長友佑都

長友佑都の最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めば長友佑都の今がわかります。

長友佑都

「監督はこのポジションそのものをあきらめた」と長友に厳しい声。現地紙の評価は低調 2017.11.07

5日、セリエA第12節が行われ、インテルはトリノと1-1で引き分けた。この試合で6試合連続先発出場を果たした長友佑都は78分までプレー。クロスからチャンスを演出するなど攻撃面では目立っていたが、守備では失点に関与。現地紙の評価は分かれたが、おおむね及第点を下回る結果となり、それまでの好評価を覆す形となってしまった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

長友佑都、アシストつかずもクロスで絶好機演出。インテルで好調のまま日本代表合流へ 2017.11.06

5日、セリエA第12節が行われ、インテルはトリノと1-1で引き分けた。長友佑都は6試合連続で先発出場。守備では堅実な対応を見せ、攻撃では絶妙なクロスからチャンスを演出し存在感を示した。これでリーグ戦はいったん中断し代表ウィークに入るが、インテルでの好調を日本代表に還元できるだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

インテルの長友佑都

「もはや彼は信頼のおける存在となった」。長友佑都、地元紙はおおむね及第点 2017.10.31

30日、セリエA第11節の試合が行われ、インテルはヴェローナに2-1で勝利した。5試合連続で先発出場した長友佑都は、前半こそ苦しんだものの、後半には堅実なプレーを披露。日本代表DFの働きについてイタリアの各紙はおおむね及第点の評価を与えている。(文:神尾光臣【イタリア】)

インテルの長友佑都。ヴェローナ戦で5試合連続スタメンとなった

長友佑都、体現される充実ぶり。前半苦しむも後半に立て直し、確信があればこその修正力 2017.10.31

30日、セリエA第11節の試合が行われ、インテルはヴェローナに2-1で勝利した。第8節のミラノダービー以降、メンバーが固まりつつあるネッラズーリにあって、長友佑都は5試合連続で先発出場。前半こそ苦しんだものの、後半には堅実なプレーを披露した。難しい状況から立て直せるところに、ここ最近の充実ぶりが現れていると言えそうな一戦であった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

インテルのDF長友佑都

「信じられないが本当のことだ!」長友佑都、スタンディングオベーション受け地元紙大絶賛 2017.10.26

現地時間24日、セリエA第10節の試合が行われインテルはサンプドリアを相手に3-2で勝利した。この試合で先発出場し84分までプレーした長友佑都は傑出したパフォーマンスを披露。交代時には地元ファンからスタンディングオベーションで迎えられ、イタリアの各新聞は日本代表DFを絶賛している。(文:神尾光臣【イタリア】)

インテルの長友佑都。傑出したパフォーマンスに地元ファンも大きな拍手を送った

長友佑都、出色の働き。交代時は地元ファンの大拍手。さらに高まるインテルの完成度 2017.10.25

現地時間24日、セリエA第10節の試合が行われインテルはサンプドリアを相手に3-2で勝利。翌日に試合のあるナポリを抜いて暫定首位に浮上した。ここ最近好調の長友佑都は先発出場し84分までプレー。傑出したパフォーマンスを披露し、交代時には地元ファンからスタンディングオベーションで迎えられた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

カジェホン(左)と対面し奮闘した長友佑都(右)

「人目を惹くほどではないが効果的」。ナポリ戦健闘の長友、現地紙は及第点以上の評価 2017.10.23

10月21日、セリエA第9節ナポリ対インテルの無敗対決が行われた。最終的にスコアレスドローに終わったこの試合で先発フル出場を果たした長友佑都は好調のナポリ攻撃陣を抑え、無失点に貢献した。昨季の同カードで自身のミスから得点を許したカジェホンと再び対面し突破を許す場面もあったが、現地各紙はおおむね高い評価を与えている。(文:神尾光臣【イタリア】)

