新着コラムの記事一覧

序盤戦での出遅れ、ダービーも完敗だが――。マンU・モイーズ監督が現地メディアに支持されている理由

序盤戦での出遅れ、ダービーも完敗だが――。マンU・モイーズ監督が現地メディアに支持されている理由 2013.09.26

マンチェスター・ユナイテッドが序盤戦で躓いている。ダービーでは交代枠を残して完敗するなど、酷評されると思いきや、現地メディアの反応は違った。反省点を指摘こそすれ、一定の支持を得ている。なぜなのか?

横浜F・マリノスの羅針盤

横浜F・マリノスの羅針盤 2013.09.25

戦略的な経営プランによって、集客数を伸ばしている横浜F・マリノス。一方でクラブライセンス制度の導入もあり、赤字経営の早期改善という難局を迎えている。横浜という大都市でさらに愛され、魅力のあるクラブとなるために必要なこととは何か。嘉悦朗代表取締役社長に話を聞いた。

ACLベスト4、柏はタレント集団・広州を攻略出来るか? 求められる180分間のプランニング

ACLベスト4、柏はタレント集団・広州を攻略出来るか? 求められる180分間のプランニング 2013.09.25

ACLベスト4の初戦が25日、行われる。日本勢で唯一残っている柏レイソルはホームで広州恒大と対戦。豊富なタレントを擁するクラブだが、果たして攻略法はあるのか?

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【中篇】ポジショニングを制する者は1on1を制す!

内田篤人の1on1を徹底分析。世界で戦えるサイドバックの“個の力”とは?【中篇】ポジショニングを制する者は1on1を制す! 2013.09.25

『1on1FootballTV』はサッカーやフットサルにおける1対1の局面を掘り下げて考えていこうという画期的なプログラムだ。今回取り上げるのは内田篤人。決して体格に恵まれているわけではない内田選手がいかにして、欧州トップレベルの1on1を戦っているのか。

活躍の影には新GKコーチの存在が。放出候補だった川島永嗣はいかにして“難攻不落”となり得たのか?

活躍の影には新GKコーチの存在が。放出候補だった川島永嗣はいかにして“難攻不落”となり得たのか? 2013.09.25

川島永嗣が好調だ。6節まで無失点を続け、チームに安定をもたらしている。昨季は終盤戦で評価を落とし、放出すらもあり得た。何が川島を成長させたのか?

ビッグクラブとしての威厳を見せつけたインテル。大勝の口火を切った長友のアシストに迫る

ビッグクラブとしての威厳を見せつけたインテル。大勝の口火を切った長友のアシストに迫る 2013.09.24

7-0とサッスオーロに大勝したインテル。ここまで3勝1分と好調を見せている。近年はビッグクラブらしからぬ不甲斐なさを露呈していたインテルだが、マッツァーリ監督のもと、クラブが変わりつつある。

体罰や暴力問題を防ぐ「選手が主役」の革新的指導法とは? 2013.09.24

育成のスポーツ現場でよく耳にする体罰や暴力問題のニュース。どうすれば育成の現場を変えていくことができるのか。一人の指導者の革新的指導法に着目する。

屈辱的なダービー敗戦にマンUモイーズ監督も意気消沈「スタートからピッチに立っていないような試合」

屈辱的なダービー敗戦にマンUモイーズ監督も意気消沈「スタートからピッチに立っていないような試合」 2013.09.24

22日のダービーで完敗を喫したマンチェスター・ユナイテッド。アウェイとはいえ屈辱的な敗戦にモイーズ監督の言葉からも落ち込んだ様子がうかがえた。

[対談]中盤のメカニズムに秘める可能性 ハマのボランチコンビが語る戦術論

[対談]中盤のメカニズムに秘める可能性 ハマのボランチコンビが語る戦術論 2013.09.24

2012年にチームへ加入し、ダブルボランチを組む富澤清太郎と中町公祐。今季、好調なクラブの根幹を支える2人のMFは、チームにおいてどのような役割を担い、何を考えながらプレーしているのか? 精密に連動する中盤の可能性について語ってもらった。

ラモス・ジャパンが劇的勝利でベスト8進出。“砂のサムライ”たちはブラジルを撃破し世界に衝撃を与えられるか? 2013.09.24

タヒチで行われているビーチサッカーW杯。ラモス・ジャパンはコートジボワールに勝利し、ベスト8進出を決めた。次の相手はブラジル。果たして優勝候補に勝つ術はあるのか?

新着記事

FChan TV

↑top