海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

香川の最適ポジションはトップ下か、中盤か。現地識者でも意見分かれる。確定的なのは出場機会の少なさ

香川の最適ポジションはトップ下か、中盤か。現地識者でも意見分かれる。確定的なのは出場機会の少なさ 2014.08.14

ルイス・ファン・ハール監督の就任で息を吹き返したマンチェスター・ユナイテッド。しかし、香川真司に明るい兆しは見えない。移籍を望む声も残留を伝える報道もある中、現地ではどのような意見があるのだろうか?

香川、トップ下で途中出場も力を発揮出来ず。現地評価では最低点も「中盤と攻撃のつなぎ役にはならなかった」

香川、トップ下で途中出場も力を発揮出来ず。現地評価では最低点も「中盤と攻撃のつなぎ役にはならなかった」 2014.08.13

本拠地でバレンシアとプレシーズンマッチを行ったマンチェスター・ユナイテッド。2-1で勝利したが、指揮官は満足していないようだ。香川は後半途中から出場。しかし低パフォーマンスに終わり、現地も評価しなかった。

PSGの独走に待ったをかけるのはマルセイユか。フランスに活気をもたらす狂気の男、ビエルサ

PSGの独走に待ったをかけるのはマルセイユか。フランスに活気をもたらす狂気の男、ビエルサ 2014.08.12

他のビッグリーグより一足早く開幕したリーグアン。優勝候補は今季もパリ・サンジェルマンだが、注目はマルセイユだ。昨季は6位と落ち込んだが、今季はビエルサ新監督を招聘。狂気と言われる男の色が早くも出始めている。

移籍して大きくなったレヴァンドフスキの存在感。旧エースの幻影との戦いを強いられるドルトムント

移籍して大きくなったレヴァンドフスキの存在感。旧エースの幻影との戦いを強いられるドルトムント 2014.08.12

毎年のように主力が引き抜かれるドルトムント。昨季はエースFWのレヴァンドフスキをバイエルンへ奪われた。穴を埋めるべく補強はしたが、そう簡単にはいかない。レヴァンドフスキの幻影との戦いはしばらくは強いられそうだ。

20140810_kakitani1_getty

柿谷、移籍後初ゴール&アシスト。チームを救う活躍で熱狂的サポーター湧かせる。成長出来る環境整ったバーゼルへの移籍は「大正解」 2014.08.10

スイス・スーパーリーグ第4節でバーゼルはチューリッヒを4-1で下した。この試合で途中出場した柿谷曜一朗は、1ゴール1アシストの活躍。欧州でも屈指の熱狂的なサポーターを湧かせ、監督の評価も大きく上げた。

20140810_fangahl_getty

明確になった選手の役割、全てが連動する3-4-1-2。マンUは昨季と何が変わったのか? 新指揮官のスタイルを読む 2014.08.10

ルイス・ファン・ハール監督にチーム再建を託したマンチェスター・ユナイテッド。プレシーズンのカップ戦「インターナショナル・チャンピオンズカップ」では優勝という結果を出したが、ここまでの試合でファン・ハールのスタイルは見えたのだろうか。

20140809_okubo3_asian

タイでのチャンスに懸ける元山形・大久保剛志インタビュー「クビになった後の3ヶ月があるから今がある」 2014.08.09

14年シーズンからタイのビッククラブのひとつバンコクグラスでプレーする大久保剛志。ベガルタ仙台、ソニー仙台、モンテディオ山形と渡り歩いた後に辿り着いたタイ。数々の困難を乗り越え、ひたむきにプレーする大久保剛志に迫った。

ラオスリーグ得点王の日本人、本間和生。ハンガリーでもまれた“東欧のサムライ”、特異な環境が日本人離れのプレーを育む

ラオスリーグ得点王の日本人、本間和生。ハンガリーでもまれた“東欧のサムライ”、特異な環境が日本人離れのプレーを育む 2014.08.08

ラオスで得点王となった日本人選手、本間和生。東欧ハンガリーで長く活躍。着実に結果を残し続けただけに、その実力は確かだ。近年、日本人選手の移籍が増えている東南アジアの可能性を更に高める存在となりそうだ。

