ブンデスリーガ

ブンデスリーガやドイツサッカーの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

バイエルンでの2季目、3バックに取り組むグアルディオラ。レアルへのリベンジの思いが実験に駆り立てる

バイエルンでの2季目、3バックに取り組むグアルディオラ。レアルへのリベンジの思いが実験に駆り立てる 2014.08.15

バイエルン・ミュンヘンでの2シーズン目に向けて3バックに取り組んでいるペップ・グアルディオラ監督。特に、縦に早くカウンターに強い相手に対して試している。この実験の裏には昨シーズンのCLで敗れたレアル・マドリーへの執念があった。

移籍して大きくなったレヴァンドフスキの存在感。旧エースの幻影との戦いを強いられるドルトムント

移籍して大きくなったレヴァンドフスキの存在感。旧エースの幻影との戦いを強いられるドルトムント 2014.08.12

毎年のように主力が引き抜かれるドルトムント。昨季はエースFWのレヴァンドフスキをバイエルンへ奪われた。穴を埋めるべく補強はしたが、そう簡単にはいかない。レヴァンドフスキの幻影との戦いはしばらくは強いられそうだ。

ドイツ5部ヴッパータールSV、小さなモノレールの街にも息づくフットボール。街の人々は時間を重ねてクラブに愛着

ドイツ5部ヴッパータールSV、小さなモノレールの街にも息づくフットボール。街の人々は時間を重ねてクラブに愛着 2014.08.08

ドイツ5部ヴッパータールSVがレバークーゼンとテストマッチを行った。ヴッパータールの人々は、欧州CL常連クラブとの対戦であっても穏やかに観戦。一方的な展開でも暖かく見守った。

ドイツの“日本人街”デュッセルドルフ。2部ながら開幕戦で4万人超。熱気溢れるスタジアムに広がる異国の輪

ドイツの“日本人街”デュッセルドルフ。2部ながら開幕戦で4万人超。熱気溢れるスタジアムに広がる異国の輪 2014.08.05

ドイツ・ブンデスリーガでは、1部に先がけて2部リーグが開幕した。オープニング・ゲームとなったのは、ドイツの“日本人街”デュッセルドルフ。2部ながら4万人以上を集め、熱気に溢れる光景があった。

“2個目のタイトル”獲得を狙うドイツ。U-19欧州選手権制覇は「世界のトップへと至る長い道程の第一歩」

“2個目のタイトル”獲得を狙うドイツ。U-19欧州選手権制覇は「世界のトップへと至る長い道程の第一歩」 2014.08.01

U-19欧州選手権に参戦中のU-19ドイツ代表が優勝へ王手をかけている。ブラジルW杯を制したA代表に続いてタイトル獲得を狙うが、若き選手たちはA代表へと繋がる長い道の第一歩を歩み始めたばかりだ。

ペップ・バイエルン、次のステップは「クライフの3バック」。更なる進化を求めるグラルディオラの野心

ペップ・バイエルン、次のステップは「クライフの3バック」。更なる進化を求めるグラルディオラの野心 2014.07.29

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督は、新たなシーズンに向けて3バックにチャレンジした。まだまだ実験的な域を出ないが、バイエルンをさらに進化させようという野心も見える。

早くも評価を高めている“新エース”。ペップ・バイエルンを加速させるレヴァンドフスキの飢餓感

早くも評価を高めている“新エース”。ペップ・バイエルンを加速させるレヴァンドフスキの飢餓感 2014.07.25

W杯が終わり、早くも新シーズンへの動きがスタートしている。ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンもその一つ。ライバル、ボルシア・ドルトムントから加入したロベルト・レヴァンドフスキは早々に結果を出した。

20140618_pep_harada

ペップ・グアルディオラはサッカーの救世主か? 2014.06.18

ヨハン・クライフがペップ・グアルディオラに引き継いだ、ポゼッションサッカーの哲学は、我々にサッカーという価値観を再考することを迫っているようにも感じられる。『ペップの狂気』(カンゼン)では、ボールを重要視するグアルディオラの哲学が子細に描かれている。

CL惨敗も、期待を抱かせるに足るペップ・バイエルンの潜在能力

CL惨敗も、期待を抱かせるに足るペップ・バイエルンの潜在能力 2014.06.05

2013-14シーズン、ペップ・グアルディオラが率いるバイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグ連覇こそ逃したものの、国内2冠を達成した。5/28発売の『ペップの狂気』(カンゼン)では、グアルディオラ監督が就任する以前から、バイエルンはペップのサッカーを受け入れる素地を持っていたということが詳細に描かれている。

長谷部が孤軍奮闘、鼓舞し続けたが――。戦意なく、残留への気持ち感じられなかったニュルンベルク

長谷部が孤軍奮闘、鼓舞し続けたが――。戦意なく、残留への気持ち感じられなかったニュルンベルク 2014.05.14

10日に行われたブンデスリーガ最終節。シャルケとのアウェイ戦という厳しい状況ながら、入れ替え戦圏内への浮上の可能性も残していたニュルンベルク。しかし、生き残りへの気持ちは欠片もなく敗戦。降格が決まった。

ブンデス最終節、三つ巴の残留争い。厳しい状況のニュルンベルクは清武の奮起が鍵握る

ブンデス最終節、三つ巴の残留争い。厳しい状況のニュルンベルクは清武の奮起が鍵握る 2014.05.09

10日に最終節を迎えるブンデスリーガ。残留を争うHSV、ニュルンベルク、ブラウンシュヴァイクの3チームは全てアウェイゲームに臨む。昨シーズンにホッフェンハイムが起こした奇跡的な残留を果たすチームは出るのだろうか。

バイエルンだけでなく――。レアルによって打ち砕かれたドイツサッカーの自信。W杯への不安も

バイエルンだけでなく――。レアルによって打ち砕かれたドイツサッカーの自信。W杯への不安も 2014.05.02

チャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーに敗れたバイエルン・ミュンヘン。自信に満ちていたムードから一転、ドイツ国内ではW杯を戦う同国代表への不安も囁かれ始めている。

20140429_pep

ドイツ国内では皆が逆転勝利を確信。ペップ・バイエルンがレアルにまだ見せていない“別の顔” 2014.04.29

いよいよレアル・マドリーとバイエルン・ミュンヘンの巨人対決も決着がつく。初戦を落とし、不利なバイエルンだがむしろ自信は高まっている。彼らには初戦とは違う別の顔がある。“偽9番”の採用で流動性はさらに加速する。

ドイツとバルサの融合、ペップによる王者バイエルンの変革。戦術の鍵“偽2番”“偽5番”とは?

ドイツとバルサの融合、ペップによる王者バイエルンの変革。戦術の鍵“偽2番”“偽5番”とは? 2014.04.28

短期間でバイエルンを変革させたグアルディオラ監督。バイエルンとバルセロナの長所が見事に融合。“楽しい”という価値観を持ち込み、“勝利すること”が何よりも重視されるドイツのメンタリティーに新たな刺激を与えている。

20130811_okazaki

Win-Winだった岡崎の獲得。抜群のコスパを誇るマインツの躍進に見る、お金がなくても強いチームの秘密 2014.04.28

安定した経営で興隆を極めるブンデスリーガ。圧倒的な資金力を誇るバイエルンが独走状態だが、コストパフォーマンスの面を見ると“陰の王者”が存在する。巧みな経営、マネジメントで健闘するクラブの秘密に迫る。

新着記事

↑top