海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

20131209_hon_rokukawa

W杯組み分けに警戒するホン監督「悪くないが、有利なことはない」。韓国メディアは日本を評価「突破の可能性高い」 2013.12.09

ブラジルW杯の組み分けを韓国はどう捉えているのか。メディアは「期待できる」とする意見が多かったが、ホン・ミョンボ監督はいたって冷静だ。そして日本については高い評価している意見が多かった。

20131207_world1

日本がW杯初戦で対戦。“アフリカ最強”コートジボワールに弱点はあるか? 2013.12.09

ブラジルW杯のグループステージの組み分けが決まった。日本の初戦の相手はコートジボワール。アフリカ最強の呼び声高く、個々の選手を知っている日本のサッカーファンも多いだろう。果たしてこの難敵に弱点はあるのか?

20131208_kagawa

要因は香川不在だけでなく――。4戦未勝利のマンU、不調を招いた中盤のクオリティ不足 2013.12.08

昨日の試合でニューカッスルに敗れたマンチェスター・ユナイテッド。またもホームで屈辱の敗戦を喫してしまったわけだが、敗因はどこにあるだろうか? また香川欠場の影響はあるのか?

20131208_sakaig

パス本数下回るも走力で圧倒したシュトゥットガルト。酒井高徳はなぜ酒井宏樹より1.5キロも多く走れたのか? 2013.12.08

日本人サイドバックがあいまみえたシュトゥットガルト対ハノーファーの一戦。シュトゥットガルトを勝利に導いた要因の一つに走行距離がある。相手よりも走れた要因はどこにあったのか? また酒井高徳はなぜ酒井宏樹より1.5kmも多く走れたのか?

20131208_honda

ブラジルが見たW杯展望。日本の勝ち抜け予想少なく「技術に欠ける」と厳しい評価 2013.12.08

グループリーグの抽選会が終わったブラジルW杯。現地メディアはどう見ているのか。一線級の識者が有力国の勝ち抜け予想、展望を語った。果たして日本はどのような評価を受けているのか?

20131207_world2

敗退は許されない“楽な組”に入ったザックジャパン。W杯グループCをどう戦うべきか? 2013.12.07

ブラジルW杯、日本の対戦相手が決まった。コートジボワール、ギリシャ、コロンビアだ。果たしてこの組み分けをどう見るべきなのか。そしてザックジャパンはどう戦うべきなのか。

20131207_cal

香川を機能させる起用法とは? トップ下起用で攻撃に化学変化をもたらす理想的布陣を探る 2013.12.07

トップ下で起用されることが増えている、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司。CLのレバークーゼン戦では輝きを見せたが、続くトッテナム戦、エバートン戦では見せ場を作ることができなかった。香川がトッテナム戦で輝けなかった理由とは?

20131206_fagi

モイーズもいずれ追随する?! マンU前監督ファーガソンはなぜ批判されなかったのか? 2013.12.06

マンチェスター・ユナイテッドの前監督アレックス・ファーガソン。チームの調子が上がらない時期もあったが、批判は驚くほど少なかった。27年の長期政権の裏に隠された、ファギー流メディア統制術に迫る。

気温差約25℃、総移動5500キロになることも。対戦国だけではないW杯の「死の組」

気温差約25℃、総移動5500キロになることも。対戦国だけではないW杯の「死の組」 2013.12.06

本日深夜、W杯の抽選会が行われる。ザックジャパンにとってはグループステージでは出来るだけ強豪国は避けたいところだが、それ以外にも注意すべき点がある。それはブラジルの気候、そして広大な国土だ。灼熱の大地で強いられる長距離移動は選手たちのコンディションに大きく影響を与える。

香川の交代で狂ったリズム。現地識者は「マンUはモイーズによって退化した」と敗戦の指揮官を非難

香川の交代で狂ったリズム。現地識者は「マンUはモイーズによって退化した」と敗戦の指揮官を非難 2013.12.05

ホームでエバートンに敗れたマンチェスター・ユナイテッド。試合後には監督への非難が多く出た。では、敗因はどこにあったのか。ポイントは香川を交代させた後にあったようだ。

日本代表ベスト16のカギはポッド2にあり。難敵揃うアフリカ勢をどう攻略すべきかのか?

日本代表ベスト16のカギはポッド2にあり。難敵揃うアフリカ勢をどう攻略すべきなのか? 2013.12.05

いよいよW杯の抽選会が明日に迫った。果たして日本はどこになるのか。この組み分けで決勝トーナメント進出の可能性が大きく変わるのは間違いない。日本がベスト16へ進出するカギはどこにあるのか。ポイントは同居する確率が高いアフリカ勢だ。

20131205_kagawa_yamakaz

「あてもなく放浪」「香川に依存している」。敗れたエバートン戦のマンU・香川に賛否両論の現地メディア評価 2013.12.05

4日に行われたプレミアリーグ第14節で、マンチェスター・ユナイテッドはホームでモイズ監督の古巣であるエバートンと対決したが、0-1で敗戦を喫した。香川は3試合連続で先発出場を果たした。現地メディアの評価は?

バルサは伝統を捨てたのか? 経営面から見る胸スポンサーを導入せざるを得なかった理由

バルサは伝統を捨てたのか? 経営面から見る胸スポンサーを導入せざるを得なかった理由 2013.12.04

2006年、バルサ100年以上の誇りに終止符が打たれた。ユニフォームの胸部分に初めてロゴが入れられたのだ。今やバルサの経営に欠かせない収入源となった胸スポンサーから、バルサの経営に迫る。

20131204_sakai1

ライバル復帰も替える理由はない――。成長を続ける酒井宏樹が勝ち取った『信頼感』 2013.12.04

フランクフルト戦に勝利し、連敗を止めたハノーファー。日本人SB酒井宏樹はこの日も先発フル出場、勝利に貢献した。成長を続ける酒井はチーム内での存在感も大きくなり、監督からの信頼も勝ち得た。ライバルであるチェルンドロが復帰したが、彼をすぐ替える理由はない。

20131204_cari

マンUの中では貴重な存在。MFマイケル・キャリックはなぜ香川真司と呼吸が合うのか? 2013.12.04

ここ数戦、トップ下起用が続いた香川真司。だが、試合によって評価は大きく異なる。活躍できなかった要因として挙げられることが多いのが、香川と合う選手の不在だ。最も呼吸が合う選手と言われているのがマイケル・キャリック。彼はなぜ香川と合わせられるのか?『サッカー好きほど知らない戦術の常識』(カンゼン)の中で清水英斗氏が分析している。

新着記事

↑top