海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

20130803_hasegawa_mtk

突如浮上した招集問題。長谷川アーリアはイラン代表に必要な選手なのか? 2014.01.03

厳しいアジア予選を勝ち抜きW杯出場権を手にしたイラン。昨年末、驚きのニュースが飛び込んできた。FC東京でプレーする長谷川アーリア・ジャスールに招集される可能性があるという。もし選出されるとすれば、彼は戦術的にどう起用されるのだろうか。

「来季のCL欠場も現実味」。敗戦のマンUに現地メディアが酷評。「交代が失点生んだ」と香川にも最低点

「来季のCL欠場も現実味」。敗戦のマンUに現地メディアが酷評。「交代が失点生んだ」と香川にも最低点 2014.01.02

1日に行われたプレミアリーグ第20節で、マンチェスター・ユナイテッドはホームでトッテナムに1-2で敗れた。香川真司は後半16分から左MFで途中出場した。マンチェスター・ユナイテッド、および香川の現地メディアによる評価をお届けする。

20140101_ars

中1日、元日での試合も当たり前。なぜプレミアリーグは12月末に過密日程になるのか? 2014.01.01

海外リーグにはウィンター・ブレイクがある。クリスマスの前くらいから数週間試合がなく、休みになるのだ。ところが、プレミアリーグは例外。この時期、ここぞとばかりに試合が組まれる。12月末から1月初旬にこんなに過密日程になるのはプレミアだけだ。

20140101_kagawa

連続欠場は体調不良、ノロウィルスか。チームメート、監督に愛されているマンU・香川 2014.01.01

謎の体調不良で欠場が続いた12月。香川の移籍報道が再燃したが、本人の表情は非常に穏やかだ。2014年のブラジルW杯イヤーを目前に迎え、マンチェスター・Uにおける日本のNO.10の立ち位置を探る。

20131230_vi

“ビエルサイズム”継承するチリ。決して低くはないスペイン・オランダの二強を崩す可能性 2013.12.30

ブラジルW杯でスペイン、オランダという前回大会のファイナリストと同居したチリ。厳しい戦いが予想されるが、チリは前回でも決勝トーナメントに進出しており、選手は揃っている。果たして二強を崩す可能性はあるのか?

20131229_moi

マンU勝利も「まるで中堅チーム、まとまりがない。優勝争いするには、ほど遠い内容」と現地は酷評 2013.12.29

マンチェスター・ユナイテッドは28日のアウェイ・ノリッチ戦に1-0で勝利した。しかし内容面で乏しく、現地からは「中堅チームのよう」と低い評価を受けた。

20131229_uel

「危険な存在となった」「最初のチャンス作った」。ノリッチ戦のマンU香川に一定以上の評価 2013.12.29

28日のプレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドはノリッチを1-0で下した。香川真司は先発出場。現地メディアの評価をお届けする。

日本に敗れ、急降下した“赤い悪魔”の評価。ベルギー代表は本当に強いのか?

日本に敗れ、急降下した“赤い悪魔”の評価。ベルギー代表は本当に強いのか? 2013.12.28

タレントが揃い、ブラジルW杯でも好成績が期待されるベルギー。しかしここにきて評価が落ちている。2013年最後の連戦を2つ落とし、特に日本代表が勝利したことで「本当に強いのか?」と懐疑的に思う人がいても不思議ではない。果たして“赤い悪魔”は強いのか、弱いのか。

W杯優勝の最有力候補ドイツ。ベテランGKバイデンフェラー招集の意図とは?

W杯優勝の最有力候補ドイツ。ベテランGKバイデンフェラー招集の意図とは? 2013.12.28

欧州予選も圧倒的な成績で勝ち上がり、ブラジルW杯の優勝最有力候補にあげられるドイツ代表。そんなチームに一人のベテランGKが招集された。33歳にして初選出のバイデンフェラーだ。ドルトムントで奮闘するGKになぜ声がかかったのか?

マンU逆転勝利、指揮官は選手を称賛。ローテーション必須の次節は香川も出場か

マンU逆転勝利、指揮官は選手を称賛。ローテーション必須の次節は香川も出場か 2013.12.27

アウェーで苦しみながらもハルに逆転勝利したマンチェスター・ユナイテッド。2点差をひっくり返したチームに指揮官は満足している。香川真司はベンチ入りしたものの出番なし。負傷者が続出し、退場者も出た。次節こそ出場するのではないだろうか。

かつての“未開の地”が挑む“サッカー大国”への道。クリンスマン監督はW杯でアメリカを躍進させることができるか?

かつての“未開の地”が挑む“サッカー大国”への道。クリンスマン監督はW杯でアメリカを躍進させることができるか? 2013.12.27

かつては選手としてだけでなく監督としてもドイツ代表を牽引したクリンスマン。その英雄がアメリカ代表監督としてW杯に帰ってくる。自国開催の94年大会以降、コンスタントに成績を残してきたアメリカ。かつての“サッカー未開の地”はブラジルW杯で“サッカー大国”になるために、大いなる挑戦を仕掛ける。

“宝石箱”のような中盤。大会屈指の構成力を持つガーナはブラジルW杯で旋風を巻き起こせるか?

“宝石箱”のような中盤。大会屈指の構成力を持つガーナはブラジルW杯で旋風を巻き起こせるか? 2013.12.26

前回大会でベスト8に入ったガーナ。躍進したチームは主力が残り、新戦力も台頭している。狙うのはブラジルW杯でも同等以上の成績だ。“ブラックスターズ”は再び旋風を巻き起こすことが出来るのか?

ブラジルW杯唯一の初出場、ボスニア。祖国を窮地から救ったオシムはベテランの復帰を提言

ブラジルW杯唯一の初出場、ボスニア。祖国を窮地から救ったオシムはベテランの復帰を提言 2013.12.26

ブラジルW杯で唯一となる初出場の国がボスニア・ヘルツェゴビナだ。新参ではあるが、ジェコ、ピャニッチなど欧州サッカーでは馴染みのタレントが揃う。勝ち抜くためにはさらなる成長が必要だが、かつて祖国を窮地から救ったオシムはベテランの復帰を提言する。

かつては酷評も今は溺愛。“キャプテン”メッシはなぜアルゼンチン代表でも輝けるようになったのか?

かつては酷評も今は溺愛。“キャプテン”メッシはなぜアルゼンチン代表でも輝けるようになったのか? 2013.12.26

南米予選を首位で勝ち上がったアルゼンチン。かつてはメッシという至宝を抱えながら、彼を活かすことができず、バルサとはまるで異なるパフォーマンスのメッシ自身も批判に晒された。だが、今ではチームのキャプテンにも指名され、国民が愛するヒーローとなっている。メッシはなぜ輝けるようになったのか? 代表チームの軌跡を追った。

圧倒的な攻撃力と新星ボランチの台頭。CL出場権も狙える躍進を続ける“スーパー・ボルシア” 2013.12.25

ブンデスリーガで躍進を続けるチームがある。現在3位につけ、CL出場圏内。圧倒的な攻撃力と若きボランチに牽引され、メディアからもその戦いは称賛されている。“スーパー・ボルシア”と呼ばれるそのチームは、ドルトムントではなく、あの内弁慶チームだ。

新着記事

↑top