海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

20130714_manu2

先制点のタイ選手にブーイング。緩すぎる雰囲気の中、モイズ新監督の初陣を落としたマンU 2013.07.14

バンコクで13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド対シンハーオールスターズの試合は、なんと後半にあげた1点を守り切ったオールスターズがユナイテッドを下した。その後、ユナイテッドの選手たちはすぐさま次の試合が行われるオーストラリアへ向かう機上の人となった。

20130713_tai1

タイで始まったマンUのアジアツアー。熱狂の裏で起こった反発の理由とは? 2013.07.13

マンチェスター・ユナイテッドのプレシーズンツアーが始まった。12年ぶりの訪問となるタイを皮切りに、オーストラリア、日本、香港、スウェーデンで親善試合を行う予定となっている。だが、最初の訪問国ここタイに、日本代表・香川真司の姿はなかった。

監督退任続いてエバートンを襲った大激震。クラブのブランド価値を維持することの難しさ

監督退任続いてエバートンを襲った大激震。クラブのブランド価値を維持することの難しさ 2013.07.12

モイーズ監督が退任したエバートン。クラブにとって大きな痛手だが、別件でファンの怒りを買う事態を招いてしまった。新エンブレムだ。良かれと思って行ったデザインの刷新だが、反発を招いた背景はどこにあるのか?

20130712_honda

ミラン番記者が改めて断言。覆らない本田圭佑の今夏加入と“1月移籍”発言の裏事情 2013.07.12

本田圭佑は今夏にミランへ移籍する。イタリア人のミラン番は改めて強調した。5日にも“確定”という情報をくれた記者はその理由を明らかにすると共に、いくつか報道された“1月加入”の真相についても解説してくれた。

イタリアのクラブは超ブラック企業!? 味方なき状況で孤独に戦うセリエA監督事情

イタリアのクラブは超ブラック企業!? 味方なき状況で孤独に戦うセリエA監督事情 2013.07.10

成績が下降するとすぐに監督のクビが飛ぶセリエA。リーグ戦を戦っている最中は、ありとあらゆる方面からの批判に晒される。メディア、ファンはもちろんのこと、自分の味方のはずのクラブ会長や選手までもが時には敵となる。

戦術的視点から分析。なぜミランは本田圭佑を獲得したいのか?

戦術的視点から分析。なぜミランは本田圭佑を獲得したいのか? 2013.07.08

日に日に増していく本田圭佑、ACミラン移籍への期待。さまざまな報道がなされているが、そもそもなぜ本田なのだろう? 戦術的に彼はミランに必要な選手なのか、そしてどのような役割を期待されているのか、分析する。

20130705_honda

本田圭佑、ミランへの移籍が確定。イタリア人のクラブ番記者が断言「100%覆ることはない」 2013.07.05

本田圭佑は本当に移籍できるのか。日本のファンがやきもきする中、編集部は長くミラン番を務めるイタリア人記者から確定的な情報を得た。記者は断言する。移籍は間違いない、と。

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由 2013.07.03

マンチェスター・ユナイテッドの新監督であるデイビッド・モイーズ。就任1年目ではあるが、ビッグクラブの宿命ゆえに、タイトルへの重圧は当然ある。8月中旬に迫ったプレミアリーグ開幕。モイーズはどのように戦うべきなのか?

フットボールサミット第13回

香川真司と柿谷曜一朗。背番号8を継承した2人の天才は何が違うのか? 2013.06.21

『フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道』、いよいよ発売です。その中で「桜の時代 セレッソ寮長とモリシが明かす香川」という原稿で森島寛晃さんを取材したライターの小田氏が、こぼれ話を教えてくれました。

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第五回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第五回 2013.06.12

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

20130609_hazard

プレミアリーグを席巻するベルギー人選手。優秀な選手を輩出する育成改革と欧州随一の適応能力とは? 2013.06.09

近年のプレミアリーグにおいて、面白い現象がある。ベルギー人選手の急増だ。今ではレギュラー格の選手は10人を超えるという。なぜベルギーは優秀な選手を輩出できているのか? その背景に迫った。

20130609_manu

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第四回 2013.06.09

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢 2013.06.07

ネイマールのバルセロナへの移籍が決定した。現地では相当な盛り上がりを見せているが、フィーバーを狙っている節もある。日本では、ストーブリーグにはサッカーの話題が少なくなってしまう。移籍報道のあり方などまだまだ欧州に足りない点は多い。

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは?

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは? 2013.06.06

2日、ブラジル代表はイングランド代表と親善試合を行った。聖地マラカナンスタジアムでの試合は2-2の引き分け。押し気味に試合を進めたブラジルだが、隙も見せた。日本が戦う上でのヒントがそこにあるかもしれない。

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第三回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第三回 2013.06.02

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

新着記事

↑top