サッカーを論ずる

INAC神戸レオネッサの航海図

INAC神戸レオネッサの航海図 2012.12.24

012年もなでしこリーグを無敗で制し、圧倒的な強さを見せるINAC神戸レオネッサ。他クラブとは異なる運営を行うこのクラブの原動力はどこにあるのか。2011年シーズン開幕前、当時新加入したばかりの澤選手と、運営会社であるアイナックコーポレーションの会長を務める文弘宣氏に話を聞いた。INACが強くなった要因を、推し量ることができるかもしれない。

吉田と内田

ピッチの外でも仲良し。川島と吉田が語る内田篤人【編集長植田の「○○では読めない話」】 2012.12.23

地球が崩壊しなかったので、無事に『フットボールサミット第10回 内田篤人が愛される理由。』も発売することができました。書籍の中では本人のコメントはもちろんですが、シャルケや代表のチームメートなど色んな方が内田の魅力について語っています。今回はその中から、川島・吉田のコメントを少しだけご紹介します!

編集長植田の「○○では読めない話」

明日の天皇杯はここに注目!!【編集長植田の「○○では読めない話」】 2012.12.22

明日はいよいよ天皇杯の準々決勝。4試合が1日で行われます。テレビ観戦する人は大変です。何せ、13時から17時、18時から22時と1時間の小休止を挟んで、4試合ぶっ続けで放送されます(BS1)。Fチャン編集長・植田より、その準々決勝の見所をお伝えします!

なぜ内田篤人は高卒1年目で鹿島のスタメンを勝ち取れたのか

なぜ内田篤人は高卒1年目で鹿島のスタメンを勝ち取れたのか? 2012.12.21

今週21日に発売される『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』の制作より、こぼれ話をひとつ。
本誌掲載の企画「鹿島アントラーズとの幸福な関係 ―内田篤人がいた4年半―」。

ファン座談会!! ウッチーにハマる理由

ファン座談会!! ウッチーにハマる理由【フットボールサミット第10回】 2012.12.20

『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』が、いよいよ12月21日発売です!! 本誌では、内田選手の人気の秘密を探るために、ファン座談会を開催。その座談会の模様を一部お伝えしようと思います。ウッチーにハマった女性3人が、テンション高く語ります!

クールな内田篤人を心理学者が分析

クールな内田篤人を心理学者が分析【フットボールサミット第10回】 2012.12.18

『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』、いよいよ今週21日に発売です!! さて、発売に先立ちまして、本誌の一部をちょっとだけ紹介します。内田選手と言えば、みなさん「クール」なイメージがあるのではないでしょうか? いつもポーカーフェイスで飄々としている内田選手の内面を、心理学者の内藤誼人先生に分析して頂きました。

JUFA GIRLが編集部にやってきた!

JUFA GIRLが編集部にやってきた!(後編) 2012.12.18

『現役女子大生ユニット「JUFA GIRL」が編集部に来襲!!』
大学サッカーの魅力をより多くの方々に広めることを目的として、昨年結成された「大学サッカー応援現役女子大生ユニット」、JUFA GIRL(ジュファガール)が、年の瀬も押し詰まる12月13日、フットボールチャンネル編集部にやってきた!

JUFA GIRLが編集部にやってきた!

JUFA GIRLが編集部にやってきた!(前編) 2012.12.17

『現役女子大生ユニット「JUFA GIRL」が編集部に来襲!!』
大学サッカーの魅力をより多くの方々に広めることを目的として、昨年結成された「大学サッカー応援現役女子大生ユニット」、JUFA GIRL(ジュファガール)が、年の瀬も押し詰まる12月13日、フットボールチャンネル編集部にやってきた!

中田英寿という生き方

中田英寿という生き方(後編)【フットボールサミット第2回】 2012.12.16

『「偏屈者」と呼ばれしサッカー界のトリックスター』
さまざまな革命をもたらしながらも、日本の社会では「偏屈者」「変わり者」というレッテルを貼られてしまう中田英寿という生き方。日本的な甘えを断つその生き様は、引退後のいまもさほど変わっていないように思える。再び新しい道を切り開こうとしている彼は、またも日本の社会と対峙することになるのか。

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?(後編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.16

『ドイツで輝く“香川2世”の個人戦術とプレースタイルを徹底解析』
清武弘嗣、乾貴士、宇佐美貴史。今シーズン、3人の日本人選手がブンデスリーガで輝きを放っている。“香川2世”とも賞される彼らの特長を分析し、個人戦術を読み解く。

高校サッカー、日テレの中継姿勢に大きな疑問

フットボールチャンネル開設にあたり【植田路生】 2012.12.14

WEBサイト『フットボールチャンネル』開設にあたり、編集長・植田路生からのご挨拶。

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?(前編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.14

『ドイツで輝く“香川2世”の個人戦術とプレースタイルを徹底解析』
清武弘嗣、乾貴士、宇佐美貴史。今シーズン、3人の日本人選手がブンデスリーガで輝きを放っている。“香川2世”とも賞される彼らの特長を分析し、個人戦術を読み解く。

中田英寿という生き方

中田英寿という生き方(前編)【フットボールサミット第2回】 2012.12.14

『「偏屈者」と呼ばれしサッカー界のトリックスター』
さまざまな革命をもたらしながらも、日本の社会では「偏屈者」「変わり者」というレッテルを貼られてしまう中田英寿という生き方。日本的な甘えを断つその生き様は、引退後のいまもさほど変わっていないように思える。再び新しい道を切り開こうとしている彼は、またも日本の社会と対峙することになるのか。

スポーツでこの国を豊かにする

スポーツでこの国を豊かにする【サッカー批評 issue55】 2012.12.14

『元Jリーガー・友近聡朗参院議員に聞く、スポーツ基本法の理念と展望』
2011年8月に施行されたスポーツ基本法。この法律によって一体どのようなことが期待できるのか? 法案成立に尽力してきた愛媛FCの元プレーヤーである友近聡朗参院議員に話を聞いた。

日本でワールドカップが見られなくなる日

日本でワールドカップが見られなくなる日【フットボールサミット第6回】 2012.12.14

東南アジアの経済成長が日本のスポーツ中継に与える影響とは?

新着記事

↑top