海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

日本代表の攻撃進化のカギ握る清武。一瞬のカウンターチャンス逃さぬ卓越したプレービジョンを徹底分析

日本代表の攻撃進化のカギ握る清武。一瞬のカウンターチャンス逃さぬ卓越したプレービジョンを徹底分析 2013.11.11

低迷するニュルンベルクであるが、清武の卓越したプレービジョンはピッチ上によく表れている。一瞬のカウンターチャンスを逃さない技術の高さ、鋭い判断力。こうした清武のプレーは代表の攻撃も活性化させるはずだ。

今の代表は国民性そのもの。個人主義のレ・ブルーに勝利至上主義のフランス国民がNon!

今の代表は国民性そのもの。個人主義のレ・ブルーに勝利至上主義のフランス国民がNon! 2013.11.11

フランス代表が自国で不人気だ。8割以上の人が悪いイメージを抱き、「個人主義だ」と批判する。だが、代表とは国民を映す鏡。今の代表チームはまるでフランス国民そのものだ。

20131110_nagatomo1

前半苦しむも後半見事に修整を施した長友 継続したチャレンジで今季3得点目を呼び込む 2013.11.10

9日、イタリアセリエA・インテルvsリヴォルノの試合が行われ、ホームのインテルが2-0で勝利した。日本代表の長友佑都はリーグ戦12試合連続となるスタメンで出場し、終盤には試合を決定づけるゴールを挙げた。長友が見せた修整力に迫る。

20131110_brazi

将来のバロンドール候補か。U-17W杯で輝きを放ったタレントたち 2013.11.10

日本代表の躍進でも話題を呼んだU-17W杯。大会では将来のバロンドール獲得候補と言ってもいいほどタレントがポテンシャルを発揮していた。大会を取材した記者が注目の3選手を紹介する。

20131110_swan

プレミアで実現した南ウェールズ・ダービー。なぜイングランドに“他国”のクラブが参戦しているのか? 2013.11.10

プレミアリーグに参加しているのはイングランドのクラブだけではない。今季はスウォンジーとカーディフが所属。ダービーまで実現した。だが、この2チームはウェールズのクラブ。ウェールズにもリーグがあるはずなのに、なぜ“他国”のリーグに所属しているのだろうか。

20131109_bel

日本代表、Jクラブの広報戦略に満足していますか? ベルギー代表に学ぶ正しい「Youtube」の使い方 2013.11.09

日本代表との対戦を控えるベルギー代表。タレントを抱える強豪であるが、彼らの広報戦略は実に優れている。誰でも無料で閲覧できるYoutubeを活用し、選手たちのさまざまな姿をとらえることで、ファンと絆をつくっていっている。

20131108_kagawa

復調傾向の香川真司。好不調を判断する上で最もわかりやすいポイントとは? 2013.11.09

徐々に本来の力を発揮しつつある香川真司。チャンピオンズリーグで活躍し、次節アーセナル戦での出場も期待できる。強豪アーセナル撃破のために香川に求められることとは何か?

香川真司がマンUから移籍しない5つの理由

香川真司がマンUから移籍しない5つの理由 2013.11.08

香川真司に移籍の可能性はあるのか――。日本のサッカーファンであれば非常に興味深いトピックである。だが、そもそもの移籍報道に信ぴょう性はあるのか。現地のフットボールライターが検証する。

最下位でも年間60億円以上。プレミアリーグの繁栄を支える莫大なTVマネーに迫る

最下位でも年間60億円以上。プレミアリーグの繁栄を支える莫大なTVマネーに迫る 2013.11.08

有名選手が集まるプレミアリーグ。そこにはれっきとした理由があった。それは莫大な放映権料。最下位のクラブでも60億円以上がもらえ、それによって選手の獲得も有利になる。世界一のリーグを支えるマネーの裏側に迫った。

ブラジル人FWジエゴ・コスタ、スペイン代表入りなるか。セレソン監督は激怒もそこには矛盾が…

ブラジル人FWジエゴ・コスタ、スペイン代表入りなるか。セレソン監督は激怒もそこには矛盾が… 2013.11.07

現在、スペインリーグの得点ランキング1位タイにつけるジエゴ・コスタ。この点取り屋をめぐって騒動が起こっている。ブラジル人である彼がなんとスペイン代表でのプレーを希望したのだ。規約での問題はない。だが、ブラジル代表監督は激怒し、大騒動となっている。

怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人

怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人 2013.11.07

チャンピオンズリーグ第4節、アウェーのチェルシー戦に臨んだシャルケ。怪我人続出の中、奮闘するも0-3で敗れた。内田篤人は先発フル出場。敗れた中でも高い判断力で自分の力を発揮した。

クラブの“切り札”として活躍する小野の人気は非常に高い

なぜそこまで大きな騒動になってしまったのか。小野伸二、豪州での引退報道の真相 2013.11.07

先月末、話題となった小野伸二の引退報道。本人が否定したことで騒ぎは収まったが、そもそもなぜそのような事態になってしまったのか。その背景にあるのは、オーストラリアにおける絶大な小野の人気だ。

完全復調、そしてモイーズ監督好みのプレーも随所に。今季最高のパファーマンスを見せた香川真司

完全復調、そしてモイーズ監督好みのプレーも随所に。今季最高のパフォーマンスを見せた香川真司 2013.11.06

チャンピオンズリーグでソシエダのホームに乗り込んだマンチェスター・ユナイテッド。試合は引き分けに終わったが、香川のパフォーマンスは称賛すべきものだった。今季最高とも言えるプレーにモイーズ監督も評価を上げたはずだ。

CLシティ戦で見えた、本田がミランのレギュラーを奪取するために必要なこと

CLシティ戦で見えた、本田がミランのレギュラーを奪取するために必要なこと 2013.11.06

CSKAモスクワはアウェイのマンチェスター・シティ戦を5-2で落とした。チーム自体が非常に悪い中、本田のパフォーマンスは及第点だったが、課題もあった。それは本田が近い将来、ビッグクラブでプレーするからだ。今後の成長のために求められることとは何か?

低迷するチーム、守備的な戦いへの歯痒さ。ボーフムで奮闘する田坂祐介の現在地

低迷するチーム、守備的な戦いへの歯痒さ。ボーフムで奮闘する田坂祐介の現在地 2013.11.05

ブンデスリーガ2部に位置するボーフム。日本人選手、田坂祐介が所属している。チームはなかなか勝ち星に恵まれず、苦戦が続いている。そうした状況に田坂ももどかしさを感じている。奮闘する田坂の現在地に迫った。

新着記事

↑top