海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

kagawa

モイーズ監督の称賛は大きな矛盾だが――。今後も大いにあり得る香川のトップ下起用 2013.10.26

チャンピオンズリーグで久しぶりに出場機会に恵まれた香川真司。フル出場で高いパフォーマンスを発揮し、モイーズ監督も称賛した。だが、この指揮官も評価を額面通り受け取っていいものだろうか。また、今後トップ下で起用される可能性はあるのか。

“奴隷”から解放されたバルサ。クラシコで進化を見せることができるか?

“奴隷”から解放されたバルサ。クラシコで進化を見せることができるか? 2013.10.25

マルティーノ新監督を迎えたバルセロナが好調を維持している。チームは首位を走り、戦術にも変化が見られる。進化を続けるバルサが週末に迎えるのはレアル・マドリー。今季を占う上でも重要なクラシコは、バルサにとって真価を問われる一戦となる。

そこにいたファンはどこへ?話題を呼んだモウリーニョ退場劇。“家族席”観戦の知られざる事情

そこにいたファンはどこへ?話題を呼んだモウリーニョ退場劇。“家族席”観戦の知られざる事情 2013.10.25

先週のプレミアリーグで退席処分を受けたジョゼ・モウリーニョ。ベンチを去りファンの囲まれた席に座ったことで大きな話題を呼んだ。ところで、こういった場合、元々その席にいた人はどうなるのだろうか。知られざる事情に迫った。

マンU勝利に貢献し復活を印象付けた香川。指揮官の「週末の試合を見込んで」発言の真意とは?

マンU勝利に貢献し復活を印象付けた香川。指揮官の「週末の試合を見込んで」発言の真意とは? 2013.10.24

チャンピオンズリーグの第3節、マンチェスター・ユナイテッドはホームでレアル・ソシエダを1-0で下した。この試合、先発フル出場した香川真司は攻撃面で大きな貢献を果たし、指揮官からも高く評価された。これまで不遇だった香川だが、一転して起用されたのはなぜだろうか?

決定機逸しチームは敗れるが――。マンC戦で本田が世界に見せつけたトップレベルのキープ力

決定機逸しチームは敗れるが――。マンC戦で本田が世界に見せつけたトップレベルのキープ力 2013.10.24

CSKAモスクワはチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティをホームに迎えたが、1-2で敗れた。本田圭佑は先発フル出場。先制点をアシストするとともに、抜群のキープ力で改めてワールドクラスの選手であることを示した。

CLよりも上? バルサ対レアルの“クラシコ”が世界で一番盛り上がる理由

CLよりも上? バルサ対レアルの“クラシコ”が世界で一番盛り上がる理由 2013.10.24

今週末に行われるクラシコ。レアル・マドリーとバルセロナによるリーガ・エスパニョーラの頂上決戦だが、今年はまずカンプ・ノウで行われる。クラシコはなぜこんなにも盛り上がるのか? 理由を探った。

チェルシーに完敗したシャルケ。攻守に奮闘した内田篤人という光明

チェルシーに完敗したシャルケ。攻守に奮闘した内田篤人という光明 2013.10.23

22日に行われたCLグループステージ第3節。ホームにチェルシーを迎えたシャルケは0-3と完敗した。日本代表の内田篤人は先発フル出場。敗れはしたが、攻守に渡って奮闘。自身の魅力は発揮した試合となった。

【豪州番ルポ】第二の小野伸二は現れるか? オーストラリアで飛躍を期す“海外組”に迫る

【豪州番ルポ】第二の小野伸二は現れるか? オーストラリアで飛躍を期す“海外組”に迫る 2013.10.22

小野伸二の移籍で一躍脚光を浴びたオーストラリアリーグ。下部にまで目を移すと、意外と日本人選手も多く、「日本人対決」も実現している。飛躍を誓う彼らへの取材を通し、豪州リーグで活躍するために必要なことに迫った。

ホーム全勝だがアウェー未勝利。超内弁慶チーム・ボルシアMGを包む熱狂

ホーム全勝だがアウェー未勝利。超内弁慶チーム・ボルシアMGを包む熱狂 2013.10.22

ブンデスリーガの古豪・ボルシアMG。今季は6位につけているが、ホームでは全勝、アウェーでは未勝利と実にわかりやすい内弁慶っぷりを発揮している。好不調の激しいチームだが、勇猛果敢な攻撃姿勢にファンも熱狂している。

退場処分をめぐり箝口令が敷かれたインテル。なぜ長友はサイドで翻弄されたのか?

退場処分をめぐり箝口令が敷かれたインテル。なぜ長友はサイドで翻弄されたのか? 2013.10.21

20日に行われたセリエA第8節で、インテルはトリノと引き分けた。GKが早々に退場する厳しい展開だったが一時は逆転。御の字の結果ではあったが、長友佑都の出来は決して褒められたものではなかった。何が悪かったのか?

カルチョの国からの最先端戦術理論(後編)セットプレー専門家が6000以上のパターンから日本代表にもたらす大きな可能性

カルチョの国からの最先端戦術理論(後編)セットプレー専門家が6000以上のパターンから日本代表にもたらす大きな可能性 2013.10.21

日本では馴染みのないフィオレンティーナのコーチ、ヴィオ・ジャンニ。彼はなんとセットプレーの専門家。ビオラを欧州でも一位のセットプレー得点数に押し上げたコーチの手腕とはいかに? カルチョの世界からの最先端理論を紹介する。

フランス・リーグ1がチーム数の削減を検討か。協会会長の爆弾発言の真意とは?

フランス・リーグ1がチーム数の削減を検討か。協会会長の爆弾発言の真意とは? 2013.10.21

フランスのリーグ1の会長がチーム数の削減について言及し、話題を呼んでいる。反対も多くあるが、なぜチーム数を減らしたいのだろうか。そこにはフランスサッカーを取り巻く環境が大きく影響している。

20131020_ita

カルチョの国からの最先端戦術理論(前編)「セットプレーとはサッカーとは別な競技である」 2013.10.20

日本では馴染みのないフィオレンティーナのコーチ、ヴィオ・ジャンニ。彼はなんとセットプレーの専門家。ビオラを欧州でも一位のセットプレー得点数に押し上げたコーチの手腕とはいかに? カルチョの世界からの最先端理論を紹介する。

20131020_kagawa_yamakaz

マンU格下にドローもモイーズ采配は妥当? 出番なかった香川は何をすべきなのか? 2013.10.20

マンチェスター・ユナイテッドはサウサンプトンにドローに終わった。試合終盤に追いつかれる後味が悪い試合だったが、モイーズ監督の采配に誤りはなかったのか。また監督に非がないとすれば、出番がなかった香川は何をなすべきか?

20131019_miyaichi2_kudo

アーセナルで奮闘を続ける宮市亮。トップチームへ定着するために求められること 2013.10.19

アーセナルのU21リーグ戦に1トップとして出場した宮市は、格の違いを見せつけた。攻撃的なタレントの層が厚いチームで、宮市がチャンスを掴むために求められることとは?

新着記事

↑top