海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

8年連続無冠のアーセナル それでもベンゲルを信じるべき理由

8年連続無冠のアーセナル それでもベンゲルを信じるべき理由 2013.05.09

アーセン・ベンゲルへの信頼が揺らいでいる。今季の無冠が決定し、タイトルを獲得できないのはこれで8年連続となる。だが、忘れていけないことがある。アーセナルを強豪へと育て、少ない予算の中で欧州のトップレベルで戦えるようチームをマネジメントしてきたのも、彼であるということを。

金満オーナーの野望はやはり夢物語か PSG監督人事をめぐる“パリ狂想曲”

金満オーナーの野望はやはり夢物語か PSG監督人事をめぐる“パリ狂想曲” 2013.05.08

結果を出しているにもかかわらず「解任」報道のあったPSGのアンチェロッティ監督。ところが本人はそれを望んでいるという。なぜなのか? 監督、選手、フロント、それぞれの思いが交錯する“パリ狂想曲”に迫る。

「余命5年」 “ 死”に近づくリーガ・エスパニョーラ

「余命5年」 “ 死”に近づくリーガ・エスパニョーラ 2013.05.07

不健全なクラブ経営は、リーガ・エスパニョーラの「寿命」を縮めている。
増え続けるクラブの負債、300名を超す選手への給与未払い。
経営破綻寸前のクラブを抱えるリーガはこれからも存続し続けられるのか?
バルセロナ大学経済学部教授であり、国内の複数クラブの経営アドバイザーを務めるホセ・マリア・ガイ氏がリーガの現状と未来について語る。

消化試合モード”で敗れたマンU 次節以降も読めない香川の起用法

“消化試合モード”で敗れたマンU 次節以降も読めない香川の起用法 2013.05.06

5日に行われたプレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦は0-1でアウェイのチェルシーが勝利した。ユナイテッドはメンバーを入れ替え、香川真司も出場しなかった。

再び残留争いに巻き込まれたサウサンプトン。大一番になぜ吉田は欠場したのか?

再び残留争いに巻き込まれたサウサンプトン。大一番になぜ吉田は欠場したのか? 2013.05.05

4日のプレミアリーグ第36節、トッテナム・ホットスパー対サウサンプトンの一戦は1-0でスパーズが勝利した。勝ち点での余裕がなくなり、残留争いに再び巻き込まれたサウサンプトン。大事な試合で吉田麻也が欠場した理由とは?

時代の終焉か? “バルサであること”に失敗したチームの未来

時代の終焉か? “バルサであること”に失敗したチームの未来 2013.05.05

CL準決勝、バイエルンに大敗したバルサ。この敗戦は近年のヨーロッパで最も成功を収めてきたバルサ時代の終焉を予感させるものだった。完璧でなければ強さを維持できないバルサというチームの難しさとは?

20130505_rev

CL決勝前哨戦で見えたもの ドルトムント優勢の中で証明したバイエルンの強固な“守備トライアングル” 2013.05.05

CL決勝と同じ顔合わせとなったブンデスリーガの第32節。ドルトムントのホームで行われたバイエルン・ミュンヘンとの一戦は1-1の引き分けに終わった。前哨戦となったこの試合で見えたものとは何か?

20130504_ner

ネイマールは“メッシ依存症”への特効薬!? 強いバルサ復活のために必要なこと 2013.05.04

チャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンに惨敗したバルセロナ。バイエルンの組織が強固だったのは言うまでもないが、バルサが本来の姿から程遠い出来で、来季以降に不安の残る内容だったのも確か。復活のために必要なこととは何か?

20130503_zanetti

【現地記者が迫る】長友のケガも防げた? サネッティ負傷から考察するインテル・医療スタッフの大きな責任 2013.05.03

インテルに故障者が続出している。先日は主将のサネッティまでもが大ケガを負った。医療スタッフの責任も取り沙汰されているが、一体何が問題だったのか? 現地記者が問題点を考察する。

納得の完勝だったバイエルン。バルサはなぜ無力だったのか

納得の完勝だったバイエルン。バルサはなぜ無力だったのか 2013.05.02

1日に行われたチャンピオンズリーグのベスト4、バルセロナ対バイエルン・ミュンヘンの2ndレグは、3-0でバイエルンが制した。合計スコアも7-0とし、驚くべき大差でバイエルンが決勝進出を決めた。なぜバルサはなすすべもなく敗れたのか。

絶望的な点差。バルサは不可能を可能にできるか?

絶望的な点差。バルサは不可能を可能にできるか? 2013.05.01

1日、チャンピオンズリーグのベスト4、バルセロナ対バイエルン・ミュンヘンの2ndレグが行われる。4-0という絶望的な点差をつけられたバルサだが、逆転の可能性はあるのだろうか。

奇跡ならずもモウリーニョは死なず。ドルトムントを追い詰めた超攻撃的3バックを徹底分析

奇跡ならずもモウリーニョは死なず。ドルトムントを追い詰めた超攻撃的3バックを徹底分析 2013.05.01

30日、チャンピオンズリーグのベスト4、レアル・マドリー対ボルシア・ドルトムントの一戦は2-0でマドリーが勝利したものの、合計スコアで上回ったドルトムントが決勝進出を決めた。一歩及ばなかったが、可能性を感じさせたモウリーニョの戦術とはいかなるものか? 徹底分析する。

20130430_igu

レアルが“奇跡の逆転”を起こすために必要なこと 2013.04.30

30日、チャンピオンズリーグのベスト4、レアル・マドリー対ボルシア・ドルトムントの2ndレグが行われる。初戦は4-1とドルトムントの大勝。逆転にはある種の奇跡が必要だが、マドリーにその望みはあるのだろうか。

20130430_uchida

内田は守備に追われるもCL出場権へ前進したシャルケ。勝利に貢献したフンテラールの動きを徹底分析 2013.04.30

ブンデスリーガで4位につけ、チャンピオンズリーグ出場を狙うシャルケ。ここからは1つも落とせない厳しい試合が続くが、前節ではHSVに4-1と快勝。エースのフンテラールはハットトリックと爆発したのは朗報だ。彼はFWとして何が優れているのか? 徹底分析する。

プレミア記録を逃したマンU。バレンシア投入に見るファーガソンの本気度

プレミア記録を逃したマンU。アンデルソン投入に見るファーガソンの本気度 2013.04.30

22日、マンチェスター・ユナイテッドはアーセナルとの一戦で引き分けた。優勝が既に決まっているこの試合のポイントはファン・ペルシーの古巣アーセナルのサポーターがかつてのエースをどう迎えるのか。そして、ユナイテッドがプレミアリーグ記録に向けて前進できるかだった。


新着記事

↑top