し続けてきたお二人に話を聞いた。

ひとりは、先日発刊された『子どもが自ら考えて行動する力を引き出す 魔法のサッカーコーチング ボトムアップ理論で自立心を養う』の著者で、安芸南高校サッカー部監督の畑喜美夫氏。もうひとりはJリーガー・幸野志有人選手(現・V・ファーレン長崎)の父としても知られ、サッカー界の育成における問題を解決すべくサッカー・コンサルタントとして活動する幸野健一氏。両氏の言葉に耳を傾けたい。

伸びるJリーガーはココが違う!? すべての土台はジュニア時代の“国語の力”にあった!

伸びるJリーガーはココが違う!? すべての土台はジュニア時代の“国語の力”にあった! 2013.10.03

「スポーツに集中できる子は、きっかけさえつかめれば、勉強もできるようになる。これは僕の持論なんです」と話してくれたのは、花まる学習会代表高濱正伸先生です。それには「国語の力」「言葉の力」が必要不可欠であるとも……。なぜ国語の力が必要で、どうすれば向上するのでしょう? その理由と方法に迫ります!

天才プレーヤー本田圭佑の“判断力”の秘密は脳科学にあった…!?

天才プレーヤー本田圭佑の“判断力”の秘密は脳科学にあった…!? 2013.09.26

サッカーは状況判断の質でプレーが変わります。しかし、正しい判断を下せるようになるには、広い視野、動きを瞬時に判断できる直感力が必要。なかには生まれ持ってのセンスがあるように見える子もいますが……。サッカーにおける広い視野や直感力は、トレーニングで磨けるものなのでしょうか? 脳科学者の篠原菊紀先生に伺いました。
(イラスト:舌霧スズメ)

体罰や暴力問題を防ぐ「選手が主役」の革新的指導法とは? 2013.09.24

育成のスポーツ現場でよく耳にする体罰や暴力問題のニュース。どうすれば育成の現場を変えていくことができるのか。一人の指導者の革新的指導法に着目する。

魔法の言葉“スポーツオノマトペ”で怒鳴らないサッカーコーチング術

魔法の言葉“スポーツオノマトペ”で怒鳴らないサッカーコーチング術 2013.09.18

怒鳴る指導はいけないと言われても、優しく話しているだけでは選手の士気も上がらないし、コーチングもままならない……。そんな指導者、保護者の方も多いのではないでしょうか。そこで今回、解決策として紹介するのが「スポーツオノマトペ」。オノマトペとは、フランス語で、擬音語、擬態語のこと。これらを一流のスポーツ選手が活用し、絶大な効果を上げているといいます。スポーツオノマトペ研究の第一人者である藤野良孝先生に話を聞きました。

柿谷曜一朗(セレッソ大阪)から聞いた! 精度の高い『ファーストタッチ』はどうやって身につける?

柿谷曜一朗(セレッソ大阪)から聞いた! 精度の高い『ファーストタッチ』はどうやって身につける? 2013.09.06

技術の正確性が問われ、次のプレーを左右するファーストタッチ。その極意をセレッソ大阪・柿谷曜一朗選手にお聞きしました。

バルサ久保建英君が歩む道 知っておくとタメになる海外サッカー留学のおきて

バルサ久保建英君が歩む道 知っておくとタメになる海外サッカー留学のおきて 2013.08.28

みなさんは突然お子さんから「海外にサッカー留学したい」と言われたら、どんなサポートができますか? 海外留学の実情を知っていますか? 少しでも疑問に思っている人のために今回、一昨年バルセロナのカンテラへ加入し、現在行われている「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013」に出場中の久保建英君のサポートも行い、海外留学事業に精通する浜田満氏に海外サッカー留学のおきてをお聞きしました。

kakitani

いま注目のC大阪・柿谷曜一朗 超実践的フェイントと少年時代のエピソード 2013.08.23

現在、Jリーグでチームの好調を支え、今年7月には初めて日本代表に選出されたセレッソ大阪の若きエース、柿谷曜一朗。そこで今回は、今注目の柿谷特集をお届け。柿谷が過ごした少年時代のエピソードとは?

20130714_nakazawa_mkt

サッカー現場で潜む危険から守る! 指導者&保護者のためのよくわかる熱中症対策 2013.07.14

猛暑続きの日本列島。熱中症の警戒が全国で呼びかけられるなど、まだまだ安心ができない状況です。熱中症は子どもたちの命にまで関わる重大な問題です。そこで今回は、国立スポーツ科学センターの川原貴さんに聞いた、よくわかる熱中症対策を紹介します。

20130703_kiyotake

清武弘嗣らが出場した大会“全少”とは? 2013.07.03

7月28日から全日本少年サッカー大会(通称:全少)の決勝大会が行われる。多くの日本代表選手やJリーガーを生んだこの全少とはどんな大会なのか?

クラブ運営に必要な“法人格”。そのメリットとは?

クラブ運営に必要な“法人格”。そのメリットとは? 2013.03.30

4月3日、『ジュニアサッカーを応援しよう!』で連載中の谷塚哲氏の著書『地域スポーツクラブの“法人格”を取得しよう!―理想のクラブ運営ガイド―』が発売される。

20130329_bar1

【特別連載】クイズ de Barcelona第3回 ―バルサ選手のジュニア時代― 2013.03.29

3月29日に発売予定となる『バルサ選手のジュニア時代』は、それぞれの選手の少年時代の写真とともに、さまざまなエピソードが語られています。そこで今回、ここでは世界最高峰のクラブ、FCバルセロナの選手の少年時代の写真をクイズ形式で紹介します。みなさんは、この選手が誰か分かりますか?

【特別連載】クイズ de Barcelona第2回 ―バルサ選手のジュニア時代― 2013.03.28

3月29日に発売予定となる『バルサ選手のジュニア時代』は、それぞれの選手の少年時代の写真とともに、さまざまなエピソードが語られています。そこで今回、ここでは世界最高峰のクラブ、FCバルセロナの選手の少年時代の写真をクイズ形式で紹介します。みなさんは、この選手が誰か分かりますか?

20130327_bar

【特別連載】クイズ de Barcelona ―バルサ選手のジュニア時代― 2013.03.27

3月29日に発売予定となる『バルサ選手のジュニア時代』は、それぞれの選手の少年時代の写真とともに、さまざまなエピソードが語られています。そこで今回、ここでは世界最高峰のクラブ、FCバルセロナの選手の少年時代の写真をクイズ形式で紹介します。みなさんは、この選手が誰か分かりますか?

サッカーの現場に体罰はあるのか?『小澤一郎の育成指導をさぐる旅』

サッカーの現場に体罰はあるのか?『小澤一郎の育成指導をさぐる旅』 2013.03.15

『ジュニアサッカーを応援しよう』誌上で小澤一郎氏がレポートしている「育成指導を探る旅」。今回は、JFAが示した「サッカーの指導現場において、今後一切の暴力を根絶する」をテーマに、指導現場における暴力について考えていく。

新着記事

↑top