代表

サッカー各国代表チームの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

本日、日本代表と対戦。試合前に知っておきたいグアテマラ代表とお国事情

本日、日本代表と対戦。試合前に知っておきたいグアテマラ代表とお国事情 2013.09.06

6日、ザックジャパンと対戦するグアテマラ代表。実は3年前にも対戦している国だが、そのお国事情、そしてサッカー事情はあまり知られていない。グアテマラとは一体どんな国なのか?

欧州サッカーの舞台で“格差”広がる日韓両国。それでも「大差ない」と韓国メディアが強気の理由

欧州サッカーの舞台で“格差”広がる日韓両国。それでも「大差ない」と韓国メディアが強気の理由 2013.08.19

欧州の舞台で数多くの日本人選手がプレーしている。それに比べると韓国人選手は数で大きく水を開けられ、ビッグクラブ所属の選手もいない。この格差は韓国メディアはどうとらえているのか。

東アジア杯で初陣を迎えるホン・ミョンボ新監督。メンバー選考から見える韓国代表の本気度

東アジア杯優勝を懸けた最終戦。韓国メディアが展望する日韓戦とザックジャパンの弱点 2013.07.27

東アジア杯もいよいよ最終戦を残すのみとなった。日本の相手はライバル・韓国。否が応でも盛り上がる日韓戦だが、決戦を前に韓国メディアは日本代表をどう分析しているのか?

東アジア杯、主力不在の豪州代表だが――。オジェック監督が是が非でも日本に勝たなければならない理由

東アジア杯、主力不在の豪州代表だが――。オジェック監督が是が非でも日本に勝たなければならない理由 2013.07.24

25日に日本戦を控えるオーストラリア代表。日本と同様、主力メンバーは招集できず、フレッシュなメンバーが中心である。しかし、オジェック監督は他国よりも結果を欲している。それはなぜなのか?

東アジア杯で初陣を迎えるホン・ミョンボ新監督。メンバー選考から見える韓国代表の本気度

東アジア杯で初陣を迎えるホン・ミョンボ新監督。メンバー選考から見える韓国代表の本気度 2013.07.18

東アジアカップの最終戦で日本と対戦する韓国代表。監督交代に踏み切り、ホン・ミョンボ新指揮官の下で初陣を迎える韓国はどのようなメンバーなのか? そこを紐解くと大会への本気度も見えてくる。

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは?

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは? 2013.06.06

2日、ブラジル代表はイングランド代表と親善試合を行った。聖地マラカナンスタジアムでの試合は2-2の引き分け。押し気味に試合を進めたブラジルだが、隙も見せた。日本が戦う上でのヒントがそこにあるかもしれない。

20130517_bra1

ロナウジーニョはなぜ落選したのか? 若手主体のブラジル代表が挑むコンフェデという“実験室” 2013.05.17

コンフェデ杯で開催国として日本を迎え撃つブラジル代表のメンバーが発表になった。ロナウジーニョやカカーの落選などサプライズがあった今回のセレソンだが、このメンバーで挑む意図とは何か?

アンドレア・ピルロが語るEUROの激闘と涙の理由

アンドレア・ピルロが語るEUROの激闘と涙の理由(後編)【欧州サッカー批評 6】 2012.12.19

『UEFA EURO2012 イタリア代表の軌跡』
2012年のEUROで、快進撃を続けたイタリア。開幕直前に大敗した親善試合、再び加熱した八百長疑惑の渦中で結束したアズーリの心情と戦いの軌跡。アンドレア・ピルロの証言とともに振り返る。

繰り返された南アの悲劇 レ・ブルーはなぜ内部崩壊したのか

繰り返された南アの悲劇 レ・ブルーはなぜ内部崩壊したのか【欧州サッカー批評 6】 2012.12.11

『リーダー不在、規律なき“ラップ世代”… ピッチ外に潜むフランス代表の問題点に迫る』
南アW杯でのフランス代表の崩壊を詳細に記述した『レ・ブルー黒書』(ヴァンサン・デュレック著/結城麻里訳、講談社)の最後はこのように締めくくられている。新たなヒーローが誕生する。そして感動した試合を忘れずにいれば、いつかきっと南アのことを忘れることができる、と。しかし、前向きな希望とは裏腹に悲劇は繰り返されてしまった。EURO2012で仲違いを起こし、無残に敗れ去ったレ・ブルー。彼らに一体何が起こったのか。選手たちが発した言葉から、その内実に迫る。

アンドレア・ピルロが語るEUROの激闘と涙の理由

アンドレア・ピルロが語るEUROの激闘と涙の理由(前編)【欧州サッカー批評 6】 2012.12.11

『UEFA EURO2012 イタリア代表の軌跡』
2012年のEUROで、快進撃を続けたイタリア。開幕直前に大敗した親善試合、再び加熱した八百長疑惑の渦中で結束したアズーリの心情と戦いの軌跡。アンドレア・ピルロの証言とともに振り返る。

落日の母国

落日の母国【欧州サッカー批評 6】 2012.12.11

『リーグは繁栄、されど代表は没落。母国が抱える「育成」の問題点に迫る』
国際試合で結果を残せないイングランド代表。プレミアリーグが世界一の活況を見せる中、なぜ一向に代表強化が進まないのか? 母国が抱える問題点に選手育成の視点から迫る。

新着記事

↑top