海外サッカーコラム

バルサは伝統を捨てたのか? 経営面から見る胸スポンサーを導入せざるを得なかった理由

バルサは伝統を捨てたのか? 経営面から見る胸スポンサーを導入せざるを得なかった理由 2013.12.04

2006年、バルサ100年以上の誇りに終止符が打たれた。ユニフォームの胸部分に初めてロゴが入れられたのだ。今やバルサの経営に欠かせない収入源となった胸スポンサーから、バルサの経営に迫る。

20131204_sakai1

ライバル復帰も替える理由はない――。成長を続ける酒井宏樹が勝ち取った『信頼感』 2013.12.04

フランクフルト戦に勝利し、連敗を止めたハノーファー。日本人SB酒井宏樹はこの日も先発フル出場、勝利に貢献した。成長を続ける酒井はチーム内での存在感も大きくなり、監督からの信頼も勝ち得た。ライバルであるチェルンドロが復帰したが、彼をすぐ替える理由はない。

20131204_cari

マンUの中では貴重な存在。MFマイケル・キャリックはなぜ香川真司と呼吸が合うのか? 2013.12.04

ここ数戦、トップ下起用が続いた香川真司。だが、試合によって評価は大きく異なる。活躍できなかった要因として挙げられることが多いのが、香川と合う選手の不在だ。最も呼吸が合う選手と言われているのがマイケル・キャリック。彼はなぜ香川と合わせられるのか?『サッカー好きほど知らない戦術の常識』(カンゼン)の中で清水英斗氏が分析している。

香川真司が消された、世界最高、極限のフィジカルなフットボール

香川真司がピッチから消えた? 世界最高、極限のフィジカルなフットボール 2013.12.03

トッテナムとの対戦でトップ下としてスタメン出場した香川真司。しかし、プレミアトップレベルの圧力に屈し、見せ場を作れないままピッチを退いた。香川が体感した、世界最高のフィジカルなフットボールとは?

【プレーを徹底分析】“130億円男”ギャレス・ベイル。サッカー選手として彼は何がすごいのか?

【プレーを徹底分析】“130億円男”ギャレス・ベイル。サッカー選手として彼は何がすごいのか? 2013.12.03

先週末の試合でハットトリックし、いよいよその真価を発揮しつつあるギャレス・ベイル。移籍金からもそのすごさはわかるが、一体何が優れているのか。シュート、ドリブル、パス……そのすべてを『サッカー好きほど知らない戦術の常識』(カンゼン)の中で清水英斗氏が徹底分析している。

「ムラがある」「監督が無視するのもわかる」。トッテナム戦のマンU・香川に厳しい声も

「ムラがある」「監督が無視するのもわかる」。トッテナム戦のマンU・香川に厳しい声も 2013.12.02

1日に行われたプレミアリーグ第13節で、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドは敵地でトッテナムに2-2で引き分けた。香川はトップ下で先発したが、見せ場を作れず後半39分に交代。香川の現地評は以下の通り。

シュート、クロス0本もシャルケ勝利に貢献。内田が果たした大きな役割とは?

シュート、クロス0本もシャルケ勝利に貢献。内田が果たした大きな役割とは? 2013.12.02

内田篤人の所属するシャルケがシュトゥットガルトに3-0と快勝した。この試合、注目すべきは「エリア内侵入」のデータだ。ここを分析することで、シュートとクロスが0本だった内田が果たした大きな役割も見えてくる。

守備では貢献し現地評は及第点。トップ下・香川活かせぬマンUのスタイルとサポート不足

守備では貢献し現地評は及第点。トップ下・香川活かせぬマンUのスタイルとサポート不足 2013.12.02

トッテナム戦でトップ下として先発出場した香川真司だったが、CLレバークーゼン戦のような活躍はできなかった。一体なぜなのか。その理由には、香川自身よりもチームのスタイル、そして苦戦した状況があるようだ。

20131130_manu

香川は左サイドでも輝ける――。ファン・ペルシー復帰後に求められるルーニーとの“三角形” 2013.11.30

エース、ファン・ペルシーを怪我で欠いてもマンチェスター・ユナイテッドは好調だ。特に香川とルーニーは素晴らしい連携を見せている。懸念事項はエースの復帰だ。香川は左サイドに戻され、これまでの連携も失われる可能性がある。解決策はどこに?

「僕たちが勝ちます」

データで見る。本田圭佑がザックジャパンに絶対に必要な理由 2013.11.29

ザックジャパンの中心人物である本田圭佑。彼はなぜ欠かせない存在なのか。データでもそれは実証されている。日本代表のゴールシーンを分析すると、いかに彼が決定機を生み出しているかがわかる。

CSKAでは既に“浮いている”存在。王者バイエルンに本田圭佑が示した確かな存在感

CSKAでは既に“浮いている”存在。王者バイエルンに本田圭佑が示した確かな存在感 2013.11.28

CSKAモスクワはチャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンをホームに迎えた。試合は敗れたが、本田圭佑は確かな存在感を示した。PKでのゴールもそうだが、欧州王者相手に奮闘。むしろ周囲がついていけないほど、いい意味で“浮いた”存在であった。

CLレバークーゼン戦で5得点のマンUを牽引。なぜ香川はトップ下起用で輝けたのか?

CLレバークーゼン戦で5得点のマンUを牽引。なぜ香川はトップ下起用で輝けたのか? 2013.11.28

27日のCLレバークーゼン戦でマンチェスター・ユナイテッドが5-0と圧勝した。この日はキャリック、ファン・ペルシーという主力が欠場。にもかかわらずアウェイで難敵を圧倒。その要因はトップ下で起用された香川真司の輝きにあるだろう。

ドルトムントを圧倒した“スーパー・バイエルン”。ブーイングを静寂に変えた“裏切り者”ゲッツェ

ドルトムントを圧倒した“スーパー・バイエルン”。ブーイングを静寂に変えた“裏切り者”ゲッツェ 2013.11.27

先週末、バイエルンがライバルであるドルトムントを一蹴した。アウェイで3-0。ゲッツェの“強奪”により新たな因縁も生まれ、スタジアムには喜怒哀楽が渦巻いていた。

次戦は勝利が絶対条件だが――。シャルケに落ち着きをもたらした内田。アウェイで“我慢して”拾った勝ち点1

次戦は勝利が絶対条件だが――。シャルケに落ち着きをもたらした内田。アウェイで“我慢して”拾った勝ち点1 2013.11.27

チャンピオンズリーグの第5節。勝ち点3を得て決勝トーナメント進出に近付きたいシャルケだったが、格下相手にドロー。だが、試合自体は簡単なものではなく、我慢が必要であった。

ポゼッション低下は哲学と真逆? 若手起用は? 無敗バルサを牽引するマルティノ監督の正体とは?

ポゼッション低下は哲学と真逆? 若手起用は? 無敗バルサを牽引するマルティノ監督の正体とは? 2013.11.26

怪我人続出も未だ負けなしと快進撃を続けるバルセロナ。新監督のマルティノの手腕によるところは当然あるが、そもそも彼の指導哲学とはどのようなものなのか。バルサは特殊なクラブだ。クラブと本当に“合う”監督なのだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top