新着サッカーコラムの記事一覧

岡崎1トップは機能せず。最高点は長友の7.5【どこよりも早い日本代表採点】 2013.02.06

6日に行われた日本対ラトビアの一戦は、3-0で日本代表が勝利した。先発に海外組10人が名を連ねたが、コンフェデ杯、その先のW杯への布石となる試合となっただろうか? 各選手の採点をどこよりも早くお届けする。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第4回) 2013.02.06

第1回、第2回では、3バックを再考するとともに、代表的な「3-4-3」の実例を検証した。最終回となる今回は、「3-4-3」を代表で完成させる難しさと、選手たちに求められる能力について考えていく。

2013シーズンのJリーグを占う。各クラブの戦力補強診断 ~鹿島アントラーズ編~ 2013.02.06

フットボールチャンネルでは、1月下旬から2月上旬にかけて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨年初めてリーグ戦で二桁順位を経験した、鹿島アントラーズを占う。

2013年の幕開けとなるラトビア戦。日本代表の予想される布陣は? 2013.02.06

6日19時20分にキックオフとなる、キリンチャレンジカップ2013 日本代表対ラトビア代表。日本代表としては2013年初めての試合で、W杯最終予選へ向けた貴重な調整試合となる。練習取材を続ける河治良幸氏に、ラトビア戦の布陣を予想してもらった。

子供の自主性をいかに引き出していくか【吉村洋人・今日のちょいテク】 2013.02.05

どうも、こんにちは。ジュニサカ編集部のちょいテク・吉村です。今回は『ジュニアサッカーを応援しよう!総合サイト』にて、本日、公開した記事について、ご紹介させてください。

“スーペル・デポル”を率いた稀代の戦術家・ハビエル・イルレタ インタビュー 2013.02.05

「今後は戦術的な柔軟性、多様性を持ったチームが勝ち残っていく時代になる」
巧みな戦術を駆使し、デポルティーボ・ラコルーニャ(スペイン)の黄金期「スーペル・デポル」を築き上げたハビエル・イルレタ。稀代の戦術家と謳われる彼が、現代戦術の「トレンド」と「進化」を紐解く。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第3回) 2013.02.05

第1回、第2回では、3バックを再考するとともに、代表的な「3-4-3」の実例を検証した。第3回以降では、ザッケローニの「3-4-3」のメカニズムと、ストロングポイントとウィークポイントを、「4-2-3-1」と比較しながら検証していきたい。

2013シーズンのJリーグを占う。各クラブの戦力補強診断 ~清水エスパルス編~ 2013.02.05

フットボールチャンネルでは、1月下旬から2月上旬にかけて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、大幅な若返りを図った清水エスパルスを診断する。

長友奮闘も格下相手に完敗。インテルは混迷から抜け出せるのか 2013.02.04

3日、セリエA第28節、シエナ対インテルの一戦が行われ、3-1でホームのシエナが勝利した。日本代表の長友佑都は左ウイングバックとして先発。前半22分、キーパーの視界を遮るいい動きでカッサーノのゴールをお膳立てすると、後半は右サイドバック、左サイドバックでもプレー。調子の上がらないチームをよそに一人気を吐いた。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第2回) 2013.02.04

ザッケローニは「必要なときまでとっておく」と、「3-4-3」の可能性を捨ててはいない。はたしてこのフォーメーションは日本の武器となり得るのか? フットボールチャンネルでは、「3-4-3」の特性と日本代表における可能性を4回に分けて検証する。今回は、3バックの再考とともに代表的な「3-4-3」の実例を検証していく。

新着記事

↑top