海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

“ボランチ”香川、最大のライバルはエレーラ。ローマ戦及第点も、もっと自らの武器を。ファン・ハールの下、新たな可能性に賭けるか 2014.07.27

米国で行われているプレーシーズンのカップ戦「インターナショナル・チャンピオンズカップ」。マンチェスター・ユナイテッドは、ローマと対戦して3-2で勝利を収めた。後半からセンターハーフとして出場した香川は十分なアピールが出来たのだろうか?

モナコは既に操り人形状態に。世界一の代理人が仕掛けたハメス・ロドリゲスの売却と今後の企み 2014.07.27

今夏、もっとも高額での移籍となったハメス・ロドリゲス。ビッグディールが成立したのはサッカー界を牛耳る代理人の暗躍があった。モナコのフロントに入り込み、新シーズンに何を仕掛けようとしているのか?

完敗のミラン、指揮官は強気も現地は辛辣な評価。「トロントの惨状。オリンピアコス相手にこれでは…」 2014.07.26

インターナショナルチャンピオンズカップでオリンピアコスに完敗したミラン。インザーギ監督は「チャンスを作った」と強気の姿勢を崩さず、プレシーズンマッチの結果を気にしていないが、現地はそれと正反対の反応だった。

ミラン、インザーギ監督の初陣は0-3。本田は右ウイングで途中出場もインパクト残せず。開幕までにクリアすべき課題とは? 2014.07.25

欧州の強豪8クラブが集結した「インターナショナル・チャンピオンズカップ」。ACミランは、開幕戦でオリンピアコスと対戦。インザーギ監督の実戦初采配は厳しいものとなり、途中出場の本田はインパクトを残せなかった。

香川の未来を決めるファン・ハールの3-4-3。現地予想はトップ下で活躍なら残留、悪ければ放出 2014.07.25

マンチェスター・ユナイテッドが新監督になって最初の試合を行った。7-0と大勝した試合で指揮官は3-4-3の布陣で挑んだ。香川は後半途中出場。現地はどう見たのか?

早くも評価を高めている“新エース”。ペップ・バイエルンを加速させるレヴァンドフスキの飢餓感 2014.07.25

W杯が終わり、早くも新シーズンへの動きがスタートしている。ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンもその一つ。ライバル、ボルシア・ドルトムントから加入したロベルト・レヴァンドフスキは早々に結果を出した。

「独裁的」から「強烈なリーダーシップ」へ。W杯を終え、一変したファン・ハール評。マンU再建に現地メディアも太鼓判 2014.07.24

ルイス・ファン・ハールを新監督に迎えたマンチェスター・ユナイテッド。当初は「独裁的」として危惧する声もあったが、オランダ代表を率いたブラジルW杯での采配ぶりから現地での評価は急上昇した。

コルドバはなぜハーフナーを獲得したのか? 現地記者が分析する資金面・戦力面で必要だった理由 2014.07.24

ハーフナー・マイクがリーガ・エスパニョーラに挑戦する。今シーズン46年ぶりに1部復帰を果たしたコルドバにフリー移籍を決めたが、即戦力として期待は大きい。目の肥えたアンダルシアのファンを魅了することが出来るのだろうか。

“タイの至宝”がリーガ・エスパニョーラに挑戦。昨季残留を果たしたアルメリアでタイ人選手の扉を開くか 2014.07.23

“タイの至宝”と言われるテラシル・デーンダがアルメリアにレンタル移籍する。日本人選手も成功したとは言い難いリーガ・エスパニョーラへの挑戦だが、活躍次第ではタイ人選手の扉を開く可能性もある。

ロシア、クリミア併合による最悪のケース。プーチンの強硬姿勢続けばW杯開催権返上の可能性も 2014.07.23

今年に入ってから激しい動きを見せるクリミア半島。ウクライナにあるこの地をロシアは併合したが、それによるサッカーへの影響は大きい。クリミアにもサッカークラブはあり、ロシアは半ば強引にこれらクラブを編入させようとしている。

岡野俊一郎と金子勝彦が語る日本サッカー(その3)TV中継に何が必要で、何が欠けているのか? 2014.07.23

ただ騒ぐだけの日本のW杯中継を見ていると、無性にこの2人の言葉を聞きたくなった。元JFA会長の岡野俊一郎氏とフリーアナウンサーの金子勝彦氏。現在のサッカー中継に求められることについて、その草分け的存在である二人に語ってもらった。

既に100億円以上投入したクラブが5つも。移籍市場前半戦を総チェック! 欧州で最も戦力アップに成功したのは? 2014.07.22

W杯終了後、各クラブも本腰を入れてきた選手補強。序盤の移籍市場でスタートダッシュを決めたクラブはどこなのだろうか? 各リーグ主要クラブの補強をチェックする。

豪州で戦う2人の侍。“日の出づる国”マケドニアにルーツを持つクラブで出会った選手とコーチ。ほとばしるような情熱を共有 2014.07.22

オーストラリアの2部リーグで戦う日本人がいる。トップチームの主力選手とU-11チームのコーチである彼らは、キャリアも立場も全く異なる2人だ。それでも、サッカーへの情熱を共有し、着実に成長を続けている。

岡野俊一郎と金子勝彦が語る日本サッカー(その2)TV中継で誤用が多い「ゴールマウス」と「ボランチ」 2014.07.22

ただ騒ぐだけの日本のW杯中継を見ていると、無性にこの2人の言葉を聞きたくなった。元JFA会長の岡野俊一郎氏とフリーアナウンサーの金子勝彦氏。現在のサッカー中継に求められることについて、その草分け的存在である二人に語ってもらった。

岡野俊一郎と金子勝彦が語る日本サッカー(その1)健全な組織の発展妨げた川淵氏の権力増大と院制 2014.07.21

ただ騒ぐだけの日本のW杯中継を見ていると、無性にこの2人の言葉を聞きたくなった。元JFA会長の岡野俊一郎氏とフリーアナウンサーの金子勝彦氏。現在のサッカー中継に求められることについて、その草分け的存在である二人に語ってもらった。

新着記事

↑top