ミラノダービーにフル出場したDF長友佑都

「ボールが足元にあると震えるが、悲惨なことはしなかった」。長友、ダービーフル出場で現地紙は及第点 2017.10.16

10月15日、セリエA第8節でミラノダービーが行われ、インテルは3-2でミランに勝利した。日本代表からイタリアに戻ってきた長友佑都は先発フル出場。対面するボリーニに対して劣勢だった部分はあるものの、現地各紙はおおむね及第点を与えている。(文:神尾光臣【イタリア】)

長友

なぜ長友は定位置を確保できないのか? インテル指揮官は19歳の若者を抜擢。挽回のチャンスはあるが… 2016.10.15

インテルの日本代表DF長友佑都は、今季の公式戦でいまだ3試合にしか出場できていない。昨季は戦力外の立場からシーズン後半に出場機会を奪取したが、フランク・デ・ブール体制では再び出番を失っている。なぜ、長友は定位置を確保できないのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

ロベルト・マンチーニ監督

インテル、CL出場権逃すも「ポジティブな1年」。長友は序列覆し定位置を確保【15/16シーズン査定】 2016.05.26

2015/16シーズンも各国リーグで最終節を終え、シーズン終幕を迎えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はインテルを振り返る。(文:神尾光臣【ミラノ】)

マンチーニ監督(左)の信頼を勝ち取り、長友(右)は契約延長にいたった

長友を指揮した6人の監督。愛するインテルで掴み取った契約延長と最古参までの道のり【編集部フォーカス】 2016.04.09

インテルは現地時間8日、今季限りで満了となる日本代表DF長友佑都との契約を2019年まで延長することを発表した。2011年1月にチェゼーナから加入した長友は来季でインテル在籍7シーズン目となり、チーム最古参となる。長友はこの6年間で6人の監督のもとでプレーしている。今回は、インテルで長友を指揮した監督たちを紹介しよう。

長友

長友の契約延長はなぜ遅れているか。発表に踏み切れないインテルの不透明な未来と補強方針 2016.04.01

日本代表DF長友佑都は、以前から所属のインテルとの契約延長は目前といわれている。しかし、いまだ正式発表には至っていない。なぜ長友の契約延長は遅れているのだろうか。そこには、インテルの不透明な未来と補強方針が影響していた。(取材・文:神尾光臣)

データが証明する長友復活の要因。セリエAトップクラスの“走り”が生み出したライバルとの明確な違い

データが証明する長友復活の要因。セリエAトップクラスの“走り”が生み出したライバルとの明確な違い 2015.11.14

セリエA開幕当初はインテルで構想外とされていた日本代表DF長友佑都だが、ここにきてフル出場でプレーする試合が増えてきている。なぜ長友は再び出場機会を得ることができたのだろうか?その秘密は、長友が叩き出したセリエAトップクラスの“走り”に関するデータが証明していた。

長友の出番はこの先も訪れないのか? 序列固まるSB陣、選手交代を嫌う指揮官の傾向

長友の出番はこの先も訪れないのか? 序列固まるSB陣、選手交代を嫌う指揮官の傾向 2015.10.21

現地時間18日、セリエA第8節でインテル対ユベントスの“イタリアダービー”が開催された。過去最高の入場収入を記録するなど白熱の一戦となったが、この試合でもピッチに日本代表DF長友佑都の姿はなかった。今季ここまでわずか10分しかプレーしていない長友の出番は、この先も訪れないのだろうか?

長友はなぜインテルに残留したのか? 戦力外扱いも移籍に至らなかった2つの背景

長友はなぜインテルに残留したのか? 戦力外扱いも移籍に至らなかった2つの背景 2015.09.02

現地時間1日、イングランドを含む全ての欧州主要リーグの移籍市場が締め切りとなった。インテルで戦力外扱いをされていた日本代表DF長友佑都の移籍は決定的という見方も強かったが、移籍市場最終日まで長友獲得を発表するクラブは現れず、インテルに残留することが決定した。多くのクラブへの移籍が報道されていたが、なぜ長友はインテルに残留することになったのか。そこには、2つの背景が隠されていた。

新着記事

↑top