新着コラムの記事一覧

柏レイソルはなぜ天皇杯で優勝することができたのか?

柏レイソルは、なぜ天皇杯で優勝することができたのか? 2013.01.02

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会は、決勝戦でガンバ大阪を1-0で下した柏レイソルが優勝を飾った。柏は前身の日立製作所時代以来、三回目の優勝となり、Jクラブ化後は初の快挙だ。出場停止や負傷離脱でメンバーの揃わなかった柏の天皇杯での戦いだが、彼らが優勝できた要因はどこにあったのか?

圧倒的な攻撃力で首位をひた走るユナイテッド ~香川が自身を活かす道は?~

圧倒的な攻撃力で首位をひた走るユナイテッド ~香川が自身を活かす道は?~ 2013.01.02

1日に行われたリーグ第21節・ウィガン戦で、マンチェスター・ユナイテッドは4-0で快勝。ファンペルシーとエルナンデスがそれぞれ2得点を挙げ、圧倒的な攻撃力を見せた。負傷から復帰してきた香川は、アタッカーとしてポジションを得ることができるのか?

日本サッカーの生きる道

日本サッカーの生きる道―日本が世界一になるための真のポテンシャルを読み解く(前編) 2013.01.01

日本は世界一になることができるのか? 日本の真の可能性を読み解くために、まずは巷で囁かれる日本サッカーについての定説や常識を疑ってみることから始めたい。そして世界と日本のバルセロナ化の未来についても考察していく。

日韓サッカーについて考える

日韓サッカーについて考える―プラカード問題、因縁の歴史、ライバルとしての未来。(後編) 2013.01.01

ロンドン五輪での銅メダルを懸けた一戦。試合後に掲げられたハングルのプラカードが大きな話題となってしまったが、忘れてはならないのは、日韓で3位を争ったということだ。宿敵として切磋琢磨してきた両国だが、男子に限れば、主要大会で揃って上位に進出したことはなかった。五輪での戦いから日韓サッカーの歴史を振り返り、ライバルとしての両国の未来を占いたい。

もうすぐ開く移籍市場。注目される「お買い得」な選手は?

もうすぐ開く移籍市場。注目される「お買い得」な選手は? 2012.12.31

ヨーロッパの多くのリーグは1月1日から1月31日の間を移籍市場と定めている。各クラブは、この1ヶ月間で戦力補強や放出を考える。チーム強化の特効薬となるフォワードは、特に冬の移籍期間での動きが多くなる。比較的「お買い得」と言える、注目の選手を紹介する。

日韓サッカーについて考える

日韓サッカーについて考える―プラカード問題、因縁の歴史、ライバルとしての未来。(前編) 2012.12.31

ロンドン五輪での銅メダルを懸けた一戦。試合後に掲げられたハングルのプラカードが大きな話題となってしまったが、忘れてはならないのは、日韓で3位を争ったということだ。宿敵として切磋琢磨してきた両国だが、男子に限れば、主要大会で揃って上位に進出したことはなかった。五輪での戦いから日韓サッカーの歴史を振り返り、ライバルとしての両国の未来を占いたい。

柏レイソルは「常勝チーム」への一歩を踏み出せるか

決勝戦でエースが復帰。柏レイソルは「常勝チーム」への一歩を踏み出せるか 2012.12.31

リーグ最終節で退場となり、3試合の出場停止を受けた柏のエース、レアンドロ・ドミンゲス。柏は天皇杯の決勝へ駒を進め、決勝戦という絶好の舞台でエースが復帰することになった。因縁浅からぬG大阪との対戦を制して、柏は常勝チームへ向けた一歩を踏み出すことができるのか。

ユナイテッドのキーマン、香川真司

プレミアリーグ前半戦を振り返る―優勝争いのカギを握る香川真司 2012.12.30

2012-13シーズンのプレミアリーグは、前半戦を折り返して圧倒的な攻撃力でマンチェスター・ユナイテッドが首位をひた走っている。昨シーズンの覇者、マンチェスター・シティがその後を追う展開となっている。迎える後半戦、優勝争いの鍵を握る選手は?

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化(後編) 2012.12.30

『マンU、トッテナム、アーセナル、ニューカッスルに見る“オープンスペース”有効活用法』
サイドからクロスを上げ、ゴール前では屈強な男たちが肉弾戦を繰り広げる。プレミアリーグでよく見る光景だ。昔からのスタイルではあるが、近年では戦術的な“崩し”が見られる。重要なのはクロスを上げる、そしてフィニッシュに持ち込むまでの過程だ。プレミアでの実例からワイドアタックの真髄を紐解いていく。

オリヴェイラが指摘する、ブラジルとの「僅差」を埋めるために必要なこと

オリヴェイラが指摘する、ブラジルとの「僅差」を埋めるために必要なこと 2012.12.30

『オリヴェイラが見たニッポンの未来』
ポーランドでブラジルに大敗した日本代表。未だ男子A 表は王国に勝利したことがない。ブラジルとの差はどこにあるのか。前鹿島アントラーズ監督で、日本とブラジル双方を知り尽くしているオズワルド・オリヴェイラが「その差」を指摘する。

新着記事

↑top