ドイツ5部ヴッパータールSV、小さなモノレールの街にも息づくフットボール。街の人々は時間を重ねてクラブに愛着

ドイツ5部ヴッパータールSV、小さなモノレールの街にも息づくフットボール。街の人々は時間を重ねてクラブに愛着 2014.08.08

ドイツ5部ヴッパータールSVがレバークーゼンとテストマッチを行った。ヴッパータールの人々は、欧州CL常連クラブとの対戦であっても穏やかに観戦。一方的な展開でも暖かく見守った。

本田、生き残るための最低条件は「右WGならサイドの守備、左インサイドなら攻守両面の運動量」。そして自らをアピールせよ

本田、生き残るための最低条件は「右WGならサイドの守備、左インサイドなら攻守両面の運動量」。そして自らをアピールせよ 2014.08.07

インターナショナル・チャンピオンズカップを3戦全敗で終えたミラン。この大会で右ウイングとして起用された本田圭佑だが、インパクトを残せずにいる。インザーギ監督の下、新たなチームでシーズンを迎えるミランで生き残る道はあるのだろうか?

世界一の代理人ジョルジュ・メンデス。今夏の利益は約100億円の可能性も。クラブやファンには“悪徳”も選手には“敏腕”な存在

世界一の代理人ジョルジュ・メンデス。今夏の利益は約100億円の可能性も。クラブやファンには“悪徳”も選手には“敏腕”な存在 2014.08.06

年々高騰し続ける選手の移籍金。その裏には代理人の存在がある。クリスティアーノ・ロナウドを筆頭にスター選手を顧客に抱えるジョルジュ・メンデス。今シーズンはハメス・ロドリゲスを約110億円でレアル・マドリーへ移籍させたが、合計でどれほどの利益を得たのだろうか?

ルーニーを讃えたファン・ハール「彼は常に勝利者。MVPに値した」。決定機逃した香川、地元メディアは低評価の5点

ルーニーを讃えたファン・ハール「彼は常に勝利者。MVPに値した」。決定機逃した香川、地元メディアは低評価の5点 2014.08.06

「インターナショナル・チャンピオンズカップ」で優勝を手にしたマンチェスター・ユナイテッド。大会を通して活躍し、決勝で同点ゴールを決めたウェイン・ルーニーをルイス・ファン・ハール監督は称賛。一方で香川真司はコントロールミスによって最大のアピールチャンスを逃した。

マンU「ICC」制覇も、2シーズンで失われた香川の輝き。「長いシーズン、必ず出番は来る」で満足か?

マンU「ICC」制覇も、2シーズンで失われた香川の輝き。「長いシーズン、必ず出番は来る」で満足か? 2014.08.05

プレシーズンのカップ戦「インターナショナル・チャンピオンズカップ」で優勝を果たしたマンチェスター・ユナイテッド。香川真司は、この試合も後半途中から出場したが、やはりドルトムント時代の輝きは失われている。その輝きを取り戻すには移籍しか道はないのか。

ドイツの“日本人街”デュッセルドルフ。2部ながら開幕戦で4万人超。熱気溢れるスタジアムに広がる異国の輪

ドイツの“日本人街”デュッセルドルフ。2部ながら開幕戦で4万人超。熱気溢れるスタジアムに広がる異国の輪 2014.08.05

ドイツ・ブンデスリーガでは、1部に先がけて2部リーグが開幕した。オープニング・ゲームとなったのは、ドイツの“日本人街”デュッセルドルフ。2部ながら4万人以上を集め、熱気に溢れる光景があった。

チームと同じく明暗分かれた日本人選手。インテル長友は“右でも不動”、ミラン本田は“控えにも名前なし”

チームと同じく明暗分かれた日本人選手。インテル長友は“右でも不動”、ミラン本田は“控えにも名前なし” 2014.08.04

インターナショナル・チャンピオンズカップで好対照な結果に終わったインテルとミラン。チーム同様、日本人選手の評価も対称的だ。長友佑都は右サイドでも厚い信頼を得たが、本田圭佑はリザーブにすら名前がない状況だという。

新着記事

↑top