海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

地元記者から飛んだ厳しい糾弾。ベローナの餌食となったミラン、インザーギ解任は不可避か 2015.03.09

ミランは7日、エラス・ベローナ戦と対戦。年明けから一向に調子の上がらないミランは、フィリッポ・インザーギ監督の周辺も騒がしくなってきている。そして、エラス・ベローナ戦の結果を受けてひとつの“結論”に至ろうとしている。

トップ下2番手でもなく序列下がる本田。「真面目」は褒め言葉か? 再びエゴをむき出しにする姿を 2015.03.08

セリエA第26節、ミランはホームでヴェローナと対戦して2-2と引き分けた。ボナベントゥーラがインサイドハーフとして起用されたものの、本田圭佑はベンチスタート。起用が激減する中で自らの思いを押し殺すことはプラスとなるのだろうか。

0-0はHSVの粘り勝ち。春眠を誘うドルトムントの攻撃。香川は「試合に入り切れなかった」 2015.03.08

ブンデスリーガ第24節、ドルトムントはアウェイでハンブルガーSVと0-0のドロー。香川真司はトップ下として先発したものの、効果的なプレーができず交代。勝ち点1を分け合う結果は、HSVに軍配といえるだろう。

連勝ストップ。香川が語る出し手と受け手の葛藤「自分を出していかないといけないのかな」 2015.03.08

ブンデスリーガ第24節。ドルトムントはアウェイでハンブルガーSVと対戦して0-0のドロー。リーグ戦4連勝と波に乗る中で迎えた一戦、勝利の期待は高かったが得点を奪うことはできなかった。

本田圭佑が示した“チームプレー”の意識とは? インザーギも認めるプロの姿勢 2015.03.07

ミランは7日のナイトゲームで15位ベローナと対戦する。前節のキエーボ戦で本田圭佑は途中出場もチームを勝利に導くことはできず、アウェイとはいえ格下のキエーボと引き分けてしまい、連勝とはならなかった。

対戦成績では不利も――。軌道に乗るドルトムントに不安なし。HSV戦、香川は先発へ 2015.03.07

ブンデスリーガ第24節、ドルトムントはアウェイでHSVと対戦する。過去10試合、HSVホームの試合では相性の悪さを示しており、ドルトムントのホームで行われた10月の試合では0-1と敗戦。それでも、軌道に乗った今、地元紙はドルトムントの勝利は確実なものと見ている。

チェルシーファンの差別行為から考える。英国に蔓延る差別問題の根底とは? 2015.03.06

チャンピオンズリーグ(CL)の試合終了後、一部のチェルシーファンが黒人男性の電車への乗車を拒否した問題をはじめ、英国では改めて差別問題に目が向けられている。この問題の根底には、英国人が持つ差別に対する意識が大きく関係していた。

支配率78%を可能とする「守備力」。ペップの理想を体現したバイエルンの貪欲さ 2015.03.06

DFBポカール・ベスト16、バイエルンは2部ブラウンシュバイクを相手に完勝を収めた。そして、何よりも目立っていたのは貪欲な姿勢。そこには、ペップ・グアルディオラ監督が求める理想があった。

モウリーニョ、マティッチがカップ戦優勝祝いで足首負傷と明かす 2015.03.05

ジョゼ・モウリーニョ監督は4日、ネマニャ・マティッチが1日のキャピタル・ワン・カップ決勝で優勝を祝う際に負傷し、1-0で勝利した4日のウェストハム戦では、出場停止でなくてもプレーできなかったと明かした。

敗戦の3部ドレスデンに賛辞、勝利のドルトムントに暗雲…。対照的な反応の各地元紙 2015.03.05

DFBポカールのベスト16、ドルトムントは3部ディナモ・ドレスデンに2-0と勝利を収めたが、マルコ・ロイスが負傷退場。上昇気流に乗るチームにおいて中心として活躍していただけに地元紙は懸念を示した。一方でドレスデンの地元紙はトップクラブ相手に善戦した姿に賛辞を送った。

豪州サッカー、一時代の終焉――。“スキンヘッドのテクニシャン”ブレシアーノに贈るトリビュート 2015.03.05

オーストラリア代表を長年支えてきたマーク・ブレシアーノが代表引退を発表した。イタリアで成功を収め、スキンヘッドという独特の風貌ながら高いスキルで愛されてきたレジェンドの軌跡をたどる。

マンCが目論む次の巨額投資先――。CLで勝てない現監督に不満、ペップとアンチェロッティが候補に 2015.03.04

潤沢な資金を持つマンチェスター・シティがシーズン後に新たな監督を迎え入れるかもしれない。クラブは現在のペジェグリーニ監督の成績に不満を持っている。リストアップしているのは、欧州での屈指の名将だ。

「よりクレバーにシンプルに」。余裕を感じたクロップの言葉。香川は低調も、地力を示したドルトムント 2015.03.04

ドルトムントはアウェイで3部ディナモ・ドレスデンを2-0と下した。守備を固めた相手に対して余裕を感じさせた指揮官に、自力を示した選手たち。決勝の地ベルリンへ、さらなる一歩を踏み出した。

ポール・スコールズ:審判に影響力を及ぼしたいモウリーニョの試みは裏目に出ている 2015.03.04

イングランド代表として、そしてマンチェスター・ユナイテッドの一員として輝かしいキャリアを歩んできたポール・スコールズ氏は、プレミアリーグで度々議論となっている審判の判定について言及した。以下、スコールズ氏のインタビュー全文である。

「決勝は目標のまま」。自信取り戻したドルトムント。ドイツ杯3部ドレスデン戦、香川先発の可能性も 2015.03.03

ブンデスリーガで4連勝と波に乗るドルトムント。次に迎えるのはドイツカップのベスト16、ディナモ・ドレスデン戦だ。3部相手とはいえ、決勝進出のためには負けられない一戦、香川真司がトップ下で先発する可能性も十分にある。

新着記事

↑top