海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

マンU、パス本数で圧倒も決定機の回数で下回りドロー。チームの完成度はまだまだ未熟。香川は次戦カップ戦で出番か

マンU、パス本数で圧倒も決定機の回数で下回りドロー。チームの完成度はまだまだ未熟。香川は次戦カップ戦で出番か 2014.08.25

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・ユナイテッドはアウェーでサンダーランドと対戦して1-1の引き分け。ルイス・ファン・ハール監督が導入した新システムは機能せず、苦しい船出となった。そして、香川真司は開幕戦に続いて出場機会を得られなかった。

20140824_villa_getty

ビジャ、ダフが加入したメルボルン・シティFC。開幕迫るAリーグに有力選手加入。例年にない混戦模様に 2014.08.24

小野伸二が去ったオーストラリアAリーグ。日本人選手はゼロとなったものの、メルボルン・シティFCにはダビド・ビジャやダミダン・ダフが加入。現地のサッカーファンにとって楽しみなシーズンとなりそうだ。

201408022_son_getty

レバークーゼン、CLプレーオフでFCコペンハーゲンに3-2先勝。指揮官交代で攻撃的に変身、成功のキーマンはソン・フンミン 2014.08.22

UEFAチャンピオンズリーグのプレーオフ1stレグ、FCコペンハーゲンとアウェイで対戦したレバークーゼン。サミ・ヒーピア監督からロジャー・シュミット監督に代わったことによって攻撃的サッカーに変化。3-2で勝利というスコアにもあらわれた。

フォルラン、アトレティコでの光と影。数多くのタイトルに隠されたチーム内での孤立、仲間からの嫌悪感

フォルラン、アトレティコでの光と影。数多くのタイトルに隠されたチーム内での孤立、仲間からの嫌悪感 2014.08.20

ディエゴ・フォルランがアトレティコ・マドリーに加入した当時、チームを率いていたのはハビエル・アギーレ現日本代表監督だった。『フットボールサミット第24回 美しく危険な男 フォルラン』では、スペイン『マルカ』紙の記者が、フォルランのスペイン時代の舞台裏を明かしている。(翻訳:江間慎一郎)

20140819_pep_getty

「スライド式の3バック+ボランチとしてのアラバ」。新たなスタイルを見せたペップ・バイエルン 2014.08.19

ブンデスリーガ開幕に先がけて行われたドイツ・カップ1回戦。バイエルン・ミュンヘンは、3部プロイセン・ミュンスターと対戦して4-1と快勝。グアルディオラ監督は、この試合でも3バックの布陣を採用した。

20140819_okazaki_getty

ブンデス勢は好位置も、プレミア勢は厳しい立場。本田&長友は名門再建のカギを握る存在に。海外組の現在地をチェック 2014.08.19

今シーズンも多くの日本人選手が海を渡ったサッカー界。海外移籍は珍しいものではなくなった近年の日本人選手だが、クラブでの立ち位置はどうなっているのだろうか?

20140816_simoji2_asean

タイでプレーする下地奨インタビュー。Jリーグ、南米、そしてバイト生活を経て辿り着いた境地 2014.08.18

現在タイでプレーする下地奨。チームメイトには元日本代表の岩政大樹もいる。Jリーグ、南米、そしてバイト生活も経験。さまざまな境遇に身を置くことで彼なりに辿り着いた境地とは?

バーゼル辛勝も、柿谷は右WGで印象残らず。3戦3ポジション起用で“右肩下がり”。CL出場へ8月残り2戦が正念場

バーゼル辛勝も、柿谷は右WGで印象残らず。3戦3ポジション起用で“右肩下がり”。CL出場へ8月残り2戦が正念場 2014.08.18

スイス・スーパーリーグ第6節、バーゼルはアウェーでのシオン戦を3-2で制した。柿谷曜一朗は2試合連続の先発出場となったものの、インパクトのあるプレーを見せることが出来ず交代。ポジション争いは厳しい状況に追い込まれた。

「大きな課題を背負っている」。早くも手腕が問われるファン・ハール。わずか1敗で一転したマンU現地評

「大きな課題を背負っている」。早くも手腕が問われるファン・ハール。わずか1敗で一転したマンU現地評 2014.08.18

プレミアリーグ開幕戦でスウォンジーに敗れたマンチェスター・ユナイテッド。ルイス・ファン・ハール監督の初陣だけに、大きな期待を集めながら黒星スタートとなったが、現地メディアはどのように報じたのだろうか?

20140816_fangaal_getty

マンUが失った大切なもの。指揮官に求められる“勝者のメンタリティー”の再起。香川はシグルズソンの笑顔に何を思う? 2014.08.17

プレミアリーグの14-15シーズンが開幕。マンチェスター・ユナイテッドは、アウェーでスウォンジーと対戦し1-2で敗戦。大きな期待を寄せられたファン・ハール監督の初陣を落とし、香川真司がピッチに立つことはなかった。

20140816_roony_getty

マンU、ファン・ハール新体制は黒星スタート。香川は出番なく終戦 2014.08.16

プレミアリーグ開幕戦でスウォンジーと対戦したマンチェスター・ユナイテッドだったが、ホームで1-2と敗戦した。

チーム大幅入れ替えのサウサンプトン。定位置奪回へ、吉田に求められる「リーダーシップ」と「集中力」の向上

チーム大幅入れ替えのサウサンプトン。定位置奪回へ、吉田に求められる「リーダーシップ」と「集中力」の向上 2014.08.15

主力と監督が引き抜かれたサウサンプトン。絶対的なCBだったデヤン・ロブレンがリヴァプールに移籍し、フローリン・ガルドスを獲得した。吉田麻也はロナルド・クーマン監督のもと、定位置を奪回出来るのだろうか?

バイエルンでの2季目、3バックに取り組むグアルディオラ。レアルへのリベンジの思いが実験に駆り立てる

バイエルンでの2季目、3バックに取り組むグアルディオラ。レアルへのリベンジの思いが実験に駆り立てる 2014.08.15

バイエルン・ミュンヘンでの2シーズン目に向けて3バックに取り組んでいるペップ・グアルディオラ監督。特に、縦に早くカウンターに強い相手に対して試している。この実験の裏には昨シーズンのCLで敗れたレアル・マドリーへの執念があった。

柿谷、初スタメン&フル出場も今季初黒星。無得点も同僚は柿谷に注目。“パスを出してもらう”ハードルはクリア

柿谷、初スタメン&フル出場も今季初黒星。無得点も同僚は柿谷に注目。“パスを出してもらう”ハードルはクリア 2014.08.15

スイス・スーパーリーグ第5節、バーゼルはザンクト・ガレンと対戦して0-2と今季初黒星。この試合で初スタメン&フル出場した柿谷曜一朗は無得点に終わった。柿谷が今後、チームにとって重要な存在となるために成すべきこととは?

香川の最適ポジションはトップ下か、中盤か。現地識者でも意見分かれる。確定的なのは出場機会の少なさ

香川の最適ポジションはトップ下か、中盤か。現地識者でも意見分かれる。確定的なのは出場機会の少なさ 2014.08.14

ルイス・ファン・ハール監督の就任で息を吹き返したマンチェスター・ユナイテッド。しかし、香川真司に明るい兆しは見えない。移籍を望む声も残留を伝える報道もある中、現地ではどのような意見があるのだろうか?

新着記事

↑top