Home » 海外サッカー » Page 562

海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

東アジア杯優勝を懸けた最終戦。韓国メディアが展望する日韓戦とザックジャパンの弱点 2013.07.27

東アジア杯もいよいよ最終戦を残すのみとなった。日本の相手はライバル・韓国。否が応でも盛り上がる日韓戦だが、決戦を前に韓国メディアは日本代表をどう分析しているのか?

東アジア杯、主力不在の豪州代表だが――。オジェック監督が是が非でも日本に勝たなければならない理由 2013.07.24

25日に日本戦を控えるオーストラリア代表。日本と同様、主力メンバーは招集できず、フレッシュなメンバーが中心である。しかし、オジェック監督は他国よりも結果を欲している。それはなぜなのか?

5発大勝でモイズ体制初勝利をあげたマンU。順調な仕上がりを見せ万全の状態で日本へ 2013.07.22

20日、オーストラリアでAリーグ・オールスターズと対戦したマンチェスター・ユナイテッド。タイでの試合とは一転、動きの良くなったユナイテッドは5-1と解消した。

中国サッカーに未来はあるか?(その4) 2013.07.21

中国サッカーの未来は明るいのか? 2012年5月、広州恒大の監督にマルチェロ・リッピが就任するなど、足早に変化する中国超級(スーパーリーグ)。クラブの経営事情に迫るとともに、育成環境の現状をレポートする。

中国サッカーに未来はあるか?(その3) 2013.07.19

中国サッカーの未来は明るいのか? 2012年5月、広州恒大の監督にマルチェロ・リッピが就任するなど、足早に変化する中国超級(スーパーリーグ)。クラブの経営事情に迫るとともに、育成環境の現状をレポートする。

注目度の高まる『イングランド・スーパーリーグ』 チェルシーに加入した大儀見優希の新たなチャレンジ 2013.07.19

7月8日、イングランド・スーパーリーグに所属するチェルシー・レディースに、ブンデスリーガ得点王の大儀見優希が加入した。クラブHPでも「W杯王者加入」と告知され、期待は強まっている。注目度の高まってきているスーパーリーグで大儀見はどんなパフォーマンスを見せるのか?

中国サッカーに未来はあるか?(その2) 2013.07.18

近年、アネルカ(上海申花)や岡田武史監督(杭州緑城)が参戦するなど、世界中から選手・監督を集める中国スーパーリーグ(超級)。過去には八百長問題なども取りざたされたが、果たして中国サッカーの未来は明るいのか。いま何が起きようとしているのか。

責任重大のトップ下か、まさかのボランチか。ミランは本田圭佑をどこで起用したいのか? 2013.07.18

本田圭佑の獲得が噂されているACミラン。セリエAの名門は新シーズン、どのような布陣で戦うと予想されるのか? そして本田のポジション、役割はどのようなものなのか?

移籍報道を過熱させたモイズ監督の発言。ルーニー放出ならトップ下は香川か? 2013.07.18

マンチェスター・ユナイテッドのエースとして君臨してきたウェイン・ルーニー。しかし、モイズ監督が就任して以降、たびたび移籍が噂されてきた。日に日に報道は過熱する。新監督の一言も火に油を注いだようだ。果たしてルーニー移籍の真相、そして香川への影響は?

東アジア杯で初陣を迎えるホン・ミョンボ新監督。メンバー選考から見える韓国代表の本気度 2013.07.18

東アジアカップの最終戦で日本と対戦する韓国代表。監督交代に踏み切り、ホン・ミョンボ新指揮官の下で初陣を迎える韓国はどのようなメンバーなのか? そこを紐解くと大会への本気度も見えてくる。

ジャパンツアーからアーセナルが変わる!? ヴェンゲル・コード(信条)を読み解く 2013.07.17

プレミアリーグを圧倒的な強さで無敗優勝したのも遠い昔のようだ。8年にもわかってアーセナルは無冠の年が続いている。「今季こそ」、それを期待させるべくCEOは選手獲得への多額の予算を用意している。果たしてヴェンゲルはそれをどう使うのか? カギを握るのは彼の「信条」、いわゆるヴェンゲル・コードだ。

中国サッカーに未来はあるか?(その1) 2013.07.17

近年、アネルカ(上海申花)や岡田武史監督(杭州緑城)が参戦するなど、世界中から選手・監督を集める中国スーパーリーグ(超級)。過去には八百長問題なども取りざたされたが、果たして中国サッカーの未来は明るいのか。いま何が起きようとしているのか。

なぜイタリアで3バックが流行したのか? 超進化型システムのメカニズムに迫る(後編) 2013.07.16

近年、セリエAで爆発的に流行した3バック。廃れた戦術はなぜリバイバルされ、イタリアにおいて戦術の潮流となったのか? 最先端のメカニズムを現地記者が徹底解析する。

なぜイタリアで3バックが流行したのか? 超進化型システムのメカニズムに迫る(前編) 2013.07.15

近年、セリエAで爆発的に流行した3バック。廃れた戦術はなぜリバイバルされ、イタリアにおいて戦術の潮流となったのか? 最先端のメカニズムを現地記者が徹底解析する。

先制点のタイ選手にブーイング。緩すぎる雰囲気の中、モイズ新監督の初陣を落としたマンU 2013.07.14

バンコクで13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド対シンハーオールスターズの試合は、なんと後半にあげた1点を守り切ったオールスターズがユナイテッドを下した。その後、ユナイテッドの選手たちはすぐさま次の試合が行われるオーストラリアへ向かう機上の人となった。

新着記事

↑top