香川真司

20180318_kagawa_getty

香川真司の「予感」的中の兆し。ドルト、1つになった最終目標への「苦しい戦い」 2018.03.18

ボルシア・ドルトムントは18日のブンデスリーガでハノーファーと対戦する。フィジカルが強く[プレッシング+ショートカウンター]が武器の相手は苦戦必至。監督がどのスタイルを選ぶかに注目だ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルト、脆弱なポゼッションで守備陣を崩せず。欠場者も続出、戦術の一貫性なく無念のEL敗退 2018.03.16

15日に行われたヨーロッパリーグラウンド16の2ndレグ、FCレッドブル・ザルツブルク対ボルシア・ドルトムントの一戦は0-0のドローに終わった。この結果、2戦合計2-1としたオーストリア王者がベスト8へ駒を進めている。勝利のためには最低2点が必要だったBVBだが試合前に欠場者が続出。ポゼッションサッカーを展開したものの、終始噛み合わず。最後まで敵の守備陣を崩すことはできなかった。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

香川真司欠場濃厚なドルト。リーグ戦の成果を自信に、背水の陣で挑むEL 2018.03.15

ボルシア・ドルトムントは15日、ヨーロッパリーグラウンド16の2ndレグでFCレッドブル・ザルツブルクと対戦する。ホームでの1stレグを1-2で落としているBVBは、逆転勝利のために最低2点は必要という状況。香川真司が欠場濃厚となっている中、11日に行われたフランクフルト戦で取り戻した自分たちのスタイルを再び発揮できるかがカギになりそうだ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルト、取り戻したカウンター・カルチャー。スタジアムも歓喜した速攻、見出した“生きる道” 2018.03.12

11日に行われたブンデスリーガ第26節ボルシア・ドルトムント対アイントラハト・フランクフルトの一戦は3-2でホームチームが勝利した。ヨーロッパリーグでザルツブルクに敗れたBVBはこの試合でそれまで敢行してきたポゼッションサッカーを放棄。自分たちの持ち味であるカウンタースタイルを取り戻し、勝ち点3を呼び込んだ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

香川真司

デコボコ・ドルト、フランクフルト攻略の鍵は「レアル式」。ポゼッション放棄で脱皮なるか 2018.03.11

ボルシア・ドルトムントは11日のブンデスリーガで長谷部誠擁するフランクフルトと対戦する。パフォーマンスが安定しないドルトムントは、目標達成が微妙な状況。いっそのこと、ポゼッションを放棄するのも策かもしれない。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルト、迫力不足露呈し敗戦。敵の思惑通りに進んだ試合、ハイレベルの中にあった「隙」 2018.03.09

8日に行われたヨーロッパリーグラウンド16の第1戦、ボルシア・ドルトムント対FCレッドブル・ザルツブルクは2-1でアウェイチームが勝利した。香川真司が負傷で欠場となったBVBは立ち上がりこそ悪くない入りをみせたが、徐々にペースは崩れ、相手のカウンターからピンチを招く展開に。後半途中から出場した南野拓実が「自分たちの持っているものを出せた」と語るように、ホームチームは敵に思惑通りの試合をさせてしまった。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

香川欠場濃厚のドルト。準備は万全、リーグ戦の成果をヒントにRBグループ“兄”との一戦へ 2018.03.08

ボルシア・ドルトムントは8日、ヨーロッパリーグラウンド16の1stレグでFCレッドブル・ザルツブルクと対戦する。香川真司が負傷で不在のBVBは3日にリーグ戦でRBライプツィヒと激突しており、RBグループとは連戦という形になる。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

20180304_bvb1_getty

見違えたドルトの「異なる表情」。やはり隠しきれないわずかな「隙」 2018.03.04

ボルシア・ドルトムントは3日、RBライプツィヒ戦を1-1で引き分けた。前節とは異なるアグレッシブな姿勢は、前向きなものだ。それでも、勝ち点3に届かなかったのは、結局どこかで隙を見せてしまうことにある。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

20180303_kagawa2_getty

香川真司の復帰は来週か。ドルト、「パワフルサッカー」で“疑似EL”に挑む 2018.03.03

ボルシア・ドルトムントは3日、ブンデスリーガ第25節でRBライプツィヒと対戦する。レッドブル・ザルツブルクとのELを前に、調子を落としているライプツィヒとの一戦だ。香川真司は今節も欠場。だが、指揮官の口ぶりからすると、復帰はそう遠くない。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルト、決定機生かせず“怒り”のドロー。曖昧なパフォーマンスに終始、攻守に改めて残った課題 2018.02.27

26日に行われたブンデスリーガ第24節ボルシア・ドルトムント対FCアウクスブルクの1戦は1-1のドローに終わった。足首を負傷中の香川真司が引き続き不在となったBVBは相手の5バックに手を焼き、ミスが連発。最後まで敵の牙城を崩すことはできずにゲームを終える。試合後、ドルトの選手たちが口を揃え露わにしたのは“怒り”だった。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルト、香川不在も問題なし? 課題と手応えを背負い、“擬似EL”戦へ 2018.02.26

ボルシア・ドルトムントは26日、ブンデスリーガ第24節でFCアウクスブルクとホームで対決する。ヨーロッパリーグでアタランタとのシビアなゲームを制し、課題と手応えの両方を得たBVB。香川真司は引き続き不在となるが、その影響は。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ドルトムント

ドルトが再確認したアイデンティティ。苦境のなかで貫徹、リスキーな選択と攻撃的精神 2018.02.23

22日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、アタランタ対ドルトムントは1-1のドローに終わった。第1戦を3-2で勝利しているBVBは0-1とビハインドを負ってハーフタイムを迎えるという苦しい展開に。しかし後半、攻撃的な選手を次々投入すると流れが一転。マルセル・シュメルツァーのゴールで1-1の同点に追いつき、2試合合計スコアでベスト16進出を決めた。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ドルトムント

EL仕様のドルトは打ち合い上等! ドイツ代表トリオと新エースの融合が生む破壊力 2018.02.22

ボルシア・ドルトムントは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦の第2戦でアタランタと対戦する。ホームでの第1戦は3-2と勝利したBVBだが、第2戦はマヌエル・アカンジ、ユリアン・ヴァイグルの両者が出場できないため、守備には若干の不安が残る。香川真司が欠場となるなか、攻撃陣の躍動がカギを握ることになりそうだ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

香川不在のドルト。苦しんで掴んだ「勝ち点3」、劣悪なピッチでみせた“ドイツ代表トリオ”の技術力 2018.02.19

18日に行われたブンデスリーガ第23節ボルシアMG対ボルシア・ドルトムントの一戦は1-0でアウェイチームが勝利した。香川真司が不在の中、劣悪なピッチ状態に苦しめられたドルトムントだったが“ドイツ代表トリオ”を中心に何とか勝利をもぎ取り、公式戦4連勝としている。中3日で行われるELに向けて大きな励みになった。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

20180218_kagawa2_getty

香川真司不在も「無敗」で前進続けるドルト。復活目前の独代表2人が攻撃を活性化 2018.02.18

ボルシア・ドルトムントは現地時間18日、ブンデスリーガ第23節でボルシアMGと対戦する。香川真司は引き続き不在となる見通しだが、新エース・バチュアイとともに、チームの攻撃は活気づき始めているところだ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top