海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

CLベスト16。オッズ有利もマンUにとって侮れないオリンピアコス。香川の出場は望み薄か

CLベスト16。オッズ有利もマンUにとって侮れないオリンピアコス。香川の出場は望み薄か 2014.02.25

今夜、行われるCLベスト16。2試合あるが注目はオリンピアコス対マンチェスター・ユナイテッドの一戦だ。ユナイテッドはリーグ戦で低迷するうっぷんを晴らすためにもしっかりと勝利を得たいが、オリンピアコスは侮れない相手だ。マタが出場できない分、香川にもチャンスが巡ってきそうだが…。

20140225_honda

効いていた右サイドでの動き。セードルフ監督が本田をトップ下に置かない戦術的な理由 2014.02.25

サンプドリア戦で先発フル出場を果たした本田圭佑。守備で奮闘し、チームの勝利に貢献したが、まだ連携面では改善の余地があり、何よりカカー欠場でなぜトップ下で出場しなかったのか、疑問は残る。それを解き明かすべく、戦術面より迫ってみたい。

期待の大きさ故か。一夜明け、本田に伊紙は課題を言及「もっと練習必要」「ゲームの外にいる場面多い」

期待の大きさ故か。一夜明け、本田に伊紙は課題を言及「もっと練習必要」「ゲームの外にいる場面多い」 2014.02.24

23日のサンプドリア戦に先発フル出場した本田圭佑。試合当日は比較的高評価だったが、一夜明けると厳しい言葉も現地からは出てきた。採点は及第点だったが、課題への言及が多く、やはりこれも10番への期待の大きさ故なのかもしれない。

前節までとは一変。本田圭佑に現地記者が高評価「監督の要求に初めて応えた」「真ん中かサイドかは問題ではない」

前節までとは一変。本田圭佑に現地記者が高評価「監督の要求に初めて応えた」「真ん中かサイドかは問題ではない」 2014.02.24

23日のサンプドリア戦、ACミランの本田圭佑は先発フル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。前節まではイタリアメディアから厳しい評価が下されていた本田だったが、この試合で一変。現地はこの日のパフォーマンスに好印象を抱いたようだ。

プレミア初得点も失点に絡む。吉田麻也に現地は及第点並ぶ「ゴールは上手かったが、身体的に苦闘した」

プレミア初得点も失点に絡む。吉田麻也に現地は及第点並ぶ「ゴールは上手かったが、身体的に苦闘した」 2014.02.23

22日、サウサンプトン対ウェスト・ハムの一戦が行われた。サウサンプトンは吉田麻也のゴールで先制するも、その吉田が失点に絡んだこともあり、敗れた。現地での吉田評をお届けする。

23日サンプドリア対ミラン。現地紙は本田先発も右サイド起用を予想、カカ欠場でトップ下はサポナーラか

23日サンプドリア対ミラン。現地紙は本田先発も右サイド起用を予想、カカ欠場でトップ下はサポナーラか 2014.02.23

23日のサンプドリア戦に向け、イタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」はミランの予想フォーメーションを発表した。本田圭佑は予想先発に名を連ねた。カカが欠場し、トップ下にはサポナーラが入ると見られている。

マンUが4試合ぶり白星、現地識者はルーニーを称賛「プレミア記録を更新できるのは彼だけ」

マンUが4試合ぶり白星、現地識者はルーニーを称賛「プレミア記録を更新できるのは彼だけ」 2014.02.23

マンチェスター・ユナイテッドは22日のプレミアリーグでクリスタルパレスを破り、4試合ぶりの勝ち点3をあげた。この試合前にルーニーが巨額の契約延長をクラブとしたことでも話題となっており、そのパフォーマンスにも注目されていた。

20140223_honda

ACミラン・セードルフ監督、サンプドリア戦での本田圭佑の先発を前日会見で明言 2014.02.23

23日にサンプドリア戦を迎えるACミラン。前日会見に登場したセードルフ監督はCLでのアトレティコ戦について振り返り、サンプドリア戦の意気込みを語った。そこで本田についても言及した。

20140222_fiz_ue

近い将来日本にとって脅威になる可能性も。豪州サッカーの未来を担う若手選手たち 2014.02.22

豪州代表の世代交代の遅れは既にいくつも報じられてきたが、有望な若手がいないわけではない。虎視眈々と代表入りを狙う優秀な若手選手は存在している。彼らが順調に育てば、近い将来、日本代表にとっては脅威となるだろう。

イブラが放った圧倒的な存在感。パリの“役者”がレバークーゼンを辱めた伝説的な夜

イブラが放った圧倒的な存在感。パリの“役者”がレバークーゼンを辱めた伝説的な夜 2014.02.21

CLベスト16でまさかの大差がついた。パリ・サンジェルマンが敵地でレバークーゼンを0-4と粉砕した。下馬評では有利だったものの、ここまでの大差がなぜついたのか? 一人のスーパースターが輝きを放ったからに他ならない。ズラタン・イブラヒモビッチは圧倒的な存在感を示した。

20140221_okazaki3

今季は既に9ゴール。マインツの熱血指揮官が明かす、岡崎慎司はなぜ得点を量産できるのか? 2014.02.21

岡崎慎司が好調だ。所属するマインツでは得点を量産、既に9ゴールをあげ、地方の小クラブをEL圏内付近まで引き上げている。彼はなぜゴールを量産できるようになったのか? トゥヘル監督に聞いた。

試合巧者だったアトレティコ。セードルフ体制で最高の試合で、ミランはなぜ敗れたのか?

試合巧者だったアトレティコ。セードルフ体制で最高の試合で、ミランはなぜ敗れたのか? 2014.02.20

CLベスト16、アトレティコ・マドリーをホームに迎えたミランだったが、ジエゴ・コスタの一撃に沈み、0-1で敗れた。内容的にはセードルフ監督の就任以降では最高のものだったが、なぜ勝利を得られなかったのだろうか。

ポジションの概念を“消した”ペップ・バイエルン。敵地でも73%のボール保持、なぜこんなにも強いのか?

ポジションの概念を“消した”ペップ・バイエルン。敵地でも73%のボール保持、なぜこんなにも強いのか? 2014.02.20

CLベスト16、アーセナル対バイエルン・ミュンヘンは0-2でバイエルンが勝利した。アウェイでも73%という高いボールポゼッション率で圧倒的な強さを見せたペップ・バイエルン。なぜこんなにも強いのだろうか。

20140220_hese

ロナウドやベイルを凌ぐ賞賛の声。レアルファンが夢託す若き才能は“モウリーニョの遺産” 2014.02.20

今季、レアル・マドリーを支える一人の若手選手がいる。ヘセ・ロドリゲス、21歳。きらびやかな選手が揃うチームにあって、怪我人の穴を埋め、ここぞというときに得点も決めている。レジェンド、ラウル超えも期待されている。

CLベスト16。死角なき絶対王者バイエルン、アーセナルはどう戦うべきか?

CLベスト16。死角なき絶対王者バイエルン、アーセナルはどう戦うべきか? 2014.02.19

今夜、行われるCLベスト16。2試合あるが、注目はアーセナル対バイエルン・ミュンヘンの一戦だ。アーセナルは“死の組”を勝ち抜け、プレミアリーグでも久々の優勝を狙える位置にいる。昨季3冠、今季も圧倒的な強さを誇示するバイエルンに対抗策はあるのか?

新着記事

↑top