内田篤人

内田篤人の最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めば内田篤人の今がわかります。

内田篤人

それでも内田篤人が必要とされる理由。シャルケを感服させた639日間の執念【海外組の真価~日本人選手の現在地】 2017.03.01

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、シャルケの内田篤人。長い負傷離脱から昨年12月に公式戦復帰を果たすまで実に639日の歳月を要したが、なぜシャルケは内田を辛抱強く待つのだろうか? 内田自身、そしてクラブも引退を覚悟したリハビリ生活が続く中でシャルケが内田を留めたのは、ドイツの契約事情と欧州の舞台での経験値、そして復帰に向けた内田の強い執念が関係していた。(取材・文:本田千尋【デュッセルドルフ】)

レアルに敗北。シャルケ・内田が語るCL王者との差

レアルに敗北。シャルケ・内田が語るCL王者との差 2015.02.19

日本代表の内田篤人が所属するシャルケは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で前回王者のレアル・マドリーと対戦した。シャルケは昨季ホームで1-6と大敗した相手と、再び相見える。

ドイツ人記者が探る、内田篤人がシャルケで愛される理由

ドイツ人記者が探る、内田篤人がシャルケで愛される理由 2014.01.25

クラブにとって内田とはどのような存在なのか。選手やスタッフ、ファンから愛される男が、ドイツで過ごす日々とは。シャルケ04でのこれまでをクラブ関係者の話をもとに紐解いていく。

ドイツ人記者が記憶する内田篤人の言葉。「南アは悲しかった。でも、僕をさらに強くした」

ドイツ人記者が記憶する内田篤人の言葉。「南アは悲しかった。でも、僕をさらに強くした」 2014.01.24

ドイツ記者が抱く、内田篤人の印象とはどのようなものか。過去のインタビューを通じて、聞いたW杯への思いとは。内田の言葉とともに、記者が出合った姿を思い返す。(翻訳・杉山孝)

ドイツ組が語る内田篤人―ブンデスリーガで成長する右サイド―

ドイツ組が語る内田篤人―ブンデスリーガで成長する右サイド― 2014.01.22

ドイツ・ブンデスリーガで活躍する日本人選手は、内田篤人の持ち味をどのように感じているのか。同リーグ、日本代表で右サイドを主戦場とする、岡崎慎司、酒井宏樹、酒井高徳の言葉から、プレーにおける内田の成長について迫っていく。

内田の知性

内田の知性―磨かれ続けるフットボール・インテリジェンス― 2014.01.17

内田篤人のサッカー選手としての一番の魅力は“知性”ではないだろうか。1対1を重視するドイツで通用するために、日本代表をチームとして機能させるために。進化を続けるサイドバックのフットボール・インテリジェンスに迫る。

CL決勝トーナメント進出を決めたシャルケ。“前半戦で一番大事”な一戦で勝利に貢献した内田の安定感

CL決勝トーナメント進出を決めたシャルケ。“前半戦で一番大事”な一戦で勝利に貢献した内田の安定感 2013.12.12

負ければシャルケの今季のCLはそこで終了だった。最終節のバーゼル戦、勝利が絶対条件の中、この試合をものにし、決勝トーナメント進出を決めた。内田は先発フル出場。安定したプレーでチームに貢献した。

シュート、クロス0本もシャルケ勝利に貢献。内田が果たした大きな役割とは?

シュート、クロス0本もシャルケ勝利に貢献。内田が果たした大きな役割とは? 2013.12.02

内田篤人の所属するシャルケがシュトゥットガルトに3-0と快勝した。この試合、注目すべきは「エリア内侵入」のデータだ。ここを分析することで、シュートとクロスが0本だった内田が果たした大きな役割も見えてくる。

次戦は勝利が絶対条件だが――。シャルケに落ち着きをもたらした内田。アウェイで“我慢して”拾った勝ち点1

次戦は勝利が絶対条件だが――。シャルケに落ち着きをもたらした内田。アウェイで“我慢して”拾った勝ち点1 2013.11.27

チャンピオンズリーグの第5節。勝ち点3を得て決勝トーナメント進出に近付きたいシャルケだったが、格下相手にドロー。だが、試合自体は簡単なものではなく、我慢が必要であった。

怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人

怪我人続出、苦戦が続くシャルケ。CLチェルシーに敗戦も、高水準のプレーを発揮した内田篤人 2013.11.07

チャンピオンズリーグ第4節、アウェーのチェルシー戦に臨んだシャルケ。怪我人続出の中、奮闘するも0-3で敗れた。内田篤人は先発フル出場。敗れた中でも高い判断力で自分の力を発揮した。

シャルケの守備崩壊を救った内田篤人。ディフェンスの“エアポケット”を埋めた巧みなポジショニングとは?

シャルケの守備崩壊を救った内田篤人。ディフェンスの“エアポケット”を埋めた巧みなポジショニングとは? 2013.11.04

失点が多くなり、守備が崩壊していたシャルケ。ヘルタ戦は久しぶりの無失点試合となったが、それを支えたのは内田篤人だった。守備陣に生まれたエアポケットを内田はいかにして埋めたのか。

チェルシーに完敗したシャルケ。攻守に奮闘した内田篤人という光明

チェルシーに完敗したシャルケ。攻守に奮闘した内田篤人という光明 2013.10.23

22日に行われたCLグループステージ第3節。ホームにチェルシーを迎えたシャルケは0-3と完敗した。日本代表の内田篤人は先発フル出場。敗れはしたが、攻守に渡って奮闘。自身の魅力は発揮した試合となった。

新着記事

↑top