本田圭佑

本田圭佑の最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めば本田圭佑の今がわかります。

本田圭佑

ミランは本田が鍵握るか。ローマとの大一番、10番に求められる攻守のタスク 2016.12.12

現地12日、ACミランはアウェイのローマ戦に挑む。2位と3位の上位対決となり、ミランとしてはプレッシャーのかかる一戦になるが、指揮官は必要以上に気負ってはいない。先発には久々に本田圭佑が復帰すると見られている。代役という立場だが、求められることは多い。組織のバランスを崩せば試合が難しくなるだけに、本田が勝負の鍵を握る側面もあるだろう。(取材・文:神尾光臣【ローマ】)

本田

本田が作り出した“混乱”。勝利のミラン、強さの秘密はセットプレーにあり 2016.12.05

ミランは現地時間4日、セリエA第15節でクロトーネと対戦し、ホームで2-1の逆転勝利を収めた。格下相手に苦戦を強いられたミランだが、2つのセットプレーからゴールに結びつけている。この試合で5試合ぶりの出場を果たした本田圭佑は、FKから決勝点を演出した。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

モンテッラ

ミラン、ダービー引き分けの要因は主力の疲労。タレント健在のエンポリ戦はチームの底上げの機会に 2016.11.26

前節のミラノダービーでリードを守り切ることができなかったミラン。その要因は疲労した主力に代わって補うことができる選手がいなかったことだ。今節のエンポリ戦では、チームの底上げのために、ベンチメンバーが起用されることになりそうだ。またヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は本田圭佑の移籍に関して、「コメントするのは早計だ」と話した。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田圭佑

ミラン、好調の要因は集中力。レギュラー欠場で問われる本田らバックアップメンバーの力 2016.11.06

現在セリエAで3位につけるミラン。ヴィチェンツォ・モンテッラ監督は好調の要因であるチームとしての集中力の継続を19位パレルモ相手にも求めている。またこの試合では左ウイングのレギュラーであるエムバイエ・ニアンの欠場が濃厚。モンテッラ監督にはいくつかのオプションがあるが、いずれにしても本田圭佑らバックアップメンバーの力が問われることになる。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ボナベントゥーラ

ミランが身に着けた「苦しみながら勝つ方法」。徹底した守備への共通意識。決勝点は本田のFK練習が参考に 2016.10.31

ミランは現地時間30日、ペスカーラと対戦。前節はジェノアに敗れていたミランだが、ホームで1-0で勝利した。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は「苦しみながら勝つ方法を知っている方が、より多くの勝ち点を稼ぐことができる」と語り、チームの出来に満足感を示した。決勝点はジャコモ・ボナベントゥーラのFKだが、これは本田圭佑の練習が参考になって生まれたゴールだったようだ。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田、”失敗”に終わった前節。こなすべき求められるタスク、見せるべき実直なプレー 2016.10.30

現地時間30日に行われるペスカーラ戦にミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は”レギュラー中のレギュラー”で臨むようだ。ターンオーバーを行った前節のジェノア戦ではスタメン出場した本田圭佑であるが、守備のミスで先制点を許し、スソのバックアップの役割を果たせずに印象を悪くしてしまった。サポーターへ苦言を呈するほどチームを勝たせたいのならば、それをプレーで見せる必要がある。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田、失点招き伊紙も厳しい評価…「ジェノアを応援する立場だった」「全く試合に入ってない」 2016.10.26

ミランは現地時間25日、セリエA第9節でジェノアと対戦して0-3で敗れた。本田圭佑は先発出場を果たしたが、守備のミスによって先制点を献上してしまい、現地メディアも厳しい評価を下している。(文:神尾光臣【ミラノ】)

本田圭佑

本田、悲惨に終わった今季初先発。試合から消え、先制点も献上。指揮官の期待を裏切り出場機会はさらに遠のく 2016.10.26

ミランは現地時間25日、セリエA第10節でジェノアと対戦し、アウェイで0-3の完敗を喫した。本田圭佑は今季初の先発出場を果たしたものの、前半に守備のミスで相手に先制点を許してしまった。試合後、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は本田を擁護していたが、初先発の期待を裏切るパフォーマンスに次の出場機会はいつ回ってくるかは分からない。(取材・文:神尾光臣【ジェノバ】)

