新着コラムの記事一覧

ダビド・ルイス、ボランチ起用のワケ

【クラブワールドカップ】ダビド・ルイス、ボランチ起用のワケ 2012.12.15

『CWCはチェルシーのターニングポイントとなり得るか?』
チェルシーの新監督に就任したラファ・ベニテスは、リバプール時代の因縁もありサポーターの信頼を勝ち得ていない。そんな中、公式戦で連勝を飾り乗り込んだCWC緒戦でダビド・ルイスをボランチで起用してきた。その意図はどこにあったのだろうか?

長友佑都 セリエA第16節 ナポリ戦

長友佑都 セリエA第16節 ナポリ戦【原田亮太フォトギャラリー】 2012.12.15

『長友が攻守にわたって活躍』
12月9日に行われた、インテルvsナポリの一戦で長友は右ウイングバックとして先発フル出場。チームの勝利に貢献した。

高校サッカー、日テレの中継姿勢に大きな疑問

フットボールチャンネル開設にあたり【植田路生】 2012.12.14

WEBサイト『フットボールチャンネル』開設にあたり、編集長・植田路生からのご挨拶。

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?

清武、乾、宇佐美は香川を超えられるか?(前編)【フットボールサミット第9回】 2012.12.14

『ドイツで輝く“香川2世”の個人戦術とプレースタイルを徹底解析』
清武弘嗣、乾貴士、宇佐美貴史。今シーズン、3人の日本人選手がブンデスリーガで輝きを放っている。“香川2世”とも賞される彼らの特長を分析し、個人戦術を読み解く。

中田英寿という生き方

中田英寿という生き方(前編)【フットボールサミット第2回】 2012.12.14

『「偏屈者」と呼ばれしサッカー界のトリックスター』
さまざまな革命をもたらしながらも、日本の社会では「偏屈者」「変わり者」というレッテルを貼られてしまう中田英寿という生き方。日本的な甘えを断つその生き様は、引退後のいまもさほど変わっていないように思える。再び新しい道を切り開こうとしている彼は、またも日本の社会と対峙することになるのか。

スポーツでこの国を豊かにする

スポーツでこの国を豊かにする【サッカー批評 issue55】 2012.12.14

『元Jリーガー・友近聡朗参院議員に聞く、スポーツ基本法の理念と展望』
2011年8月に施行されたスポーツ基本法。この法律によって一体どのようなことが期待できるのか? 法案成立に尽力してきた愛媛FCの元プレーヤーである友近聡朗参院議員に話を聞いた。

日本でワールドカップが見られなくなる日

日本でワールドカップが見られなくなる日【フットボールサミット第6回】 2012.12.14

東南アジアの経済成長が日本のスポーツ中継に与える影響とは?

サンフレッチェ広島のブレない指針

サンフレッチェ広島のブレない指針(前編)【サッカー批評 issue50】 2012.12.14

『トップチームと育成組織の幸福な関係とは? 育成型クラブのロールモデル』
駒野友一、森崎兄弟、柏木陽介、槙野智章などユースから優秀な人材を多数輩出し、また「人もボールも動く魅力的なサッカー」というスタイルが定着したサンフレッチェ広島。「育成型クラブ」の代名詞とまで言われるこのクラブの現在地と未来を探るべく、2011シーズン開幕前の広島を訪ねた。

横河武蔵野FCが選択した「Jリーグを目指さない」という“灰色の路”

横河武蔵野FCが選択した「Jリーグを目指さない」という“灰色の路”【サッカー批評 issue55】 2012.12.14

『街クラブから見るJFLの存在意義』
Jリーグを目指しはしないが、地域に根差した市民クラブであろうとする横河武蔵野FC。彼らは、Jリーグ入りを目指すJ準加盟クラブとその予備軍に囲まれたJFLにいまもとどまり、自らが生きる道を模索している。JFLのあり方が変わりつつある現在、この街クラブが投げかけるものとは何か?

城福浩『反骨心』

〔日本人、監督論〕城福浩『反骨心』【サッカー批評 issue58】 2012.12.14

『ヴァンフォーレ甲府はJ2天下取りを果たせるのか?』
今シーズンのヴァンフォーレ甲府は、これまでのジンクスをモノともしていない。クラブ創設13年目にして、初の開幕戦勝利、初の首位、初の6連勝といった快挙が続いている。批判や低評価をプラスのエネルギーに変換する指揮官・城福浩にチームマネジメントについて伺った。

新着記事

FChan TV

↑top