ブンデス日本人

ブンデスリーガに所属する日本人選手の最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

20140316_usami

“海外組”は本当に適応できているのか? 言語問題で孤立する日本人選手たち 2014.03.16

外国でプレーする日本人選手は年々増えているが、現地に適応できず帰国する選手も少なくない。その「失敗」の理由として、しばしば「言葉の問題」が挙げられる。しかし、サッカー選手に外国語力は必要なのだろうか。3月10日発売、最新号の『サッカー批評issue67』(双葉社)では、欧州でプレーした日本人選手と日本人選手を良く知る欧州サッカー関係者にインタビューを敢行した。その一部を抜粋して掲載する。

ブンデス日本人選手、第24節現地採点を振り返る。岡崎と細貝に感じる、根性とは別のサッカーに対する飽くなき渇望

ブンデス日本人選手、第24節現地採点を振り返る。岡崎と細貝に感じる、根性とは別のサッカーに対する飽くなき渇望 2014.03.11

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第24節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

ブンデス日本人選手、第23節現地採点を振り返る。ヒーピアを不安にさせた岡崎

ブンデス日本人選手、第23節現地採点を振り返る。ヒーピアを不安にさせた岡崎 2014.03.04

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第23節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

ブンデス日本人選手、第22節現地採点を振り返る。岡崎の献身性がもたらした“珍事”

ブンデス日本人選手、第22節現地採点を振り返る。岡崎の献身性がもたらした“珍事” 2014.02.25

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第22節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

20140221_okazaki3

今季は既に9ゴール。マインツの熱血指揮官が明かす、岡崎慎司はなぜ得点を量産できるのか? 2014.02.21

岡崎慎司が好調だ。所属するマインツでは得点を量産、既に9ゴールをあげ、地方の小クラブをEL圏内付近まで引き上げている。彼はなぜゴールを量産できるようになったのか? トゥヘル監督に聞いた。

2140218_kiyotake_harada

ブンデス日本人選手、第21節現地採点を振り返る。清武の評価はなぜ低かったのか? 2014.02.18

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第21節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

20140214_koln

ブンデスリーガ・デビューを果たした長澤和輝。ケルンで踏み出した確かな一歩 2014.02.14

今冬、ケルンへ加入した長澤和輝。専修大学からブンデスリーガへの移籍を果たし、話題を呼んだ選手である。その長澤がついにデビューを果たした。短い出場機会であったものの、確かな一歩を刻んだのであった。

20140211_hosogai

ブンデス日本人選手、第20節現地採点を振り返る。得点王ラモスを支える献身性、細貝に納得の高評価 2014.02.11

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第20節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

セレッソからドルトムントへ。孤軍奮闘する丸岡満の現在地

セレッソからドルトムントへ。孤軍奮闘する丸岡満の現在地 2014.02.07

弱冠18歳、丸岡満がドイツで奮闘している。クロップ監督らドルトムント首脳陣に評価され、期限付き移籍。現在は同クラブにU-23でプレーし、トップチーム昇格を目指している。

ブンデス日本人選手、第19節現地採点を振り返る。清武と細貝はなぜ低評価だったのか?

ブンデス日本人選手、第19節現地採点を振り返る。清武と細貝はなぜ低評価だったのか? 2014.02.04

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第19節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

20131208_sakaig

パス本数下回るも走力で圧倒したシュトゥットガルト。酒井高徳はなぜ酒井宏樹より1.5キロも多く走れたのか? 2013.12.08

日本人サイドバックがあいまみえたシュトゥットガルト対ハノーファーの一戦。シュトゥットガルトを勝利に導いた要因の一つに走行距離がある。相手よりも走れた要因はどこにあったのか? また酒井高徳はなぜ酒井宏樹より1.5kmも多く走れたのか?

20131204_sakai1

ライバル復帰も替える理由はない――。成長を続ける酒井宏樹が勝ち取った『信頼感』 2013.12.04

フランクフルト戦に勝利し、連敗を止めたハノーファー。日本人SB酒井宏樹はこの日も先発フル出場、勝利に貢献した。成長を続ける酒井はチーム内での存在感も大きくなり、監督からの信頼も勝ち得た。ライバルであるチェルンドロが復帰したが、彼をすぐ替える理由はない。

未勝利、最下位に沈むニュルンベルク。それでも前を向く長谷部と清武

未勝利、最下位に沈むニュルンベルク。それでも前を向く長谷部と清武 2013.11.13

開幕から未だ勝ち星なく最下位に沈むニュルンベルク。選手たちも厳しい状況であることを認識している。ただ、試合内容は向上している。長谷部と清武もまだ諦めてはいない。

日本代表の攻撃進化のカギ握る清武。一瞬のカウンターチャンス逃さぬ卓越したプレービジョンを徹底分析

日本代表の攻撃進化のカギ握る清武。一瞬のカウンターチャンス逃さぬ卓越したプレービジョンを徹底分析 2013.11.11

低迷するニュルンベルクであるが、清武の卓越したプレービジョンはピッチ上によく表れている。一瞬のカウンターチャンスを逃さない技術の高さ、鋭い判断力。こうした清武のプレーは代表の攻撃も活性化させるはずだ。

低迷するチーム、守備的な戦いへの歯痒さ。ボーフムで奮闘する田坂祐介の現在地

低迷するチーム、守備的な戦いへの歯痒さ。ボーフムで奮闘する田坂祐介の現在地 2013.11.05

ブンデスリーガ2部に位置するボーフム。日本人選手、田坂祐介が所属している。チームはなかなか勝ち星に恵まれず、苦戦が続いている。そうした状況に田坂ももどかしさを感じている。奮闘する田坂の現在地に迫った。

新着記事

↑top