新着コラムの記事一覧

CSKAモスクワ 飼い殺しの真実

CSKAモスクワ 飼い殺しの真実~本田圭佑は“脱出”できるのか~ 2013.01.14

『ヴァグネール・ラヴ“涙の脱出”が意味するもの』
CSKAモスクワからのステップアップを希望するも未だ実現には至っていない本田圭佑。一体なぜ、このクラブからの移籍はしにくいのか?長い闘いの末に退団し、感涙までしたヴァグネール・ラヴの証言を元に検証する。

監督からの厚い信頼でチームへ帯同したインテル・長友

監督からの厚い信頼でチームへ帯同したインテル・長友。次節ローマ戦復帰へ! 2013.01.14

長友は次節復帰とも言われているが、欠場の間にライバルたちも評価を上げてきた。今後はポジション争いが激化することも予想される。ストラマッチョーニ監督は長友をどう評価しているのか? また本人のケガの状態は? 監督・本人のコメントから検証したい。

あの選手は今どこで何を?~ポルトガルの闘将 フェルナンド・コウト~

あの選手は今どこで何を?~ポルトガルの闘将 フェルナンド・コウト~(前編) 2013.01.13

ポルトガル代表として最多の45試合でキャプテンマークを巻いたフェルナンド・コウト。熱い気持ちを前面に押し出し、ルイ・コスタやフィーゴらのスター選手を鼓舞し続けた彼は今どこで何をしているのか。“闘将”の軌跡に迫るべく直撃インタビューを行った。

サッカーを遊ぶ南米、サッカーを遊ばない日本

サッカーを遊ぶ南米、サッカーを遊ばない日本(後編) 2013.01.13

【対談】マリーニョ×亘崇詞
南米の選手の創造性はどこから生まれてくるのか? ブラジル人のマリーニョ氏、アルゼンチンに精通する亘崇詞氏に話を聞き、その源泉を探った。構成:植田路生

鹿島アントラーズは覇権を奪還できるか?

【番記者が補強戦略を分析】鹿島アントラーズは覇権を奪還できるか? 2013.01.13

鹿島アントラーズは今季の移籍市場で、ダヴィ、中村充孝、前野貴德を獲得。そして興梠慎三、新井場徹、増田誓志を放出した。この補強戦略が意味するものとは何か。番記者が分析した。

小学生年代の全国大会はどうなる?

小学生年代の全国大会はどうなる? 2013.01.12

この冬休みシーズンも、現在行われている「全国高校サッカー選手権大会」から中学生年代の「高円宮杯」、小学生年代の「バーモントカップ」など、育成年代では日本一を決める大会が目白押しでした。私はジュニア年代を主戦場としているので、小学生年代のフットサル日本一を決める「バーモントカップ」を取材してきました。

サッカーを遊ぶ南米、遊ばない日本

サッカーを遊ぶ南米、サッカーを遊ばない日本(前編) 2013.01.12

【対談】マリーニョ×亘崇詞
南米の選手の創造性はどこから生まれてくるのか? ブラジル人のマリーニョ氏、アルゼンチンに精通する亘崇詞氏に話を聞き、その源泉を探った。構成:植田路生

本田圭佑の強固な土台を築いた、星陵高校での3年間

本田圭佑の強固な土台を築いた、星稜高校での3年間 2013.01.12

ガンバ大阪ジュニアユースから星稜高校サッカー部へと進んだ本田圭佑。入部前からある種“異質”な雰囲気を出していた彼を、監督の河崎護氏、チームメートらはどう受け入れ、支えていったのか。当時の関係者の証言を基に本田の青春時代を振り返る。

コメントで迫る内田篤人【フットボールサミット第10回】

コメントで迫る内田篤人【フットボールサミット第10回】 2013.01.11

『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』、おかげさまで大変好評をいただており、本日重版出来!!となりました。購入しようかどうか迷われていた方、本屋さんに行ってもなかった方のために、本文を少しだけ紹介します。

欧州5大リーグで成功するために必要なこと~ドイツ・ブンデスリーガ編~

欧州5大リーグで成功するために必要なこと~ドイツ・ブンデスリーガ編~ 2013.01.11

『現地記者が分析する欧州リーグにおける日本人選手の適応条件』
今では多くの日本人選手が海を渡り、海外リーグへ挑戦するようになった。日本とは違う環境で成功するためには一体どんなことが必要なのだろうか? 欧州各国に滞在する現地記者が、欧州リーグで活躍するための適応条件を探った。今回はイングランド・プレミアリーグ編をお届けする。

新着記事

↑top