海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

「多くの時間はない」。3戦勝ちなしのドルトムントに地元紙は不安視。「王者クラスを見せることが出来るだろうか?」 2014.09.29

ドルトムントは、シャルケとのルール・ダービーを1-2で落とした。ここ3試合で1分け2敗と勝利の無い状況が続いており、地元紙はCLに向けて不安視する見方を強めた。

狙い通りのチェゼーナ、退場で狂ったミラン。地元記者は本田ら前線に厳しい評価。「“共存”が上手く行かなかった」 2014.09.29

セリエA第5節、ミランはアウェーで昇格組のチェゼーナと対戦して1-1のドロー。残留を目標とするチェゼーナを相手に勝ち点3を逃し、地元紙記者は前線の選手に対して厳しい評価を下した。

昇格組に2戦連続ドロー、“攻撃的ミラン”への移行は難産か。本田は“カウンターでこそ恐怖を与える選手” 2014.09.29

セリエA第5節、アウェーでチェゼーナと対戦したミランは1-1のドロー。この試合では4-2-3-1システムを採用したが、昇格組を相手に2試合連続の勝ち点1。開幕連勝以降、苦しい戦いが続いている。

セリエA第5節プレビュー。本田、長友ともに地元紙は先発を予想。4戦3得点の本田、ミランの絶対的存在に 2014.09.28

セリエA第5節が行われる。ミランはアウェーでチェゼーナと対戦し、地元紙は本田圭佑の先発を予想。ホームにカリアリを迎えるインテルでも、長友佑都の先発出場が濃厚となっている。

「他の選手の動き出しが早くなる」。ダービー敗戦もチームの軸となった香川、内田も認める仲間からの信頼度 2014.09.28

シャルケとのルール・ダービーを1-2で落としたドルトムント。香川真司はベンチからのスタートとなり、54分から出場。試合には敗れたものの、内田篤人も認めるようにチームの軸として攻撃を活性化させた。

「守備の危機を笑い飛ばす」。ドルトムント、シャルケとのダービーへ向けて守備の要フンメルスが復帰へ 2014.09.27

ブンデスリーガ第6節、ドルトムントはシャルケとの「ルール・ダービー」を戦う。ここまで5試合で9失点を喫するなど守備に安定感を欠くドルトムントだが、この試合ではマッツ・フンメルスが復帰する見込みだ。

本田の動きが可能にする“超攻撃な4-2-3-1”。「上位三傑に入る事が出来る」か。次節チェゼーナ戦が試金石 2014.09.26

エンポリを相手に2点をリードされながら、引き分けに持ち込んだミラン。この試合では4-2-3-1のフェーメーションも使用し、攻撃面では有効なことを示した。右ウイングで相手をねじ伏せた本田圭佑には、次節チェゼーナ戦でも大きな期待が集まる

「ミュラー=パダーボルン×2」。全選手の市場価値はミュラーの半分以下。快進撃の首位と昨季王者の一戦、その結果は? 2014.09.26

今季、昇格組ながら4節終了時点で首位に立つ快進撃を見せているパダーボルン。第5節では王者バイエルンと対戦したが、全選手の市場価値はミュラー1人の半分以下。果たして試合の結果は?

「失敗」「強いアクション」。香川、バー直撃シュートに地元紙は評価分かれる。クロップは2失点に“ふくれっ面” 2014.09.26

ドルトムントは、シュツットガルトとホームで対戦して2-2。地元紙は不安定な守備で失点を喫した両チームに対して総じて低い評価を下した。今季初のフル出場となった香川真司は評価の分かれる結果となった。

【現地記者の視点】香川の課題=チームの課題。安定感に欠くドルトムント、香川との連携を強化せよ 2014.09.25

ブンデスリーガ第5節、ホームでシュツットガルトと2-2のドローに終わったドルトムント。トップ下で先発した香川真司は、今シーズン初のフル出場。コンディションは上向きだったものの、周囲との連係に課題を残した。

「モイーズ以下」。新生マンU、開幕5戦1勝2分け2敗で評価急落。ファン・ハールの“余命”は? 2014.09.25

ルイス・ファン・ハール監督を迎えて再建を目指すマンチェスター・ユナイテッドは、開幕5戦を終えて1勝2分け2敗。第5節レスター戦では屈辱的な逆転負けを喫した。大きな期待を背負ってスタートした新体制は最終節を迎えることが出来るのだろうか。

「外科医のメスのように正確で鋭い左足」。一夜明け、本田へ賞賛の嵐。決定的な活躍で辛辣な地元紙を唸らせる 2014.09.24

2-2のドローに終わったエンポリ戦、地元紙は総じて同点ゴールを挙げた本田圭佑に高評価を与えている。4試合で3得点目を決めた得点力に加えて守備でもチームに貢献。今やミランに欠かせない存在となっている。

サイ・ゴダードだけでない“ハーフ”の有望株。豪州の将来を担う“あしたのジョー”、日本代表の可能性も 2014.09.24

日本が出場権を逃したU-17W杯。そのアジア予選で日本に勝利した豪州に、ハーフの加藤カレッティ丈という選手がいた。キャプテンとして豪州を牽引したが、母親は日本人。日豪両国で代表の可能性があるという。

共に現地紙が先発予想の香川とグロスクロイツ。キッカー紙が2ページで特集するほどの親密ぶり 2014.09.24

24日に行われるシュツットガルト戦。ドルトムントの香川真司は現地紙では先発に予想されている。同じく名を連ねるグロスクロイツ。旧知の仲ではあるが、あまりの親密ぶりにキッカー紙が特集を組んだ。

本田、F・トーレスとの併用でより“右ウイング”の選手に。パス、シュートともに激増。抜群の補完性を示す 2014.09.24

セリエA第4節、ミランはエンポリとアウェイで対戦して2-2と引き分けに終わった。過去3戦に続いて右ウイングで先発した本田圭佑は、移籍後初先発したフェルナンド・トーレスともフィット出来る可能性を示した。

新着記事

↑top