本田

本田、ついに今季初先発へ。ユーベ戦勝利でチームは疲弊…カギ握るターンオーバー組の奮闘 2016.10.25

ミランは現地時間25日、セリエA第10節でジェノアと対戦する。今季は途中出場で2試合のプレーにとどまっていた本田圭佑だが、ターンオーバーの実施によって先発の可能性が高いようだ。チームはユベントス戦に勝利したことで体力・メンタル面で疲弊しており、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も入れ替えを予告している。今季のミランはモンテッラ監督のもと新スタイルを確立しており、本田はこれに順応して攻撃での貢献を見せなければならない。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ミラン

ミラン、王者ユーベ撃破のカギは「グループの力」。全選手に浸透していた2つの共通意識 2016.10.23

ミランは現地時間22日、セリエA第9節でユベントスと対戦。相手はリーグ5連覇中の絶対王者だったが、ミランは18歳のマヌエル・ロカテッリが華麗なミドルシュートを突き刺し、ホームで1-0の勝利を飾った。ヴィンツェンツォ・モンテッラ監督が「我々の力とはグループだ」と語ったように、この試合では2つの共通意識が全選手に浸透していた。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ロカテッリ

ミラン、“若き力”で挑む絶対王者ユーベ戦。本田に先発の余地ないが…指揮官も評価した「闘志と規律」 2016.10.22

ミランは現地時間22日、セリエA第9節でユベントスと対戦する。今季のミランは若い力が躍動しており、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はリーグ5連覇中の絶対王者相手にも自信を見せている。負傷から回復してメンバー入りした本田圭佑は、やはりベンチスタートが濃厚のようだ。しかし、指揮官は本田に対して「闘志や規律はチームを作る上でのベースとなる」と評価している。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

モンテッラ

ミラン、3位浮上の実力は本物か? 知られざるフロントの功績とモンテッラ監督の緻密なマネジメント術 2016.10.19

ミランは現地時間16日に行われたキエーボ戦に勝利したことで、リーグ戦3位に浮上した。近年はリーグ戦でも上位に進出できず低迷が続いていたが、ここ5試合では4勝1分と好調を維持している。果たして、ミランの勢いは本物なのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

20161016_honda_Getty

本田、無念の招集外。“控え”からアピールの好機到来も…代表戦の負傷で欠場へ 2016.10.16

ミランはセリエA第8節でキエーボと対戦する。しかし、本田圭佑はアウェイへの遠征メンバーから外れた。ワールドカップアジア最終予選を戦う日本代表で、左足首を負傷してしまったのだ。今のミランは故障者が続出しており、本田にとってはアピールのチャンスだったが、無念の招集外となってしまった。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田はなぜミランファンへの苦言を繰り返すのか?「文化を変える」という壮大な挑戦 2016.10.03

ミランは現地時間2日、セリエA第7節でサッスオーロとホームで対戦。1-3のビハインドから、見事な逆転劇で4-3の勝利を収めた。日本代表FW本田圭佑はこの試合も出場がなかったが、勝利を喜ぶ一方でイタリアサッカー界に対して苦言を呈した。ミランのファンは少しでも不甲斐ないプレーをすれば容赦なくブーイングを浴びせ、この試合では主将のリッカルド・モントリーボがその標的となった。本田は度々イタリアのファンの在り方に言及してきたが、なぜ彼はファンへの苦言を繰り返すのだろうか。そして、「文化を変える」という大きな理想を掲げた本田は果たしてそれをどのように実現していくのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田

本田、新ポジションを開拓か。指揮官が進める「別の選択肢」。右サイドではない可能性 2016.10.02

ミランは現地時間2日、セリエA第7節でサッスオーロと対戦する。サイドの選手が駒不足となっているチームで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はある準備を進めてきたようだ。それは、本田圭佑を左サイドで出場させるというものである。これまで本田が出場した時は右サイドでのプレーが多かったが、新たな可能性を開拓することになるのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

新着記事

↑top