海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

20130426_tottenham_kaz

好調スパーズを牽引する“モンスター”ギャレス・ベイルはメッシ、クリロナを超えられるか 2013.04.26

スパーズが好調だ。アーセナルを抑えてプレミアリーグ4位とCL出場を視野に入れている。チームを支えるのはギャレス・ベイル。左SBとしてデビューし、現在はトップ下もこなす。ワールドクラスの実力を持つベイルはメッシやクリロナを超えることができるのか?

20130426_dortmund_kaz

レアルの豪華攻撃陣はなぜドルトムントの前に無力だったのか 2013.04.26

24日のチャンピオンズリーグ、ベスト4でドルトムントがレアル・マドリーに完勝した。ホームとはいえ、スペインの巨人に何もさせずに勝利できたのはなぜなのか? クロップが仕掛けた戦術を徹底分析する。

20130425_dortmund

ドルトムント完勝。レアルを完全に封じ込めたクロップ監督の戦術 2013.04.25

4日に行われたチャンピオンズリーグのベスト4、ボルシア・ドルトムント対レアル・マドリーの一戦は4-1でドルトムントが完勝した。大敗してしまったマドリー。一体何が起こったのか?

バルサは奇跡の逆転劇のために“メッシ外し”ができるか?

バルサは奇跡の逆転劇のために“メッシ外し”ができるか? 2013.04.25

チャンピオンズリーグの準決勝、バルセロナはバイエルン・ミュンヘンに0-4と大敗した。厳しい状況に追い込まれたバルサだが、奇跡の逆転劇が起こる可能性はあるのか?

20130425_manu1

最後まで未完成だったマンチェスター・ユナイテッドがリーグ戦で独走できた理由 2013.04.25

マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグでの優勝を早々と決めた。2位に大差をつけての独走だったが、チームとしてはまだ熟成しているとは言い難い。未完成のチームはなぜリーグ戦で圧勝できたのか? 現地記者が分析する。

打ち合い必至のドルトムント対レアル。超ハイスピードな展開に注目!

打ち合い必至のドルトムント対レアル。超ハイスピードな展開に注目! 2013.04.24

24日、チャンピオンズリーグのベスト4、ボルシア・ドルトムント対レアル・マドリーの一戦が行われる。グループステージでも対戦したこのカードだが、マドリーはリベンジすることができるのか? あるいは勢いに乗るドルトムントが勝ち名乗りを上げられるのか?

同じ過ちを繰り返したメッシ。必然だったバイエルン戦での完敗

同じ過ちを繰り返したメッシ。必然だったバイエルン戦での完敗 2013.04.24

23日に行われたチャンピオンズリーグのベスト4、バイエルン・ミュンヘン対バルセロナの一戦は4-0でバイエルンが完勝した。思わぬ大差が付いたのはなぜか。バイエルンの守備、バルサの問題点から検証する。

サッカークラブを超えた存在 ~スウェーデンの移民クラブを訪ねて~

サッカークラブを超えた存在 ~スウェーデンの移民クラブを訪ねて~(後編) 2013.04.23

近年、移民を積極的に受け入れてきたスウェーデン。経済成長期に貴重な労働力となったが、犯罪率の増加など問題も起こっている。そうした面を改善すべく活動しているのが、同国のマルメ・ローセンゴード地区にあるサッカークラブ「FCローセンゴード」だ。国内でも特に移民の多いこの地区で、同クラブが担っている役割とは一体何か。現地にあるクラブを訪ね、その取り組みに迫った。

バイエルン対バルサ、勝負のカギを握るのは意外にもバルサGKバルデス!?

バイエルン対バルサ、勝負のカギを握るのは意外にもバルサGKバルデス!? 2013.04.23

今日の深夜、チャンピオンズリーグのベスト4、バイエルン・ミュンヘン対バルセロナの一戦が行われる。勝負のカギを握るのは意外な選手になりそうだ。見どころを紹介しよう。

3季連続欧州の舞台で優勝を経験した香川真司。ファーガソンも「来季はもっと良くなる」と高評価

3季連続欧州の舞台で優勝を経験した香川真司。ファーガソンも「来季はもっと良くなる」と高評価 2013.04.23

22日、マンチェスター・ユナイテッドがアストン・ビラを下し、プレミアリーグで優勝を決めた。香川真司はトップ下で先発し、何度かチャンスを演出、勝利に貢献した。来季に向け、ファーガソンは香川をどのように評価しているのか? そしてルーニーとの縦関係で見えたユナイテッドの未来形とは?

なぜ清武は孤立するのか? ニュルンベルクの課題を徹底分析

なぜ清武は孤立するのか? ニュルンベルクの課題を徹底分析 2013.04.23

21日に行われたブンデスリーガ第30節、ニュルンベルク対グロイター・フュルトの一戦は0-1でアウェイのグロイター・フュルトが勝利した。清武弘嗣は先発フル出場したものの、得点を演出することが出来なかった。現状のニュルンベルクの課題とは何か? “清武頼み”となっているチームを分析する。

サッカークラブを超えた存在 ~スウェーデンの移民クラブを訪ねて~(前編)

サッカークラブを超えた存在 ~スウェーデンの移民クラブを訪ねて~(前編) 2013.04.22

近年、移民を積極的に受け入れてきたスウェーデン。経済成長期に貴重な労働力となったが、犯罪率の増加など問題も起こっている。そうした面を改善すべく活動しているのが、同国のマルメ・ローセンゴード地区にあるサッカークラブ「FCローセンゴード」だ。国内でも特に移民の多いこの地区で、同クラブが担っている役割とは一体何か。現地にあるクラブを訪ね、その取り組みに迫った。

マンチェスター・ユナイテッドで徐々に理解が進む“正しい香川の使い方”

マンチェスター・ユナイテッドで徐々に理解が進む“正しい香川の使い方” 2013.04.20

ウェストハム・ユナイテッドで2点に絡んだ香川。今季、ベストに近いパフォーマンスを見せた。その前節のストークシティ戦と合わせ、香川は安定して良いパフォーマンスを見せられるようになってきている。その要因はどこにあるのだろうか。

香川はなぜ活きた? 動きの質を支えるキャリックの存在感

香川はなぜ活きた? 動きの質を支えるキャリックの存在感 2013.04.18

17日に行われたウェストハム対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、2-2の引き分けに終わった。香川真司は先発出場し、2つのゴールに絡む活躍。現地メディアも高い評価を与えた。

確立された対バルサ戦術とメッシ封じ。「バルサ対策」への「対策」は可能か?

確立された対バルサ戦術とメッシ封じ。「バルサ対策」への「対策」は可能か? 2013.04.18

数年前と比べバルセロナを相手にしても互角、あるいはそれ以上の戦いができるチームが増えてきた。徐々に確立されてきたバルサ対策とはどんなものか? そしてバルサはそれを打ち破ることができるのか?

新着記事

↑top