海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由

フェライニと香川が化学反応を起こす可能性も。マンU新監督モイーズが攻撃的スタイルで戦うべき理由 2013.07.03

マンチェスター・ユナイテッドの新監督であるデイビッド・モイーズ。就任1年目ではあるが、ビッグクラブの宿命ゆえに、タイトルへの重圧は当然ある。8月中旬に迫ったプレミアリーグ開幕。モイーズはどのように戦うべきなのか?

フットボールサミット第13回

香川真司と柿谷曜一朗。背番号8を継承した2人の天才は何が違うのか? 2013.06.21

『フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道』、いよいよ発売です。その中で「桜の時代 セレッソ寮長とモリシが明かす香川」という原稿で森島寛晃さんを取材したライターの小田氏が、こぼれ話を教えてくれました。

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第五回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第五回 2013.06.12

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

20130609_hazard

プレミアリーグを席巻するベルギー人選手。優秀な選手を輩出する育成改革と欧州随一の適応能力とは? 2013.06.09

近年のプレミアリーグにおいて、面白い現象がある。ベルギー人選手の急増だ。今ではレギュラー格の選手は10人を超えるという。なぜベルギーは優秀な選手を輩出できているのか? その背景に迫った。

20130609_manu

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第四回 2013.06.09

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢 2013.06.07

ネイマールのバルセロナへの移籍が決定した。現地では相当な盛り上がりを見せているが、フィーバーを狙っている節もある。日本では、ストーブリーグにはサッカーの話題が少なくなってしまう。移籍報道のあり方などまだまだ欧州に足りない点は多い。

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは?

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは? 2013.06.06

2日、ブラジル代表はイングランド代表と親善試合を行った。聖地マラカナンスタジアムでの試合は2-2の引き分け。押し気味に試合を進めたブラジルだが、隙も見せた。日本が戦う上でのヒントがそこにあるかもしれない。

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第三回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第三回 2013.06.02

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

長友の起用法、故障者問題への対応は? インテルの変革を託されたマッツァーリ監督の哲学

長友の起用法、故障者問題への対応は? インテルの変革を託されたマッツァーリ監督の哲学 2013.06.02

2013-14シーズンよりインテルの指揮をとるマッツァーリ監督。彼の哲学はいかなるもので、捲土重来を期すインテルをどう変革するのか? 長友佑都の起用法と合わせて新シーズンへの展望を占う。

ベッカム引退劇に潜む“金銭問題”――。それでも称えるべきサッカー選手としての素顔

ベッカム引退劇に潜む“金銭問題”――。それでも称えるべきサッカー選手としての素顔 2013.06.01

世界中のサッカーファンから愛された選手、デビッド・ベッカム。先日、惜しまれつつスパイクを脱いだ。まだ余力を残しての引退にはピッチ内だけでなくさまざまな要因がある。ただ、彼が純粋なフットボーラーであることに変わりはない。

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第二回

サー・アレックス・ファーガソンの奇妙な冒険〈番外編〉「彼はどこにでもいて、どこにでもいる」第二回 2013.06.01

今季で勇退し、27年間にもおよぶマンチェスター・ユナイテッドでの監督生活に別れを告げたサー・アレックス・ファーガソン。彼の栄光の足跡と知られざる実像に迫る。

カレン・ロバート、大津祐樹が語る海外挑戦の意義

カレン・ロバート、大津祐樹が語る海外挑戦の意義 2013.06.01

日本人には馴染みが深いオランダのクラブ、VVVフェンロ。現在もカレン・ロバートと大津祐樹が所属している。彼らは海外リーグへ挑戦し、何が成長したのか? そしてチャレンジすることの意義をどのように捉えているのか?

kagawa

緊急アンケート! 世界のカガワをプロデュース! 香川真司にイメチェンは必要か? 2013.05.28

はたして、香川選手は本当にイメチェンする必要があるのか? そこで編集部で作成したイメージイラストを参考に、みなさまの意見をぜひお聞きしたいと考えております。

20130518_mazzari

孤立していたインテル前監督。低迷と無関係でない監督交代の真相とは? 2013.05.28

インテルが監督交代に踏み切った。新監督はナポリを指揮していたマッツァーリ。今季の結果を受けての人事だが、そもそも低迷した要因は監督だけでない。現地記者が問題点を指摘する。

20130528_bay

技術はまだバルサが上? 強かったが戦術的新機軸はなかったCL決勝でのドイツ対決 2013.05.28

完成度の高いチーム同士の対決となった今季のチャンピオンズリーグ決勝。“ドイツ時代の到来”とまで言われたバイエルンとドルトムントの勝ち上がりだったが、彼らはいかにして戦術を磨き上げたのか?

新着記事

↑top