海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

ワールドカップ出場を目指す北朝鮮代表 彼らが推し進める改革とは? 2013.11.25

2010年の南アフリカW杯に44年ぶりに出場を果たした北朝鮮代表。しかし2014年ブラジルW杯は、3次予選で敗退した。日本、韓国の後塵を拝する北朝鮮代表が、将来的なW杯出場に向けて改革プランを掲げている。その内容に迫る。

20131123_gera

母国の誇りはどこへ? W杯抽選会で“強運”を願うイングランド代表の現状 2013.11.23

W杯出場を決めたイングランド代表だが、自国での期待値は低い。低調なパフォーマンスを繰り返し、不安要素だらけ。サッカーの母国としての誇りはどこへ行ったのか。

20131123_japan

日本151倍は妥当か? 英ブックメーカーのオッズから、W杯32か国の本当の実力を読み取る。 2013.11.23

来年ブラジルで行われるワールドカップに出場する、全32か国が決定した。それに合わせ、英大手ブックメーカー『ウイリアム・ヒルズ』がW杯優勝オッズを発表した。日本代表を含め、このランキングから見る各国の実力を分析する。

20131123_yokokhama

アジア最古のリーグへ。横浜FC香港の挑戦と苦闘 2013.11.23

昨年、横浜FCが香港リーグへ参戦した。なぜ香港へ挑戦するのか。そして日本では馴染みのない香港リーグの現状とは何か。アジアのサッカーシーンを追う記者が、横浜FC香港の社長へのインタビューをもとにレポートする。

20131123_messi2

原因は複数ある? 憶測飛び交うメッシの負傷。スペインとアルゼンチンで起こる喧騒を追う 2013.11.23

メッシが負傷した。年内復帰は難しいという。エースの離脱に、バルサ、そしてアルゼンチンでは何が原因なのかを探る騒動まで起こっている。両国での喧騒を追った。

マンUで“外せない選手”になるために――。今季リーグ戦合計わずか7本。香川に求められるシュートを打つ姿勢

マンUで“外せない選手”になるために――。今季リーグ戦合計わずか7本。香川に求められるシュートを打つ姿勢 2013.11.21

代表戦で良好なパフォーマンスを披露した香川真司。週末にはリーグ戦が待っているが、これまでの傾向だとベンチスタートが濃厚だ。代表戦の後でも信頼させ、モイーズ監督が外せなくなるためには何が必要か。まず改善すべきはシュートをもっと打つことだ。

[惜しくもW杯出場ならず]小国サッカー界の優等生、アイスランドサッカー成長の軌跡

[惜しくもW杯出場ならず]小国サッカー界の優等生、アイスランドサッカー成長の軌跡 2013.11.20

北極圏直下に浮かぶ火山島の小さな国アイスランド。人口が少なく、平均気温も低い。また、過去には金融危機も起こった。にもかかわらず、人々は前を向き優秀なサッカー選手を輩出し続けている。小国の持つ可能性を現地取材によりレポートする。

【現地ベルギーから最新情報】負けられない日本戦。“赤い悪魔”が警戒心を強めるザックジャパン

【現地ベルギーから最新情報】負けられない日本戦。“赤い悪魔”が警戒心を強めるザックジャパン 2013.11.19

本日深夜、日本と対戦するベルギー。オランダと引き分けた日本へ、彼らは警戒心を強めている。現地メディア、識者、ベルギー代表選手たちのコメントから読み解いていく

なぜ「赤い悪魔」と呼ばれるのか? 試合前に知っておきたいベルギー代表とお国事情

なぜ「赤い悪魔」と呼ばれるのか? 試合前に知っておきたいベルギー代表とお国事情 2013.11.19

本日深夜、日本代表と対戦するベルギー代表。有名選手がいることから選手名は多くの人が知っているだろうが、お国事情はどうだろうか。例えば代表チームの愛称でもある「赤い悪魔」。その由来は意外と知られていない。

強豪国の仕上がり具合は? 共に不安要素を抱えるドイツとイタリア

強豪国の仕上がり具合は? 共に不安要素を抱えるドイツとイタリア 2013.11.18

15日、イタリア代表対ドイツ代表の親善試合が行われ、1-1の引き分けに終わった。新たな挑戦をするドイツ、これまで継続してきたことを続けたイタリア。対照的な両国だが、ともに課題を残す内容であった。

中南米の2ステージ制は成功しているか?

中南米の2ステージ制は成功しているか? 2013.11.15

2リーグ制への移行に、ファンは「世界の本流に外れる」と反対の理由を挙げる。大切なのは本流かどうかであるより、それが日本によって最良かどうかだろう。『サッカー批評issue65』(双葉社)では世界の実態を探るべく、各地の事情をレポート。その中から、中南米編を紹介する。

マンUのサッカーは本当に“つまらない”のか。香川が挑むフットボールの国の壁とは?

マンUのサッカーは本当に“つまらない”のか。香川が挑むフットボールの国の壁とは? 2013.11.15

マンチェスター・ユナイテッドのサッカーに香川は「合っていない」という意見がある。まさにそこに過去の日本人選手が活躍出来なかった「壁」がある。母国のフットボールに脈々と受け継がれているもの。それこそが「壁」の正体である。

なぜオレンジがメインカラー? 対戦前に知っておきたいオランダ代表とお国事情

なぜオレンジがメインカラー? 対戦前に知っておきたいオランダ代表とお国事情 2013.11.15

日本代表とも何度も対戦しているオランダ代表。88年の欧州選手権の優勝国であり、2010年南アフリカワールドカップ(W杯)では準優勝している強豪国だ。サッカーファンにはお馴染みの国だが、意外と知られていない事実も多い。オランダとは一体どんな国なのか?

20131115_olanda

現地記者が迫るオランダ代表の本気度。「コロンビアより上」と監督はザックジャパンを評価 2013.11.15

明日、日本代表と対戦するオランダ代表。対戦相手のファン・ハール監督は日本にどのようなイメージを抱いているのか。そして、エースであるファン・ペルシーの不在の中、どのように戦おうとしているのか。現地オランダ在住記者が分析する。

CSKA監督の最新コメントなどからロシア人記者が本田の未来を分析。ミラン合流のXデーと活躍の可能性

CSKA監督の最新コメントなどからロシア人記者が本田の未来を分析。ミラン合流のXデーと活躍の可能性 2013.11.14

CSKAに密着するロシア人記者は本田の移籍を肌で感じているようだ。監督コメントからもそれはうかがえる。では、実際の合流はいつになるのか? そして新チームで活躍出来るのか?
(翻訳・構成:山田一仁)

新着記事

↑top