新着コラムの記事一覧

20130608_uchida_kudo

元日本代表・名良橋晃が徹底解析 長友佑都、内田篤人、酒井宏樹…… 日本のサイドバックは世界を制するか? 2013.06.08

日本代表において、中盤の次に人材がそろっていると言っていいサイドバック。長友佑都はどこまで進化するのか? 内田篤人と酒井宏樹は、どちらがファーストチョイスになるのか? そして新戦力の台頭はあるのか? 元日本代表、名良橋晃氏に話を聞いた。

20130608_hujii_utsunomiya

日本ハムファイターズ アドバイザー藤井純一が説く プロスポーツの経営論(前編) 2013.06.08

プロ野球の球団とJクラブで求められる経営に違いはあるのだろうか。セレッソ大阪と日本ハムファイターズの社長を務め、近畿大学で経営学部教授として教鞭を執る藤井純一氏に話を聞いた。

20130608_messi

「落ち着け」では解消しない! 日本人選手に決定力がない本当の理由 2013.06.08

“決定力不足”。日本サッカーの永遠のテーマかもしれない。これを解消する術はないのか? それを探るべく、メッシとクリロナをヒントに実験を行った。果たしてヒントは見つかったのか?

20130608_takahashi_kudo

高橋秀人は本当に“代表病”なのか? ポポヴィッチ監督が語る代表とクラブの理想的な関係 2013.06.08

代表に選ばれるとパフォーマンスが低下する、いわゆる“代表病”に高橋秀人がかかっているのではないか、と昨日、ライターの田中滋氏が指摘した。それを検証すべくFC東京を追う後藤勝氏はポポヴィッチ監督を直撃した。果たして真相は?

代表選出後にJでパフォーマンスが低下。当落線上の選手が発症する“代表病”とは?

代表選出後にJでパフォーマンスが低下。当落線上の選手が発症する“代表病”とは? 2013.06.07

若い選手が代表に選出され、それがきっかけでパフォーマンスを落とすことがある。所属チームと代表とで求められるものが異なることが大きな要因となっている。ザックジャパンがさらにレベルアップするために求められることとは?

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢 2013.06.07

ネイマールのバルセロナへの移籍が決定した。現地では相当な盛り上がりを見せているが、フィーバーを狙っている節もある。日本では、ストーブリーグにはサッカーの話題が少なくなってしまう。移籍報道のあり方などまだまだ欧州に足りない点は多い。

ザック発言で話題。『インテンシティ』の本当の意味とは? 曖昧な単語が流布して起こる危険性

ザック発言で話題。『インテンシティ』の本当の意味とは? 曖昧な単語が流布して起こる危険性 2013.06.07

ザッケローニ監督が発言し、突如話題となった“インテンシティ”というサッカー用語。果たして、この言葉の意味を正確に理解している人はどれだけいるだろうか。曖昧なまま使用してしまったメディアも多い中、自戒の念も込めて、スペイン在住の指導者・坪井健太郎氏の解説をもとにお届けする。

20130606_haraguchi

もし一人足せるとしたら、日本代表に誰を選ぶ? 2013.06.06

フットボールチャンネルでは、その時々のトピックスについて、読者の方々からご意見を頂きたいと考えています。今回のお題は『もし一人足せるとしたら、日本代表に誰を選ぶ?』です。皆さんのご意見、お待ちしております。

チームとしての成長力――遠藤、今野の離脱をガンバはいかにカバーしたのか?

チームとしての成長力――遠藤、今野の離脱をガンバはいかにカバーしたのか? 2013.06.06

代表組が離脱して迎えた初の試合となった栃木戦。苦しい戦いも予想された中で快勝し、首位をキープした。ガンバをいかに遠藤と今野の穴をカバーしたのか? そこにはチームとしての成長がある。

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは?

コンフェデモードに入ったブラジル。イングランド戦で超攻撃的ダブルボランチが見せた弱点とは? 2013.06.06

2日、ブラジル代表はイングランド代表と親善試合を行った。聖地マラカナンスタジアムでの試合は2-2の引き分け。押し気味に試合を進めたブラジルだが、隙も見せた。日本が戦う上でのヒントがそこにあるかもしれない。

新着記事

↑top