サッカーを論ずる

なぜJクラブの社長はいつも悪者にされるのか? 2013.01.10

なぜJクラブの社長はいつも悪者にされるのか? そんな素朴な疑問が本日発売の『サッカー批評issue60』(双葉社)の特集「Jクラブ社長の教科書」の着火点となっています。

育成年代の頂点・インカレ決勝に見る大学サッカーの存在意義とは?(前編) 2013.01.10

1月6日、国立競技場で大学サッカー選手権大会の決勝が行われた。大学サッカーは育成年代の頂点に位置する。そのカテゴリーでの日本一を決める大会から見えてくる、大学サッカーの存在意義とは?

『赤き血のイレブン』はトンデモアニメだった!? 2013.01.09

明日(10日)発売の『サッカー批評』。加部究氏による人気連載「日本サッカー戦記」では『赤き血のイレブン』を取り上げている。誌面を制作するにあたって資料として映像を見た編集担当の李は衝撃を受けたという。その内容とは果たして…

インカレ決勝に見る大学女子サッカーの未来とは? 2013.01.08

1月6日、国立競技場で大学女子サッカー選手権大会の決勝が行われた。ここでは女子の決勝戦の試合レビューと当日行われたイベントから大学サッカーの未来を検証する。

次号のサッカー批評は「社長」特集! 2013.01.05

あけましておめでとうございます。5日にもなると今更感ありありですが、何も言わないのもアレなので、一応年始のご挨拶です。来週10日に『サッカー批評issue60』が発売になります。特集テーマは「Jクラブ社長の教科書」。Jクラブの社長をはじめとするフロント陣にスポットを当てていきます。

日本サッカーの生きる道―日本が世界一になるための真のポテンシャルを読み解く(後編) 2013.01.02

日本は世界一になることができるのか? 日本の真の可能性を読み解くために、まずは巷で囁かれる日本サッカーについての定説や常識を疑ってみることから始めたい。そして世界と日本のバルセロナ化の未来についても考察していく。

日本サッカーの生きる道―日本が世界一になるための真のポテンシャルを読み解く(前編) 2013.01.01

日本は世界一になることができるのか? 日本の真の可能性を読み解くために、まずは巷で囁かれる日本サッカーについての定説や常識を疑ってみることから始めたい。そして世界と日本のバルセロナ化の未来についても考察していく。

大学サッカーは実力に見合った評価が下されているか?(後編) 2012.12.28

二年前からJリーグの新人に於ける過半数を大学サッカー出身者が占めるようになり、そのタレントの豪華さから言えば、既にインカレは高校選手権を遙かに凌駕している。大学サッカーが持つレベルと、その存在意義を、いくつかの角度から分析していく。

大儀見優季、熊谷紗希が語る、ドイツで成功するために必要なこと 2012.12.27

なでしこジャパンやドイツで活躍する、大儀見優季と熊谷紗希が語ったドイツと日本の違いとは? 世界で日本人選手が戦って行くために求められることなど興味深いお話を聞くことができました。

大学サッカーは実力に見合った評価が下されているか?(前編) 2012.12.27

二年前からJリーグの新人に於ける過半数を大学サッカー出身者が占めるようになり、そのタレントの豪華さから言えば、既にインカレは高校選手権を遙かに凌駕している。大学サッカーが持つレベルと、その存在意義を、いくつかの角度から分析していく。

日本代表に残る、解けないままの宿題―南アから変わらぬ2つのテーマ(後編) 2012.12.26

10月の欧州連戦を1勝1敗で終えた日本代表。強豪に通用する部分があった一方で、実力の差を否応無しに感じさせられた部分があったのも事実だ。では、現状の日本代表で何が問題で、それをどう解決していけばいいのか。そして、未来に進むために何をなすべきなのか。連戦を現地取材した清水英斗氏が肌で感じた問題点を指摘する。

部活とクラブの融合に成功した男 広島ユース監督・森山佳郎の退任 2012.12.25

森山佳郎は“変な選手を育てる、変な指導者”だ。名を挙げるなら森脇良太に槙野智章、柏木陽介のような選手と、彼は3年間を共にした。それぞれに日本代表でプレーした経験のある名選手だが、エリート臭はまったくしない。威勢がよくて明るくて、ちょっと天然……。それが彼の下で育った選手に目立つ特徴だ。そんな45歳の名物指導者が、今季限りでサンフレッチェ広島F.Cユースの監督を退任する。

日本代表に残る、解けないままの宿題―南アから変わらぬ2つのテーマ(前編) 2012.12.25

10月の欧州連戦を1勝1敗で終えた日本代表。強豪に通用する部分があった一方で、実力の差を否応無しに感じさせられた部分があったのも事実だ。では、現状の日本代表で何が問題で、それをどう解決していけばいいのか。そして、未来に進むために何をなすべきなのか。連戦を現地取材した清水英斗氏が肌で感じた問題点を指摘する。

木村元彦氏による人気連載!FC東京戦記【フットボールサミット第10回】 2012.12.25

『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』、おかげさまで大変好評をいただいています。そんな本誌には特集記事以外にも濃厚な連載記事もいくつか掲載されています。その中から本日は今回で第5回目となる木村元彦氏の人気連載「ポポリズム―美しいフットボールに人生を捧ぐ―」を少しだけ紹介したいと思います。

INAC神戸レオネッサの航海図 2012.12.24

012年もなでしこリーグを無敗で制し、圧倒的な強さを見せるINAC神戸レオネッサ。他クラブとは異なる運営を行うこのクラブの原動力はどこにあるのか。2011年シーズン開幕前、当時新加入したばかりの澤選手と、運営会社であるアイナックコーポレーションの会長を務める文弘宣氏に話を聞いた。INACが強くなった要因を、推し量ることができるかもしれない。

新着記事

↑top