リーガエスパニョーラ

20130511_mou

モウリーニョの挑発行動から見えた『モウリーニョvsカシージャス』の結末は? 2013.05.11

CL準決勝でドルトムントに敗れたレアル・マドリード。その後、モウリーニョ監督が引き起こした内戦が激化している。その顛末を追い、そこに到った理由を探る。

「余命5年」 “ 死”に近づくリーガ・エスパニョーラ

「余命5年」 “ 死”に近づくリーガ・エスパニョーラ 2013.05.07

不健全なクラブ経営は、リーガ・エスパニョーラの「寿命」を縮めている。
増え続けるクラブの負債、300名を超す選手への給与未払い。
経営破綻寸前のクラブを抱えるリーガはこれからも存続し続けられるのか?
バルセロナ大学経済学部教授であり、国内の複数クラブの経営アドバイザーを務めるホセ・マリア・ガイ氏がリーガの現状と未来について語る。

20130504_ner

ネイマールは“メッシ依存症”への特効薬!? 強いバルサ復活のために必要なこと 2013.05.04

チャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンに惨敗したバルセロナ。バイエルンの組織が強固だったのは言うまでもないが、バルサが本来の姿から程遠い出来で、来季以降に不安の残る内容だったのも確か。復活のために必要なこととは何か?

メッシ

驚異的なペースで得点を量産する“外国人”メッシ。彼はバルサの歴史を変えられるか? 2013.04.16

今季も圧倒的なパフォーマンスで得点を量産するリオネル・メッシ。歴史を振り返ると、メッシ以上にゴールを決めた選手がいる。彼はどんな人物か? 果たしてメッシはクラブの記録を塗り替えることができるのか?

バルサを苦しめたビルバオのサッカーはいかにして生み出されたのか

バルサを苦しめたビルバオのサッカーはいかにして生み出されたのか(後編) 2013.04.06

昨季のリーガ・エスパニョーラでベストゲームにもあげられたアスレティック・ビルバオ対バルセロナ。バルサに正面から立ち向かい、互角に渡り合ったサッカーはいかにして生み出されたのか。鬼才マルセロ・ビエルサのトレーニングを取材した2人のジャーナリストが対談した『欧州サッカー批評07』より一部加筆して掲載する。構成:澤山大輔 進行:植田路生

バルサを苦しめたビルバオのサッカーはいかにして生み出されたのか

バルサを苦しめたビルバオのサッカーはいかにして生み出されたのか(前編) 2013.04.05

昨季のリーガ・エスパニョーラでベストゲームにもあげられたアスレティック・ビルバオ対バルセロナ。バルサに正面から立ち向かい、互角に渡り合ったサッカーはいかにして生み出されたのか。鬼才マルセロ・ビエルサのトレーニングを取材した2人のジャーナリストが対談した『欧州サッカー批評07』より一部加筆して掲載する。構成:澤山大輔 進行:植田路生

クラシコ敗戦から見えるバルセロナ崩壊の序章

クラシコ敗戦から見えるバルセロナ崩壊の序章 2013.03.04

2日に行われたレアル・マドリー対バルセロナのクラシコは、2-1でホームのレアル・マドリーが勝利した。国王杯と合わせてバルセロナはマドリーに連敗。またCLもミランに完敗している。敗戦に見えるのはバルセロナ最強神話の崩壊の始まりだ。

サッカー選手の帰化に寛大なスペイン

サッカー選手の帰化に寛大なスペイン ~来る者拒まず……やたらと緩いビザ発給の基準~ 2013.01.09

サッカー世界一の国・スペインにおける帰化の潮流とはどのようなものか?近年、多くの移民を受け入れてきた同国の帰化事情に迫った。

FCバルセロナが優秀な選手を輩出し続ける理由

FCバルセロナが優秀な選手を輩出し続ける理由 2013.01.08

先に発表されたバロンドールで、メッシが4年連続の受賞を果たした。受賞したメッシや最終候補だったイニエスタはカンテラ出身の選手。なぜバルセロナは優秀な選手を次々と生み出せるのか。

マラガが告げるリーガ2強時代の終焉!?

マラガが告げるリーガ2強時代の終焉!?(後編) 2012.12.25

『金満オーナー アル・タニが画策するスペインサッカー改革』
2010年6月、リーガエスパニョーラのマラガが中東の王族に買収された。オーナーのアル・タニは、多くの資金を投下して急速にチームの強化を図ったが、給与遅配などの問題を抱えてUEFAの中でも苦しい立場に立たされている。現地の記者はこの買収劇をどのように報じていたのだろうか。翻訳:小澤一郎

マラガが告げるリーガ2強時代の終焉!?

マラガが告げるリーガ2強時代の終焉!?(前編) 2012.12.24

『金満オーナー アル・タニが画策するスペインサッカー改革』
2010年6月、リーガエスパニョーラのマラガが中東の王族に買収された。オーナーのアル・タニは、多くの資金を投下して急速にチームの強化を図ったが、給与遅配などの問題を抱えてUEFAの中でも苦しい立場に立たされている。現地の記者はこの買収劇をどのように報じていたのだろうか。翻訳:小澤一郎

進化を続けるFCバルセロナ

ビラノバ・バルサの未来【欧州サッカー批評 6】 2012.12.11

『ぺップとともに“ドリームチームⅡ”を築いた名参謀の知性に迫る』
ぺップ・グアルディオラの下で進化し続けたバルサ。そのアシスタントマネージャーを務めたティト・ビラノバが今季から後任を務める。ぺップの名参謀として手腕を発揮してきた彼の知性とはどのようなものなのか。はたしてバルセロナを導けるのか。関係者の証言をもとに考察していく。(翻訳:小澤一郎)

ビエルサ監督

スペクタクル・ビルバオの神秘【欧州サッカー批評 6】 2012.12.11

『奇才マルセロ・ビエルサはいかにして“芸術作品”を作り上げるのか?』

11-12シーズン、ビルバオを躍進させたマルセロ・ビエルサ。異端の戦術家はいかにして新しい独特のスタイルを選手に浸透させているのか。ビルバオに3年間滞在し、ビエルサの手法を現地で見てきた倉本和昌氏(ベルマーレフットボールアカデミー南足柄U-15監督)の話をもとに、ベールに包まれたその手腕に迫る。

新着記事

FChan TV

↑top