ブンデス日本人

ブンデスリーガに所属する日本人選手の最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

チームメイトから厚い信頼を寄せられる清武。繰り出されるアシストを徹底分析

チームメイトから厚い信頼を寄せられる清武。繰り出されるアシストを徹底分析 2013.03.17

17日に行われたブンデスリーガ第26節、ニュルンベルク対シャルケは3-0でニュルンベルクが勝利した。日本代表の清武弘嗣は2アシストと勝利に貢献。そのアシストに込められた高い技術力を徹底分析する。

内田篤人のクロスはなぜ得点を演出できるのか?

内田篤人のクロスはなぜ得点を演出できるのか? 2013.03.10

9日、ブンデスリーガ第25節、シャルケ対ボルシア・ドルトムントの一戦は2-1でホームのシャルケが勝利した。ケガのため離脱していた内田篤人は復帰戦となったが2アシストと大活躍。彼の優れたクロスを徹底分析する。

金崎夢生が酒井高徳から受けた“ブンデスリーガの洗礼”

金崎夢生が酒井高徳から受けた“ブンデスリーガの洗礼” 2013.02.24

23日に行われたブンデスリーガ第23節・シュツットガルト対ニュルンベルクの試合は、ブンデスリーガの舞台で初めて日本人選手4人が出場した記念すべき試合となった。そこで初スタメンとなった金崎が、酒井高徳から受けた洗礼とは?

金崎夢生、“殊勲のデビュー戦”に見る戦術効果を徹底分析

金崎夢生、“殊勲のデビュー戦”に見る戦術効果を徹底分析 2013.02.20

17日に行われたニュルンベルク対ハノーファー戦で金崎夢生がブンデスリーガデビューを果たした(試合は2-2)。後半途中出場、31分のプレーではあったが、同点弾の起点になるなど、ニュルンベルクに戦術的なプラス効果をもたらした。“金崎効果”を戦術的視点から徹底分析する。

スタメン落ちの長谷部誠。ボランチで出場するために必要なこととは?

スタメン落ちの長谷部誠。ボランチで出場するために必要なこととは? 2013.01.20

ブンデスリーガ19節、ボルフスブルク対シュツットガルトで長谷部誠はベンチスタートとなった。本人の希望はボランチでの出場。今はこの位置でのポジション確保に至っていないが、長谷部には何が必要なのか。

内田篤人の流儀―内田篤人が海外のクラブで成功を収めた理由

内田篤人の流儀―内田篤人が海外のクラブで成功を収めた理由(後編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.19

『ドイツで貫く確固たるスタイル』
2010年、ブンデスリーガ・シャルケ04に加入し、3シーズン目を迎える内田篤人。彼が強豪クラブで培い、得たものとは何か。その軌跡を追うとともに、ドイツにおける内田の流儀に迫っていく。

酒井高徳、飛躍の原点を語る

酒井高徳、飛躍の原点を語る【ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.27】 2012.12.18

現在シュツットガルトのレギュラーとして活躍する酒井高徳。少年時代は決して恵まれた体格ではなかった彼は、いかにして成長し、ブンデスリーガの強豪でポジションを掴むまでになったのか。
『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.27』「僕らがサッカーボーイズだった頃」にて、酒井高徳本人、父・一幸さん、そして少年時代のコーチ今鷹昭三氏がインタビューに答えた。

内田篤人の流儀

内田篤人の流儀―内田篤人が海外のクラブで成功を収めた理由(前編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.18

『ドイツで貫く確固たるスタイル』
2010年、ブンデスリーガ・シャルケ04に加入し、3シーズン目を迎える内田篤人。彼が強豪クラブで培い、得たものとは何か。その軌跡を追うとともに、ドイツにおける内田の流儀に迫っていく。

乾が今季5点目!! 長谷部との日本人対決を制す

乾が今季5点目!! 長谷部との日本人対決を制す【ブンデスリーガ】 2012.12.17

『ポジションを取り戻した長谷部と、攻撃陣を率いる乾の対戦』
ウインターブレイク前のラストゲームとなったブンデスリーガ17節。
ボルフスブルクがホーム、フォルクスワーゲン・アレーナにフランクフルトを迎えた一戦では、長谷部誠と乾貴士の日本人対決が実現した。

欧州で成功する選手、失敗する選手

欧州で成功する選手、失敗する選手【サッカー批評 issue52】 2012.12.11

『海外移籍の真価を問う』
言うまでもなく“外国人選手”として欧州のトップリーグで活躍することは容易ではない。何をもって成功や失敗とするのかというのはあるが、現実には活躍する選手がいる一方、なかなか試合に出られない選手もいる。欧州で実績を残すために必要なことは何か考えたい。

新着記事

↑top