海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

3季連続欧州の舞台で優勝を経験した香川真司。ファーガソンも「来季はもっと良くなる」と高評価

3季連続欧州の舞台で優勝を経験した香川真司。ファーガソンも「来季はもっと良くなる」と高評価 2013.04.23

22日、マンチェスター・ユナイテッドがアストン・ビラを下し、プレミアリーグで優勝を決めた。香川真司はトップ下で先発し、何度かチャンスを演出、勝利に貢献した。来季に向け、ファーガソンは香川をどのように評価しているのか? そしてルーニーとの縦関係で見えたユナイテッドの未来形とは?

なぜ清武は孤立するのか? ニュルンベルクの課題を徹底分析

なぜ清武は孤立するのか? ニュルンベルクの課題を徹底分析 2013.04.23

21日に行われたブンデスリーガ第30節、ニュルンベルク対グロイター・フュルトの一戦は0-1でアウェイのグロイター・フュルトが勝利した。清武弘嗣は先発フル出場したものの、得点を演出することが出来なかった。現状のニュルンベルクの課題とは何か? “清武頼み”となっているチームを分析する。

サッカークラブを超えた存在 ~スウェーデンの移民クラブを訪ねて~(前編)

サッカークラブを超えた存在 ~スウェーデンの移民クラブを訪ねて~(前編) 2013.04.22

近年、移民を積極的に受け入れてきたスウェーデン。経済成長期に貴重な労働力となったが、犯罪率の増加など問題も起こっている。そうした面を改善すべく活動しているのが、同国のマルメ・ローセンゴード地区にあるサッカークラブ「FCローセンゴード」だ。国内でも特に移民の多いこの地区で、同クラブが担っている役割とは一体何か。現地にあるクラブを訪ね、その取り組みに迫った。

マンチェスター・ユナイテッドで徐々に理解が進む“正しい香川の使い方”

マンチェスター・ユナイテッドで徐々に理解が進む“正しい香川の使い方” 2013.04.20

ウェストハム・ユナイテッドで2点に絡んだ香川。今季、ベストに近いパフォーマンスを見せた。その前節のストークシティ戦と合わせ、香川は安定して良いパフォーマンスを見せられるようになってきている。その要因はどこにあるのだろうか。

香川はなぜ活きた? 動きの質を支えるキャリックの存在感

香川はなぜ活きた? 動きの質を支えるキャリックの存在感 2013.04.18

17日に行われたウェストハム対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、2-2の引き分けに終わった。香川真司は先発出場し、2つのゴールに絡む活躍。現地メディアも高い評価を与えた。

確立された対バルサ戦術とメッシ封じ。「バルサ対策」への「対策」は可能か?

確立された対バルサ戦術とメッシ封じ。「バルサ対策」への「対策」は可能か? 2013.04.18

数年前と比べバルセロナを相手にしても互角、あるいはそれ以上の戦いができるチームが増えてきた。徐々に確立されてきたバルサ対策とはどんなものか? そしてバルサはそれを打ち破ることができるのか?

【名将インタビュー】サム・アラダイス

【名将インタビュー】サム・アラダイス ~ポゼッションを破壊する揺るぎないロングボール戦術~(後編) 2013.04.18

昇格組ながら32節を終えて12位とウェストハムが好調を維持している。特筆すべきは指揮官サム・アラダイスが採る戦術だ。前線にどんどんロングボールを放り込み、ファウル覚悟のタックルで相手を止める。パスサッカーがトレンドの時代になぜそこまでオールドスタイルにこだわるのか?ビッグ・サムに話を聞いた。

サム・アラダイス ~ポゼッションを破壊する揺るぎないロングボール戦術~

【名将インタビュー】サム・アラダイス ~ポゼッションを破壊する揺るぎないロングボール戦術~(前編) 2013.04.17

昇格組ながら32節を終えて12位とウェストハムが好調を維持している。特筆すべきは指揮官サム・アラダイスが採る戦術だ。前線にどんどんロングボールを放り込み、ファウル覚悟のタックルで相手を止める。パスサッカーがトレンドの時代になぜそこまでオールドスタイルにこだわるのか?ビッグ・サムに話を聞いた。

必然だったバルサの苦戦。攻撃が停滞する要因は何か?

必然だったバルサの苦戦。攻撃が停滞する要因は何か? 2013.04.17

リーグは優勝確実、CLも準決勝に進出しているが、今ひとつ昨季のような強さを取り戻せていないバルセロナ。単なるコンディションによるものと言われたが果たしてそれだけなのか? また日に日に強まるメッシ頼みのサッカーはバルサに何をもたらすのか?

アジアの盟主をめぐる韓国メディアとファンの想い ~韓国で香川真司の報道が過熱する理由~

アジアの盟主をめぐる韓国メディアとファンの想い ~韓国で香川真司の報道が過熱する理由~ 2013.04.16

マンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司を巡って、“熱愛報道”が英国から飛び火し、韓国メディアを賑わせた。韓国のフットボールファンの間で話題となったゴシップの顛末を追うとともに、香川に注目する理由に迫った。

メッシ

驚異的なペースで得点を量産する“外国人”メッシ。彼はバルサの歴史を変えられるか? 2013.04.16

今季も圧倒的なパフォーマンスで得点を量産するリオネル・メッシ。歴史を振り返ると、メッシ以上にゴールを決めた選手がいる。彼はどんな人物か? 果たしてメッシはクラブの記録を塗り替えることができるのか?

わずか8分間で交代。インテル・長友佑都に何が起こったのか?

わずか8分間で交代。インテル・長友佑都に何が起こったのか? 2013.04.15

14日、久しぶりに公式戦に復帰したインテル・長友佑都。後半途中から投入されるも、すぐに負傷しピッチを後に。わずか8分間の出場だった。長友に何が起こったのか? 現地記者がレポートする。

イブラヒモビッチへのPSGの負担は年額39億円から77億円に!? 高額課税がもたらすリーグ1の弱体化

イブラヒモビッチへのPSGの負担は年額39億円から77億円に!? 高額課税がもたらすリーグ1の弱体化 2013.04.13

社会党政権の発足により新たに発表されたフランスの高額課税。100万ユーロを超える分に75%を課すもので、これが正式に施行されればクラブが税金も負担するパリ・サンジェルマンはイブラヒモビッチに年額77億円もの支払いをするハメになる。果たしてこの税制改正がフランスサッカー界にもたらすものとは。

CL抽選会。ベスト4は“決勝クラシコ”のためのマッチメークか?

CL抽選会。ベスト4は“決勝クラシコ”のためのマッチメークか? 2013.04.12

チャンピオンズリーグ・ベスト4の組み合わせ抽選会が行われた。ただ抽選会は本当に行われていたのか? マッチメークだと疑念を抱く筆者がUEFAの思惑について考察する。

バイエルンはなぜユベントスを圧倒できたのか? ドイツ王者の強さに迫る

バイエルンはなぜユベントスを圧倒できたのか? ドイツ王者の強さに迫る 2013.04.11

10日に行われたチャンピオンズリーグのベスト8、ユベントス対バイエルン・ミュンヘンの一戦は、アウェーのバイエルンが2-0で勝利した。イタリア王者を敵地で圧倒したドイツの巨人。優勝へ向けて突き進むバイエルンの強さに迫る。

新着記事

↑top